SNSに出会いを求めるのは間違ってない! 使いこなせるなら!

SNSを通じて異性とお付き合いをした経験がある方はいますか? 付き合うとまでもいかなくても、SNSで出会った人と食事に行ったり遊びに行った経験ぐらいはあるかもしれません。

「SNSの出会いは危険」などと言われていますが、キチンと使いこなせるのであれば出会いの場としても役に立つのです。

「SNSでの出会いは危険」という考え方もあるけれど

最近では「SNSを通じて出会った人とトラブルになる。事件に巻き込まれる」なんて言われていますよね。

これは今に始まったことではなく、少し前までは「ネットで出会った人間とトラブル」とか「コミュニティサイトで知り合った人間とトラブル」なんて言われ方がされていました。

ただ、そもそもの話として、ネットでもSNSでも街中でも、人との出会いにはそれなりにリスクがあるのは当たり前です。

SNSでも現実でも初対面の知らない人に対して自分の住所を言ったりしますか?

話す回数を重ねて相手の信用を得たり、逆に相手を信用していくわけですが、その過程もなしに個人情報を喋ったり、むやみに会ったりするのは得策ではないですね。これはSNSでも現実でも、男性でも女性でも同じ、当たり前に気を付けるべきことであるのです。

Twitterは異性と出会えるのか?―FF外から失礼します―

Twitterを使っている方は理解していただけると思うのですが、Twitterの本質は「FF外から失礼します!」ですね。何言っているのかよく分からない方の為に説明します。

Twitterというのは「誰のツイートでも閲覧できるし、逆に自分のツイートも色々な人に見られるし、お互いにリプライし合える」のが特徴ですよね。また、「同じ趣味の人、考えが合う人を見つけやすい」というのも特徴の1つですね。

例えば「こういう人とお知り合いになりたい」と思ったら、思いのほか簡単に「こういう人」が見つかるわけですね。恐らく「犬の肉球を嗅ぐのが趣味」という人だって見つけられます。恐ろしい。

ただ、TwitterはあくまでもSNS。大半の人が出会いを求めているわけじゃありません。というか現実でも「出会いたーい」と思ってる人のための場所が合コンとかですよね。

ですからTwitterで「出会いたーい」と思うのはいいですが、どんちゃん騒ぎの宴会で出会いを求めているようなものです。なかなか無理難題。

snsに出会いを求めるのは間違ってない! 使いこなせるなら!

Facebookは出会いの場としてどうなの?—名刺交換的な交流―

僕はFacebookをそんなに使いませんが、Facebookでの交流を「名刺交換的な交流」と勝手に呼んでいます。なかなか偏見が入っているかもしれませんね。すいません。

言っておきますが、Facebookの交流が名刺交換のようにビジネスライクでドライな関係だと言いたいわけではないです。あくまで他のSNSに比べると、人と人の会話で成り立っているような気がするからです。

ちなみに、Twitterは画像で会話していたり人間の言葉を使っていなかったりします。また、Facebookは基本的に「実名で登録する」必要があります。言ってしまえば偽名での登録はNGなわけですね。

「絶対に安全だ」とは言いませんが、ある程度は身元がハッキリとした人間と関わりを持つことができるので、信頼性はそこそこあるのでしょうね。ただし、Facebookを使っている人も、出会いを求めている割合は少数に思えますね。

snsに出会いを求めるのは間違ってない! 使いこなせるなら!

LINEは出会いの場には向いてない―イメージは個室での会話―

LINEを使っている人の割合ってかなり多いですよね。むしろ使っていない人を探すほうが難しい世の中かもしれません。中には、会社の連絡網として使っている場合もあれば、学校現場で連絡網のような使い方をされていることもあります。

そんなLINEですが、出会いの場としてはどうなのかと言うと、「出会うことを目的としている場合は弱い」と言ってもいいでしょうね。

お分かりでしょうが、「LINEは知らない人と簡単に知り合うことが難しい」ものです。ID交換とかQRコードとかありますし、あくまでも連絡先を交換してトークをするようなものです。

ただ、世の中には「LINEのIDを交換できる掲示板」があったり、「LINEのQRコードをTwitterやFacebookに張り付ける」なんて方法もあります。

ですから「出会いそのものには不向き」ですが、「出会って会話を楽しむ」のは得意だと言ってもいいでしょう。

snsに出会いを求めるのは間違ってない! 使いこなせるなら!

さいごに

SNSで出会ってお付き合いをしたり、そのまま結婚するのは別におかしいことではないですよね。キチンと使いこなせるのであれば、SNSも出会いをサポートしてくれますよ。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…