セックスで恥ずかしがる女に男は興奮しますよ

女性の中には「セックスは恥ずかしがるもの」なんて、考えを持っている方がいらっしゃるかとは思いますが、その「恥ずかしがる姿」というのを、上手くコントロールすることができれば、男はアナタに夢中になってしまいます。

男というのは、女の恥ずかしがる表情が大好きなものなのです。今回は、男はどういう「恥ずかしがり方に興奮するのか」をご紹介しますね。

なぜ男は「恥ずかしがる女」にキュンキュンするのか

そもそもの前提として、男には「女を守ってあげたい欲」みたいなものがあります。もちろん、男にも個人差があり「まあ、守れるように善処します」みたいな考えを持った人や、「出来るだけ守るよ」なんて人もいることは事実ですね。

まあ、それでも男女問わずですが、人間というものは「可愛い・幼い」というものに対しては「守ってあげなきゃ」という感情の働きを持つものですよね。

犬や猫のように「単純に可愛いから守ってあげたくなるもの」もあれば、赤ちゃんのように「幼いからこそ守らなきゃ」と思ってしまうものまで様々です。

つまりは「恥ずかしがる女」を可愛いと感じる男からしてみれば、ペットを可愛いと思うのと同じように、赤ちゃんを守るのは当たり前と思うのと同じように、「恥ずかしがる女」というのは庇護欲(ひごよく)をそそられる対象なのです。

あ、でも可愛がって欲しいからって「ぶりっ子」とかやめましょうね。恥ずかし気もなく恥ずかしいことをする女に価値はない。ともかく「守ってあげたい」と思わせることができれば、男性側はもっと興奮してくれます。

セックスで恥ずかしがる女に男は興奮しますよ

喘ぎ声を我慢して恥ずかしさを伝えてみよう

ところで女性のみなさんは、セックスのときに喘ぎ声は出ますか?

それなりに喘ぎ声が出るという方、あまり出ないという方、喘ぎ声が大きすぎて男に引かれた、などなど色々な方がいるかとは思います。さて、ここでおススメしたいのは「喘ぎ声を我慢しているように喘ぐ」とういうことですね。

気分としては、「我慢していたけど気持ち良くて思わず声が漏れちゃった」みたいな感じで喘いでみましょう。

イメージ的にはアレですね。腹筋やら腕立て伏せをしていて、思わず漏れてしまうようなあの声に似ているかもしれません。そうすれば男は、「恥ずかしがる女」であるアナタに興奮してくれます。もしくは、口に手をあてがって我慢している姿もいいですね。

でも、あからさまな演技は冷めてしまうでしょうから、そこだけはバレないように気を付けておきましょう。

セックスで恥ずかしがる女に男は興奮しますよ

言葉にして恥ずかしさを伝えてみよう

もう1つおススメの方法は、「喘ぎ声と一緒に否定形の言葉を発する」ということですね。どういうことかと言いますと、「イヤ・ダメ・ヤメて」みたいな言葉を一緒に喋るということですね。

恐らく日常生活でこの言葉を聞いても、「本当に止めて欲しい、嫌がっている」と思ってしまうでしょうが、これがセックス中であるならば話は変わってきます。

男からしてみれば、セックス中に女がこの言葉を使うと「イヤ=感じちゃってるから・ダメ=イッちゃいそうだから・ヤメて=気持ち良すぎるから」と勝手に脳内で解釈してしまいます。

つまりこの言葉を使うことで、男には「可愛い・イジメたくなる」という気持ちが働くわけですね。

ちょっと話が変わりますが、男がセックス中に「イヤ・ダメ・ヤメて」と言うと、女の方も興奮したりしませんかね? 男っぽい言い方に直すなら、「やめろ・やめてくれ・やめろ」ですかね。‥‥‥。男の感情表現って少ない。

それはいいとしても、女がリードするセックスのときに、「ヤメテくれ」と嘆願する男の言葉を聞いたらどうですか? ちょっとイジメたくなりませんかね。

ちょっとでも気持ちがクラっとなったなら、それが「恥ずかしがる女」に興奮する男の心理だと思ってもらって問題ありません。男性がイジメたくなるような言葉を言えば、セックスがもっと盛り上がるはず。

セックスで恥ずかしがる女に男は興奮しますよ

さいごに

セックスの際には、「恥ずかしがる女」を演じ分けることができれば、男はアナタにもっと興奮してくれることでしょう。巧みに使い分けて、男性を虜にしちゃいましょう。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

24いいね!

3うーん…