挿入するときに痛い……その痛み、我慢する必要ないですよ?

セックスの本番と言えばペニスをアソコに挿入するという一連の工程を踏む必要がありますよね。

しかし、いざ挿入しようとすると「痛い」と感じてしまうことだってあるはずです。ですが、挿入するときに「痛い」と感じているのを我慢するのはよくありません。

そもそもセックスなんていうのは楽しむべきものですし相手に我慢を強いるのは間違っています。

今回は「挿入時の痛み」を無くす方法について知っておきましょう。

どうして挿入時に痛みが発生するのか

なぜ挿入時に痛みが生じるのかと言えばそれは濡れていないことが原因というのはご存知の通りだと思います。ペニスは膣と擦り合わさっている状態になるのですから、ヌルヌルとした何かがなければ摩擦が生じてしまいます。

言ってみれば潤滑油が足りないわけですね。そりゃ痛いです。

挿入するときに痛い……その痛み、我慢する必要ないですよ?

濡れるためには愛撫と興奮が大切

膣内が濡れるという状態を作るためには大きく分けて2つ条件が必要になってきます。

1つは愛撫などの外的な刺激を受けることで膣が濡れるということ、そしてもう1つは気分の高揚などによって興奮して濡れるということですね。

愛撫と言えば軽いボディタッチから始まり、フレンチキスやら性感帯へのキス、それから直接アソコを触れるという方法まで様々。対して気分的な高揚は雰囲気や言葉掛けによって興奮するものです。

もちろん、刺激を受けて物理的な濡れ方をすることと、興奮して濡れるこということは全く別というわけではなく、この2つ濡れるために条件はお互いに密接な関係を結んでいることは確かです。

挿入するときに痛い……その痛み、我慢する必要ないですよ?

愛撫で濡れるために「自分の気持ちいい場所を」男性に伝えよう

挿入のときに痛みを感じるのであればもっと触るパターンの愛撫をしてもらいましょう。ちょっぴり恥ずかしいかもしれませんが、男性に対して「ここが気持ちいい」とか「ここが責められるのが好き」とかそんな具合のことを伝えるのです。

中には「そんなところが気持ちいいって感じる私は可笑しくて、男性に変だと思われるんじゃない?」なんて思われる女性がいるかもしれませんが、性感帯なんてものは人によって違いがあって当たり前です。

例えば肩叩きなんかでも人によって気持ちよく感じるポイントというのは違いがありますよね。もしくは「首をくすぐられても平気な人もいれば、首をくすぐられるのは無理」という人もいますよね。つまりはそれと一緒。愛撫されて気持ちいいと感じる場所に個人差があるのも同じです。

ですから自分が気持ちいいと思う場所を男性に伝えてあげましょう。

挿入するときに痛い……その痛み、我慢する必要ないですよ?

言葉で愛撫してもらうために男性がイジメたくなる反応をしてみよう

「言葉での愛撫」という前戯があったりしますが、なかなかあれは男性側も恥ずかしいものなのです。

「ここがいいの?」とか「どこが気持ちいいの?」とかならまだしも「○○ちゃんのココはこんなに濡れているよ」とか「どこに入れて欲しいの?」などなど、いま自分で書いていても中々恥ずかしい気分になってきますね。言っておきますが僕がそんなことを言った経験があるとかそんな話ではないですよ、いやホントに。

とにかくとして、もし言葉での愛撫を求めるのであればそれは女性側のノリも必要になってくるわけですね。例えば「ここ気持ちいい?」と聞かれたら、恥ずかしい素振りを見せながら「気持ちいい」などの言葉を返してあげてくださいね。

でないと男としては「1人でフォークダンスを踊り狂ってるような気分」になります。セックスも同じで相手が何かしらアクションを返してくれるからこそ、コチラとしてももっと頑張ろうと思えるのではないでしょうか。

挿入するときに痛い……その痛み、我慢する必要ないですよ?

どうしても濡れないならローションを使おう

色々と上記しましたが「濡れない女性」の中には、体質もしくは体調の問題で濡れないとう方もいらっしゃることでしょう。そういう方は無理してアレコレと試行錯誤をするよりも素直にローションを使いましょう。

女性の方はあまりご存知ないかもしれませんが最近のローションってスゴイですよ。お肌に優しいローションがあったり、舐めても問題ないりんご味が付いたがローションがあったりと、意外かもしれませんが女性向けを意識したローションは沢山あります。

ローションのイメージにとして「テレビでお笑い芸人がローションまみれで騒いでいるアレ」を思い浮かべるかもしれませんがそんなイヤらしいものではないのです。

さいごに

色々と上記しましたが挿入のときに生じる痛みは我慢しなくても問題ありません。

男性がいつか気が付いてくれるだろう、ではなく自分から話してみましょう。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

6いいね!

0うーん…