おっぱい以外で男性が無性に興奮するのは「うなじ・太もも・足先」だ

男性はおっぱいにしか興味がない、そんなふうに思っている女性の皆さん。残念ながら男性というのはおっぱい以外であっても無性に興奮します。

というよりも女性の体というだけでも無性に興奮します。なんで女性の体付きはあんなにエロいのかと。

今回は「男性は胸以外のどこに興奮するのか」についてご紹介していきたいと思います。

男性が「おっぱい」にそそられるのは当たり前である

始めに言っておきたいのですが、男性というのは100人いればだいたい98人ぐらいは女性のおっぱいに興味があります。基本的に頭の中はおっぱいのことでいっぱい。

ですから「男性はおっぱいにしか興味がない」というよりも、「男性はおっぱいに興味があるのは当たり前。かつ、女性の体のどこかしらにそそられる」というのが正しいのです。

さらにおっぱいに関して詳しく言うなら「大きさや形よりも、おっぱいであるという存在を愛している」わけですね。

ですから「男性はおっぱいにしか興味がない」と考えるよりも、「男性がおっぱいに興味があるのは仕方ないが、男性はおっぱいを平等に愛している」と考えることができれば、巨乳貧乳論争に終止符が打てますね。

では上記で述べたことを念頭に置いて「男性がおっぱい以外に興奮する場所」を教えしたいと思います。おっぱい以外で男性が無性に興奮するのは「うなじ・太もも・足先」だ

チラっと見えるとドキドキする「うなじ」

うなじに無性にそそられる、そんな男性の声は何度か聞いたことはありませんか?

浴衣を着たとき覗くうなじ、髪を結んだときにあらわになるうなじ、ふとしたときに見えるうなじ……自分で書いていて気持ち悪いと思ってしまいましたが、うなじに無性にそそられる男性は確かに存在しています。

見え隠れする綺麗なうなじは非常に女性らしさを感じさせてくれますね。

「うなじぐらいならいつでも見せてやる」そんな女性の方、ありがとうございます。

ですが一つだけ言わせて欲しい。お手入れをしていないうなじはうなじに非ず。

もちろん「うなじのお手入れは面倒だろう」とは思いますが「産毛が生えたうなじ」というのは見るに堪えないものです。毎日お手入れしろと言っているのではなく、夏場などのうなじの露出が激しいときはお手入れして、と思うわけです。

思わず触りたくなる「太もも」

「お尻にそそられるという男性」と聞く嫌らしい気持ちになるかもしれませんが、「太ももにそそられる男性」であればどうでしょうか?

たぶん同じように嫌らしい気持ちになりますよね、知ってます。

むしろダイレクトにお尻が好きとは言わず、その延長線上の太ももをチョイスするあたり、太もも好きは恐らくムッツリスケベな気がしますね。

さて、太ももの何がそんなに良いのかと言えば、それは「曲線美ともっちりとした質感」に無性にそそられるわけですね。

極端な太もも好きの男性ですと「顔うずめたい」という人や「太ももに挟まれたい」なんて人もいたりして、太もも好きは変態揃いかもしれません。

ちなみに僕の知り合いの友人の話ですが「太ももで温めたペットボトルのお茶を飲みたい」と発言をして女性からひんしゅくを買っていましたね。言っておきますが、僕のことではない。

ともかくとして、太ももというのは「うなじ・太もも・足先」だけで言うと、存在が一番エロいと言いたいですね。おっぱい以外で男性が無性に興奮するのは「うなじ・太もも・足先」だ

幼さが可愛らしい「足先」

マイナーかもしれませんが、足先に無性にそそられる男性というのも存在しています。

例えばニーソを履いたときの足先とか、靴下の中でモコモコと動かしている足先とか、生の足先といった具合ですね。

足先の何がそんなに良いのかと言えば、女性の体の中で一番幼さを遺している部分だからでしょう。言っておきますが「ロリコン的」などという話ではないですよ。

ちなみにですが、この足先フェチ。時代的に見ると平安時代ごろには既にフェチの一種として存在していたようで、なかなか歴史のあるフェチだと言えるでしょう。

昔から男性のフェチの種類というのは変らないのかもしれませんね。おっぱい以外で男性が無性に興奮するのは「うなじ・太もも・足先」だ

さいごに

おっぱい以外にも女性の体には男性が好きな場所がたくさんあります。

見えないところだからこそ磨いてみるのもいいかもしれませんね。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

6いいね!

2うーん…