好きじゃない人と結婚を決意する時はどんな時?

世の中には好きじゃない人と結婚を決意する女性がいます。それは一体どんな時に好きじゃない人と結婚したのでしょうか。
好きじゃない人と結婚を決意する時についてご紹介します。

生活に不自由しないと思った時

好きじゃない人と結婚を決意する時には、双方にまたは片方に愛情がないこと以上に必要なものが見つかる時です。
結婚は、お互いに愛し合って永遠の愛を誓うものだという建前を無視した形となります。

しかし、人には様々な考え方があり、それは結婚に対して求めるものが違うことについて想いを馳せると「そういうものか」という気持ちになるものです。

その中の一つは、「この男性と結婚することで生活に不自由しない」と思う時に、好きじゃない人と結婚をするメリットを見つけるのです。

生きることは生活をすること、最低限のお金がないといけないことは綺麗事を抜きに考えると至極当然のことです。お金は愛情があるところに自然と集まるものではありませんよね。
幸福に何不自由なく生活するというのは、簡単なことではありません。

そこで、結婚をする相手に安定的な収入がある、資産を持っているといったことに魅力を感じる女性もいます。結婚をする相手に最低限求めることは、仕事をしていることだと公言する女性に納得しますよね。
生活が苦労しないことが約束されていることは、好きじゃない人と結婚を決意する一つの理由になります。
女性が好きじゃない人と結婚を決意する時はどんな時?

結婚をするリミットが近づいている時

女性の中には、結婚や出産などを計画していて、その目標に向かっている方が多くいます。
結婚は何歳まで、子供は何歳までに何人などの理想を掲げ、その理想を叶えられる努力をします。人生計画を立てることはとても良いことですよね。

自分や家族になる人の人生をよく考えているからこそのものです。
その結婚をするリミットが近づいている時には、好きじゃない人と結婚を決意することがあります。

まだそこには確かに愛情を芽生えさせていなくても、結婚をする相手が女性のことを想ってくれていることが分かれば、愛される喜びに妥協をするのです。
人生設計を完成させるために、選ぶ選択肢がそう多くはなくなってきますよね。

そんなときに好きじゃない人との結婚を決意するのです。
女性が好きじゃない人と結婚を決意する時はどんな時?

結婚は愛情だけではないと思った時

本来ならば、結婚をして共に生活をして気付くことができる「結婚は愛情だけではない」という事実を結婚を経験する前に理解することがあります。

周囲の人の結婚についての話を聞いたり見たりすることで、愛情だけではなく、共感や支え、パートナーとしての意識が必要なことに気付きます。

恋をしている気持ちは続かないこと、甘い生活を送ることは難しいことなど、結婚について冷めた見方をします。決して悪いことではありません。

だから、好きじゃない人と結婚をするという決意は、男性をトータルで見て「これから結婚生活を送る上で適切な人」という判断を下すのです。
男性としてというよりも、人として判断し、夫として父として素敵な人になってくれるかどうかを見て結婚を決意します。
女性が好きじゃない人と結婚を決意する時はどんな時?

必ずしも愛が必要ではない結婚

女性が好きじゃない人と結婚を決意する時はどんな時? についてご紹介しました。結婚に夢を持ち理想を掲げる女性はたくさんいます。
きっと、好きじゃない人と結婚を決意した女性もはじめはそうだったのかもしれません。

しかし、生きていく中で多くのことを経験し、体験することによって必ずしも愛が必要ではないことに気付いたことで、好きじゃない人と結婚をすることを選んでいるのです。
それは不幸ではなく、幸福になるための一つの方法であり、実際に結婚をすることで情を深め、心から「幸せだった」と最期を思う女性もいます。

自分が下した決断に自信を持つことが出来れば、結婚の価値観がたとえ一般的ではないとしても、幸福になることができることを証明する努力をしていますよ。

春森 桜の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

2うーん…