女性が理性を無くしてセックスをする3つの方法

理性を無くすほどのセックスをしてみたい。そう思っているもののセックスに本気になれない女性はいらっしゃるかもしれませんね。

「どこかセックスに対して冷めていて、理性が邪魔して心の底から楽しめない」そんな女性は理性を無くしてセックスをすること可能なのでしょうか。

どこかセックスに本気になれない自分がいる

「セックスを心の底から楽しめない」というのは、言ってみれば「セックスに夢中になれない」ということですよね。

理性を忘れてセックスに没頭することができず、どこか冷めた自分がいる感覚。私は男性ですがその気持ちは十分わかります。というよりセックスに没頭できない男性も少なからず存在しているでしょう。

まあこれはセックスに限らずですが、どこか冷めている人間というのは「自分を客観的に見すぎる」傾向にあるわけですね。

「この言葉を言った自分は、相手からどう思われるか想像できる」とか「自分の今の行動は相手にこんな印象を与えているだろうな」とか。考え方が「太宰治すぎるだろ」と言いたい。

男性が気持ちよさそうにしていても「本当かな」と疑ってみたり、「大好き」と言ってくれても「何か裏があるのでは」と言葉の裏を読む癖があったり、言ってみれば相手を信じ切ることができないひねくれた人間、今の言葉なら「ひねデレ(ひねくれたツンデレ)」ですかね。

ですが人間には本音と建前が入り混じるもの。セックスのときぐらいは相手の言葉を鵜呑みにするぐらいの純粋さがあっても良いとは思います。女性が理性を無くしてセックスをする3つの方法

お酒の力を借りて理性を弱くしてみる―アルコールは偉大―

人間はいくらでも変わることができると言いますが、変わることが出来ない人間だっています。セックスに対してどこか冷めているのは仕方ありませんし無理に変わる必要もありません。

ですからそのことを認めた上で「お酒」に頼ってみましょう。

発言がダメ人間のそれのように聞こえるかもしれませんが、逆に「お酒」の力を制御できずに「ワンナイトラブ」に突入する男女の多さを考えると、「本当のダメ人間的なお酒の飲み方をしているのはどっちだ」と言いたい。むしろお酒の力を制御するつもりで飲むのだから我々が正義ですね。異論は認めない。

適度にお酒を飲むと気持ち良くなり判断力が低下し、結果として理性を弱めてくれますね。お酒を飲むことで血行も良くなりますのでセックスのときに快感を感じやすくする効果も期待できます。

もちろんですが飲みすぎには注意が必要です。ぐでんぐでんに酔った状態では、体位によっては気持ち悪くなってしまう可能性がありますので、ほろ酔いぐらいにとどめておくことが賢い酔い方です。女性が理性を無くしてセックスをする3つの方法

理性を無くしたような自分を演じてみる―アへ顔―

よく「女性の喘ぎ声は自分が興奮するために言っている」なんて話を聞きますが、それと同じ要領で「気持ち良すぎて狂っちゃってる演技」をしてみては如何でしょうか。

つまり「アへ顔」ってやつですね。

「アへ顔」がなにか知らない方の為に簡単に説明いたしますと「セックスが気持ち良すぎるために、我を忘れて、白目を剥いてしまい、だらしなく口が開いて舌が垂れ下がる」という顔・状態のことを指します。

ええ、言いたいことは分かります。端的に言って変態じみています。

ですが少し考えてみてください。理性を忘れてセックスに没頭できないのであれば、完璧に理性を忘れてセックスに没頭している人を真似することによって、疑似的な体験を通して理性をなくす経験を覚えることができるのです。

「採長補短」という言葉がありますが「人の長所を真似して自分の短所を補う」という意味です。こういうことです。四文字熟語になっているぐらいなので間違いありません。

気持ちよくておかしくなりそうな自分を演じることによって、自分の気持ちを高めてみましょう。女性が理性を無くしてセックスをする3つの方法

さいごに

なにか試してみたい方法は見つかりましたか?

彼氏の前でアへ顔をするときは色々と注意してくださいね。恐らく多くの男性は引く可能性がありますので、セックスの前にちゃんと話し合いの場を持ちましょう。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

11うーん…