処女で結婚をした妻のその後のパターン3つ! 夫一筋ですか?

処女で結婚をした妻のその後のパターンが気になりませんか? 処女で結婚をするとどうなっていくのでしょうか。3つのパターンをご紹介します。

夫しか知らないから他の男性に興味が湧かない

性に対して、ざっくばらんに話が出来るようになったのは最近のことですし、中には、体の相性が良くなければ結婚を躊躇する人もいます。

しかし、処女のまま愛する男性と結婚をする妻も事実いるのです。そんな妻たちの結婚後のパターンがありますのでご紹介しますよ。結婚後、想像できるのは「夫一筋の女性像」ですが、果たして現実はどうなのでしょう。

まず、1つ目のパターンは、夫しか知らないから他の男性に興味が湧かないというもの。

そもそも、男性=夫ですので、それ以外の人に興味さえ湧かないというもの。夫一途で、処女で結婚をし、夫にしか愛されていない体に誇りを持っています。

真実の愛があったからこその結婚、そして体の繋がりで、そんな体をこれからも大事にしていきたいと思っていますよ。視界に入るのも、夫と子供などの自分が作り上げた家族のみです。

人に世界が狭いと言われようとも、もっと素敵な恋や体の繋がりがあると言われても、夫しか知らないので想像もつきませんし、むしろそうなった時を考えると怖いのです。

信じたからこそ処女を捨てることができた、他の男性とのセックスは自分の体と心を穢れ(けがれ)させてしまうのではないだろうかと心配をしています。

処女で結婚をした妻のその後のパターン3つ! 夫一筋ですか?

他の人ってどんな風にセックスするの?

一方、夫で処女を喪失したことによって、他の人のセックス事情に興味を示す妻もいます。無知でいることが恥ずかしい、常識知らず、世間知らずだと言われることに拒絶反応を示すようです。

夫とのセックスは普通なのか、この快感はみんなが味わっていることで、もしかすれば、これ以上のことをしている人もいるのではないだろうかと興味津々です。

実際に不倫や浮気をするかどうかはその妻の理性次第ですが、AVや雑誌などを研究材料として読み漁ることもあるようですよ。

経験がないことが邪魔をして、友人などには聞きにくいものですよね。もちろん、夫にそんなことを相談できませんので、こっそりと知識を仕入れるのです。

処女で結婚をした妻のその後のパターン3つ! 夫一筋ですか?

体を求められる快感が不倫に発展

夫に処女を捧げ、女としての悦びを知った妻は、それまでは男性に求められることを嫌悪していたところもあります。

しかし、それは愛情深いからこその行為であることが分かり、もっと求められたいと、体と心の快感を求めるようになるのです。いつしか、夫だけでは足りなく、自分のことを女性として見てくれる男性との不倫に足を踏み込んでしまいます。

最近まで処女だったことが嘘のように、セックスにのめり込んでいきます。女に生まれた意味を知り、悦びを追求することで開花していきます。

処女での結婚が良かったのか悪かったのか、遅咲きの女性は若さだけではない魅力が備わり、男性に興味を持たれやすくもなるのかもしれませんね。

処女で結婚をした妻のその後のパターン3つ! 夫一筋ですか?

思いもよらないその後を過ごしていることも

「処女で結婚をした妻のその後のパターン3つ! 夫一筋ですか?」について、ご紹介しました。結婚をするまで純潔を守り、処女のままだったことに夫はとても感動し、一生守っていこうと決意したはずです。

しかし、妻によってはこれまで感じたことのない快感によって、家庭が崩壊しかねない事態に陥ってしまうこともあります。

快感は時に人を狂わし、不幸を招くこともあります。処女で結婚をした妻にとっては、何が幸せで何が不幸なのかは分かりませんが、愛を誓った夫への裏切りは耐え難いものがありそうです。

それでも、夫一筋の妻も多くいますので、処女で結婚をしたことが不幸だとは言えませんよ。結局はその人次第ということにはなりますね。

春森 桜の他の記事を読む

この記事どうだった?

4いいね!

1うーん…