人は人、まわりに流されちゃダメ! 他人に惑わされない恋愛を

「人は人、自分は他人とは違う」。頭では分かっていても、人間は誰かの生き方や恋愛の価値観を「真似」したくなるもの。本来の自分とは違う考え方を真似しているだけなので、そこには本当の幸せは生まれません。

恋愛で本当の意味で幸せを手に入れるには、他人に惑わされず、自分にとって本当に「良い」と思える恋愛とは何か? を考えましょう。

人は人、自分は自分でストレスフリーな恋愛を

「人は人」という考え方は、3つの区分にして考えることができます。

1.他人に対して疎ましく思う
2.他人に優劣感を感じる
3.他人のものが羨ましくなる

実際に今まで生きてきて、上記のような感情を抱いたことはないでしょうか? おそらく誰しも1度や2度は経験があるはずです。

誰かと比べてしまうというのは、この競争社会において必要なことなのかもしれませんが、全てにおいてこの感情に支配され続けると、「余計な重荷」まで背負ってしまうことになり、「本来の自分」というものを見失ってしまいます。

人は人、まわりに流されちゃダメ! 他人に惑わされない恋愛を

恋愛において、「友達の彼氏が羨ましい」「自分の彼氏は、あの子の彼氏に比べると……」「みんなはこういう人が好きなんだ、じゃあ私も」なんて考え出すときりがありません。

彼氏は彼氏であるはずなのに、友達の彼氏と比較してしまい、「自分の彼氏が、もっとこうだったらな〜」と思うのはいいことでしょうか? あなたの彼は、今の自分を好いてくれてると思って、あなたと付き合っているわけで、比較するのは失礼な気もします。

恋愛の価値観も、まわりがこうだからって自分もそれに合わす必要はありません。

それに友達の彼氏と自分の彼氏を比較しだすと、まわりに自分の彼氏が「どう思われているのか」気になり、友達に彼氏を紹介することに抵抗を感じることなんかもあります。

恋愛は自分の価値観を大事にしておき、まわりと比べない。自分は自分という考えを持っておくと、ストレスフリーな恋愛を楽しめるはずだと私は思っています。

自分にはどんな人がふさわしいのか自分で考える

自分の気持ちをまわりに振り回されないようにするには、自分は男性の何に惹かれて、どんな人を必要とするのか知っておく必要があります。

例えば、男性のどういう点に魅力を感じるのか考えてみましょう。

顔が良い、お金を持っている、人脈がスゴい、知識が豊富、など女性によって男性に求めることは違います。

じゃあ、なぜそこに魅力を感じて、自分に必要だと思うのか分かりますか? 明確な答えが出てこない女性は、まだ自分に「どんな人が良いのか」分かっていない状態で、まわりに流された考え方を持っているわけです。

人は人、まわりに流されちゃダメ! 他人に惑わされない恋愛を

男性に求めることって、大体の女性が似通った答えになると思いますが、そこから一旦離れ、「自分は彼氏と何をしたいのか?」「どんなことをして欲しいのか?」「どんな内面だったら愛せるのか?」について考えると、「人は人、自分は自分」という考え方をもてるはずです。

自分には何が必要なのか

この答えは急いでもスグに見つかりません。たくさんの恋愛をしていく中で、自分に何が足りないのか分かってくるものです。まわりの価値観に影響された恋愛をおくっていても、結局それは自分の理想とは違う恋愛なので、長続きしないし窮屈なだけです。

人は人、まわりに流されちゃダメ! 他人に惑わされない恋愛を

こうしたことに思い当たる女性は、今までまわりに影響された恋愛をしてきたのでしょう。本当の自分らしい恋愛を送りたいのであれば、「人は人、自分は自分」という恋愛価値観を探してみてください。そこにはきっと素晴らしい恋愛が待っているはずですよ。

松嶋とるての他の記事を読む


この記事どうだった?

5いいね!

0うーん…