気になる口臭……自分で確認する方法5つ!

もし、他の人から「口が臭い」と思われてしまったら、とても恥ずかしいですよね。しかし、自分では大丈夫と思っていても、気付かないうちに臭ってしまっていることって意外と多いのです。自分でこっそり確認できる方法を紹介するので、気になる時にぜひ試してみてください。

市販の口臭チェッカーを使う

ふーっと息を吹きかけるだけで口臭レベルを判定してくれる「口臭チェッカー」は、常にバッグの中に忍ばせておくと便利です。

1,000円ぐらいで買える手頃なものから、5,000円以上する高価なものもありますが、「口臭の主成分である揮発性硫化物などをセンサーで感知する」という仕組みは、ほとんど同じなので、自分が気に入ったデザインのものを選べば大丈夫ですよ。

口臭を測る時は、何度か息を吹きかけて確認してみましょう。ずっと口を閉じていると口内にガスが溜まっていくので、1度目の測定値より数回後の測定値のほうが低いようであれば、後から測ったほうの数値を判断の目安にしてください。

コップに息を吹きかける

よく洗った清潔なコップに息を吹きかけ、その匂いを嗅ぐのも、簡単で効果的な方法です。

おすすめのタイミングは、朝起きて歯を磨く前。人間の口の中は寝ている間に細菌が繁殖するので、起きたばかりの時の口の臭いが最も強くなりやすいのです。起き抜けの口臭が臭ったら、普段はそれよりも低いレベルの臭いしかしていないということ。そう思うと、少し安心ですね。

起きてからすぐに朝食を食べると、細菌が口の中に居着いたまま飲み込むことになってしまうので、歯磨きをしてから食事することをおすすめします。

気になる口臭……自分で確認する方法5つ!

フロスや歯間ブラシの臭いをチェックする

歯を磨く時や、食後に食べカスを取り除く時、使ったフロスや歯間ブラシの臭いを嗅いでみるのも1つの方法です。

においの強いものを食べた後は誰でも多少は臭うものですが、毎回嫌な臭いがするようなら歯周病の可能性があります。歯を磨く時に出血したり、歯茎の色や触った時の感触に変化が起きたりしていませんか?

歯周病は放っておくと歯を失う原因になるし、口臭もひどくなるばかりなので、早めに歯科医院で治療を受けましょう。

舌の色をチェックする

鏡に向かって「ベーッ」と舌を出した時、表面が白くなっていたら、それは舌苔(ぜったい)が繁殖している証拠。食べカスや繁殖した細菌が集まってできたもので、放置すると強い口臭の原因になります。

歯ブラシでこすっても取れますが、舌を傷つけてしまう可能性があるので要注意。専用のブラシを使い、そっと丁寧に拭い取るようにしましょう。

ちなみに、舌苔は口臭の原因になるだけでなく、肺の中に入り込んで誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を引き起こしたり、味蕾(みらい)を覆いつくして、食べ物の味を感じさせにくくしたりすることもあるので、十分に気を付けてください。

気になる口臭……自分で確認する方法5つ!

腕を舐めて臭いを嗅ぐ

自分の腕を舐めて、自然に乾燥させてから嗅ぐと、自分の口の中の状態に近い臭いがします。

口臭のない人であれば、舐めた部分が乾いてしまえば臭いはしなくなるのですが、口の中になんらかの問題を抱えている人は、唾液に細菌が含まれているので、乾いた後も嫌な臭いがするのです。

よく分からない時は、反対の腕の臭いも嗅いで比べてみましょう。また、お風呂を出たばかりの時は強い石鹸のにおいで誤魔化されやすいので、タイミングにも気を付けてください。

どうしても気になる時は口臭外来へ

「口臭外来」は、専用の機械を使って口臭の有無や原因を判定し、適切な治療を行うところです。

口臭の測定には保険が使えないので、1回あたり数万円の費用が発生することも珍しくありませんが、自分の口の中にどのタイプの細菌が住み着いているのかが分かるので、治療計画が立てやすいというメリットがあります。

また、唾液や舌の状態、虫歯や歯周病の有無、普段の食生活のチェックなども同時に受けられるので、口の中の健康をトータルで考えたい時にもおすすめです。

検査の結果、口臭があると判断された場合は、口の中の清掃や虫歯・歯周病の治療を行うとともに、正しいブラッシングの指導を受けます。また、細菌を減らすための飲み薬や歯磨き粉、マウスウォッシュなどを処方されることも。

口臭の治療には長い時間がかかることもありますが、医師の指示に従って根気よく治療を続けましょう。

気になる口臭……自分で確認する方法5つ!

おわりに

口臭は他人に多大な迷惑をかけ、大切なコミュニケーションにも悪い影響を与えてしまう厄介なものです。しないはずの臭いがするということは、体のどこかに異常があるというサインでもあるので、口臭が気になったら早めに対策をとるようにしましょう。

予防のためには、食生活や歯磨きの仕方に気を付けるとともに、歯科医院で定期的なチェックを受けることも大切ですよ!

まぁこの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…