寂しいときに男で気持ちをごまかすのは危険!

恋人が長い間居なかったり、周りの友達が彼氏と一緒にいる姿を見てしまうとなんだか無性に「寂しい……」と感じることってありませんか?

でもそんな時に限ってなかなか良い人に出会えないもんです。だからといって手当たり次第にアプローチを仕掛けると、トンデモナイ男性と付き合うハメになってしまうこともあるので注意しておきたいです。

「寂しい」時は選ぶ男の基準が低くなる

恋人が居なくて寂しい時って、普段男性を選ぶ時の基準が低くなりがち。とにかく今の寂しさを埋めたいだけなので、「自分と付き合ってくれる可能性のある男性だったらOK」みたいな気持ちになりやすいです。

理想の男性を追いかけても、そういった男性にはなかなか巡り会えないものなので、少々妥協するっていうのもありですが、普段なら「絶対に付き合わない」ような男性でも恋人候補になったりします。

でも付き合ってみると「やっぱり違う」って感じることが多く、結局上手くいかなかったりするんですよね。それにこっちから仕掛けた恋愛なので、すぐに別れを告げるのもなんだか申し訳ないし……。

寂しいからといって誰とでも付き合ってしまうと、自分も傷つくかもしれないし、相手の男性にも申し訳ないです。

そんな時だからこそ、慎重に恋人を選んだほうがいいような気もします。
寂しいときに男で気持ちをごまかすのは危険!

かまって欲しいからどんな要求ものんでしまう

恋人が居ない女性だけが寂しいという訳でもありません。彼氏が居ても忙しかったり、あまり自分にかまってくれなかったりすると寂しく感じてしまうもの。そういう時、彼氏にかまってほしいがために、どんなお願いも聞いてしまったり、彼に尽くそうと必死になってしまうことがあります。

彼氏からしてみると、どんな要求でも受け入れてくれる彼女は扱いやすく、会いたい時にだけ会う「都合のいい女」にされてしまうことも。お金にルーズな彼氏だったら「すぐに返すからお金貸して」なんてことを言ってくることもあります。

寂しいオーラやかまって欲しいアピールをしていると、あなたとの立場関係が彼氏のほうが上になり、主導権が全て彼のものになってしまいがちなので、あまり自分の弱い部分を見せ過ぎるのはよくないです。
寂しいときに男で気持ちをごまかすのは危険!

ただのセフレ関係にされてしまうことも

寂しい時に男性に近づくと、恋人ではなく単なるセフレの関係にされてしまうことがあるので注意です。寂しい時って、勢いで男性と肉体関係になりやすく、それをきっかけに「交際に発展すればいいや」なんて考えてしまうことがあります。

でも付き合う前に男性と肉体関係を結ぶのって、男性からしてみると正直「おいしい」ことだったりします。誰かと付き合うってことは、それなりに責任も出てきますし、彼女を楽しませたり、ドコかに連れていったりと、時間や交際費も必要になってきます。

ですが先に肉体関係があると、いざ付き合うような話になってもはぐらかされてしまったり、自分がセックスしたい時にだけ連絡をよこしてきて、コトが終われば「じゃーね♪ 」とさっさと帰ってしまったりします。

寂しさを埋めるために体を許したのに、これじゃ逆にもっと寂しさと虚しさを感じることになってしまうでしょう。男性に大事にされたいと思うなら、簡単に肉体関係を結ぶのはやめておいたほうがいいと思います。
寂しいときに男で気持ちをごまかすのは危険!

寂しいからって既婚者との不倫はリスクが高い

既婚男性って、ちょっと誘えばホイホイついてきたりするので、寂しさを埋める時に最適ですが、それにはリスクも伴います。もしも自分との関係が奥さんにバレたらそれこそ修羅場です。「ちょっとした出来心でした」じゃ済まされません。

自分との関係がきっかけで離婚問題にでもなれば、他人の家庭を壊してしまった原因として長い間苦しめられることもあります。

誰にでも寂しい時ってありますが、そういう時は男性に逃げるのではなく、暇してる友達を探したり、何か趣味として打ち込めるものを探したほうがいいと思いますよ。

松嶋とるての他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…