皇居ランは男女問わず大人気! 快適に走るためには?

皇居の外周を利用する「皇居ラン」は、1周が約5kmと程良いこともあり、幅広い年齢の人に人気のランニングスポットです。

汗をかいた時や荷物を置いておきたい時に便利なランニングステーションや、快適に走るために知っておきたいポイントなどについて説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

皇居ランの拠点に使えるランニングスペース「Run Pit」

「Run Pit」は、東京メトロ東西線竹橋駅に直結された場所にあるランナーズスペース。

男女別に分けられたロッカールーム、シャワーブース、パウダールーム完備で、快適に皇居ランを楽しむことができます。

ランニングウェア、キャップ、ランニングシューズはレンタルすることができるので、仕事帰りにふらりと立ち寄ることも可能。バスタオルの貸し出しも行っており、料金さえ払えば手ぶらで皇居ランに参加することができます。気に入ったものがあれば、その場で購入できるサービスもありますよ。

施設の利用料は、通常使用が1回あたり900円。シャワーのみ利用する場合は、1回あたり600円(バスタオル付き)になります。

よく利用する場合は、定額で使い放題のプランがおすすめ! その場合は、シューズロッカー付きが5,000円/月。シューズロッカー無しが3,600円/月になります。

また、回数券も10枚5,000円で販売されているので、不定期に利用する人にはとても便利です。

皇居ランは男女問わず大人気! 快適に走るためには?

Run Pitの基本情報

・住所/東京都千代田区 一ツ橋1丁目1−1 パレスサイドビル1F

・TEL/03-3286-8921

・営業時間/7:00 ~ 22:00 (土日祝8:00 ~ 18:00)
(7月~9月の土日祝日営業時間は8:00~19:30)

・定休日/年末年始以外はなし

・アクセス/HPをご覧ください
http://runpit.jp/pc/access.html

皇居ランナーのためのコミュニティステーション「ジョグリス」

ジョグリスは、皇居周辺では最大級のロッカー数とカフェスペースを擁するステーション。

荷物を置いたり、シャワーを浴びたりするだけでなく、コーチによるレッスンが受けられたり、会員同士で交流しながら走れるイベントがあったりするので、若い世代を中心に人気があります。

シャワーとロッカーの利用には1回あたり750円の費用がかかりますが、2,056円を支払って月会員になると使い放題です。

また、バイクで来る人のための駐車スペースも、1回あたり1,000円、月会員なら17,485円(ロッカー、レンタルタオル付き)で貸し出しています。

皇居ランは男女問わず大人気! 快適に走るためには?

ジョグリスの基本情報

・住所/東京都千代田区麹町 1-7 FM センター地下 1F

・TEL/03-3221-6100

・営業時間/平日7:00-22:30、土7:00-19:00、日祝7:00-18:00

・定休日/年末年始以外はなし

・アクセス/HPをご覧ください
www.joglis.jp/

皇居ランをする際に気を付けたいポイント

紫外線

皇居の周辺には日光を遮るものが少ないので、かなり強烈な直射日光に晒され(さらされ)続けることになります。

晴れている日ほどではありませんが、曇りの日も紫外線は地上に降り注いでいるので、熱中症やシミ・シワ対策のためのUVケアは必須。日焼け止めを塗ったり、キャップやサングラスを使ったりして、しっかりと対策をしましょう。

無理をし過ぎない

皇居ランは、信号を気にすることなくノンストップで走れるところも魅力ですが、ムキになって走り続けてしまい、体調を崩すランナーもいます。

水分もとらずに何周も走り続けるのは危険なので、必ず適度な休憩をとり、水やスポーツ飲料で水分補給をするようにしましょう。

走っている途中で「疲れたな」「気分が悪いな」と感じたら、そこで中断する勇気も必要です。

皇居ランは男女問わず大人気! 快適に走るためには?

歩行者や自転車に気を付ける

皇居の周りはランニング専用に作られているわけではないので、たくさんの歩行者や自転車も同じ道を通ります。

スピードを出し過ぎてぶつかってしまうと危ないので、常に周囲の様子に気を配り、適切なスピードを保って走るようにしましょう。休憩をする際も、道の真ん中でいきなり立ち止まらず、端に寄る気遣いが必要です。

おわりに

信号のない安全な道で、自然を感じながら走ることのできる皇居ランは、女の子にもおすすめの非常に楽しいスポーツです。安全のための注意点やマナーを守り、美容と健康を維持するためにも、ぜひ楽しく走ってみてくださいね。

すぐ近くにはロッカーやシャワーが使えたり、ウェアやシューズをレンタルできるステーションもあるので、仕事帰りにふと走りたくなった時にも便利です。

まぁこの他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…