今スグ彼と「アモーレ」な関係になるには

サッカー日本代表の長友佑都選手が、女優の平愛梨さんとの交際が発覚した際、記者たちの前で堂々と「僕のアモーレ(最愛の人)」と発言したことで、一時期「アモーレ」は人気キーワードとなり、日本の男性には珍しいストレートな表現に「素敵!」「私もアモーレって言われたい!」と憧れを抱く女性も多かったのではないでしょうか。

彼と「アモーレな関係」になるにはどうすればいいのか? 彼の口からそんな愛情表現をされると、きっと幸せな気持ちになれるでしょうね〜。

「アモーレ」は情熱の国イタリアの愛情表現

「アモーレ」って言葉はイタリア語。長友選手はイタリアセリエAでプレイしているので、日常の言語がイタリア語なのでしょう。

それにイタリアって男性が情熱的な愛情表現をする国でもあるので、そこにも影響を受けたのだと思います。

イタリア人男性って、女性のことをスゴく大事にしてくれる人たちで、交際中も結婚してからも言葉で「愛してるよ」「きみはいつまでもキレイだ」なんて、日々囁いてくれるのだそうです。女性からしたら言葉ではっきりと愛情表現をしてくれる人って正直嬉しいですよね。
今スグ彼と「アモーレ」な関係になるには

日本人男性は愛情表現が下手

日本人男性みんなが言葉での愛情表現が全く出来ないという訳ではありませんが、女性に対して喜ばせてあげようという気遣いをあまりできない男性のほうが多いように思えます。

私の友達も、付き合い始めは定期的に「お前がめっちゃ好きや!」なんて言ってくれてたけど、時間が経つにつれてそういった言葉は一切なくなったと悲しんでいます。

男性からしてみたら「言わないでも俺の気持ち分かるでしょ?」って思うらしく、それにいちいち言葉で伝えると「嘘っぽくなる」と思っているようです。

たしかに、毎回毎回言われると嘘っぽく感じたり、「あー、うっとうしい!」ってなるかもしれませんけど、やっぱり言われないより、言われるほうが嬉しいですよね?

最初は頻繁に「愛してるよ」って言ってくれてたのに急に言われなくなると、心ではちゃんと自分のことを好きでいてくれてることを知っていても、言葉にして伝えてもらいたいって思いますね。

イタリア人男性のように「アモーレ」みたいなストレートな愛情表現をもっとしてくれたら、二人の関係は今よりもっと素晴らしいカップルになれると思いますけどね。
今スグ彼と「アモーレ」な関係になるには

彼にアモーレと言われる彼女になるためには

彼の口から「アモーレ」って言わせるなら、ただ待っているだけじゃダメ。それなりに自分も行動しないと彼もあなたに対してストレートな愛情表現をしてくれません。

彼氏と彼女の関係って、お互いに「恋愛」をしている仲です。アモーレな関係になるためには、この「恋愛関係」を「愛情」に変えていくことが大切です。

恋愛を愛情に変えるためには、お互いの「信頼」というのが関わってきます。相手のことを信用し、信頼してあげることで、自然と感謝の言葉が口に出てくるようになり、感謝の言葉の中に「愛してる」という愛情を伝える言葉が混じってくるはずです。
今スグ彼と「アモーレ」な関係になるには
イタリアみたいに日常的に「愛してる」と言い合う文化は、日本ではあまり馴染みがなく、ストレートな感情を伝えるのが恥ずかしい男性はまだまだ多いです。

恥ずかしいというのは普段から言い慣れていない証拠なので、あなたが率先して彼に対しての気持ちや感謝の言葉を伝えてあげることで、彼も感謝の言葉や愛情を表す言葉に慣れていきます。

「アモーレな関係」になりたいのなら、まずはあなたから感謝や愛情の気持ちを言葉にして伝えていくのが、彼と理想の関係を築く近道ではないでしょうか。

松嶋とるての他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…