目のくぼみやたるみ対策と目のくぼみを目立たなくするメイク6選を徹底解説

「目のくぼみやたるみが最近気になる」とお悩みの女性も多いのではないでしょうか?

くぼみやたるみが生じると、目元だけでなく顔全体の印象が老けて見えてしまいます。

この記事では目のくぼみやたるみの原因や目立たなくする方法について紹介しているので、ぜひご覧ください。

目のくぼみやたるみの原因とは

目のくぼみやたるみ対策と目のくぼみを目立たなくするメイク6選を徹底解説
「目のくぼみが気になっていつも通りのメイクが楽しめない」とお悩みの女性も多いのでは?

30歳を過ぎた頃から気になり出す人も多くなるのが目のくぼみなんです。

これが原因でアイメイクが楽しめないという声も多くあります。

そもそも目はどうしてくぼんでくるのでしょうか?

原因を知った上で、気になる目のくぼみのカバーはメイクで解決してしまいましょう。

コラーゲンの減少

目のくぼみの1番の原因は加齢です。
年齢とともにどうしても進むのがお肌の老化です。

老化そのものを食い止めることは誰にもできないんですね。

目の周辺の筋肉の衰えも加齢が原因で起きています。

また、コラーゲンの減少も原因の1つとして考えられるでしょう。

20代をピークにコラーゲンは減少傾向をたどるのみなんですね。

だからこそ食事で摂取すると同時にサプリメントやドリンク、ゼリーなども併用してコラーゲンを生成する上で必要なビタミン類も一緒に摂取するよう心がけましょう。

加齢

加齢の影響も、目のくぼみやたるみの原因のひとつとして考えられるでしょう。

10代の目元と、シニア世代の目元を比べてみると一目瞭然です。

年を取ると肌にハリがなくなるため、口元はもちろんのこと目元もたるみが生じやすくなります。

たとえば、若い頃は一重まぶただった女性でも、年を取るとまぶたの脂肪が少なくなり、くぼんで二重まぶたになることもありますよね。

疲れ

現代人は目を酷使し過ぎです。
パソコンやスマホ、TVなどあらゆる媒体で色々なものを目で見る機会が増えました。

植物などの緑を見るなどして目を休める時間を多く取っていればいいのですが、ゆっくりとそんな時間すら持てない人が多いのが現実です。

目を酷使している分、目もくぼみやすくなる可能性が高くなります。

疲れ目はその日のうちに解消させたいですね。

目のくぼみやたるみ対策おすすめ6選

年を取ると、目のくぼみやたるみが気になってくるのは不可抗力だと言えるでしょう。

ですが、努力次第で目元を若々しくキープすることも可能です。

せっかくならば、いつまでも若く美しい見た目を維持していたいと考えるのが女心というもの。

そこでここからは、目のくぼみやたるみにおすすめの対策を6つピックアップしてご紹介していきます!

目のくぼみやたるみ対策おすすめ1:目の周りの血流をUP

目のくぼみやたるみ対策としてまずおすすめしたいのが、目の周りの血流を改善するという方法です。

長時間パソコンを見続けていると、目の周りの筋肉が凝って血流も悪くなってしまうので要注意。

ホットタイプのアイマスクを使用して、目元を温めていきましょう。

アイマスクがない場合には、ぬるま湯にタオルを浸したものを軽く絞って使うのもよいですよ。

目のくぼみやたるみ対策おすすめ2:目の周りのむくみをとる

お酒をたくさん飲んだ翌日や睡眠不足が続いている時には、目元がむくみやすくなってしまうものですよね。

目の周りのむくみを放置していると、目がくぼみやすくなってしまうので注意したいところです。

裏を返せば、目の周りのむくみをきちんとケアしてあげれば、目元を若々しくキープできるということ。

目元を濡れタオルなどで軽く温めて、優しくマッサージするとよいでしょう。

目のくぼみやたるみ対策おすすめ3:眼輪筋を鍛える

目のくぼみやたるみが気になってきた時には、眼輪筋を鍛えるのもおすすめです。

眼輪筋とは、目を囲むようにしてついている筋肉のこと。

眼輪筋が衰えると目元が眠たげな印象になるだけでなく、たるんで老けて見えやすくなってしまいます。

普段から眉毛を上げてものを見る癖がある人は眼輪筋が衰えやすくなるので、目元を動かさずにものを見るように意識してみてくださいね。

また、目を大きく広げたりギュッと瞑ったりする動作を繰り返すことで、眼輪筋を鍛えることができます。

目のくぼみやたるみ対策おすすめ4:クリームで保湿

アイクリームを使って丁寧に保湿をするというのも、目のくぼみやたるみの対策方法として挙げられるでしょう。

頬や口元などはきちんとスキンケアアイテムを使って保湿しているという女性であっても、意外と目元のケアはおざなりになってしまっているもの。

アイクリームを使って毎日保湿を行えば、乾燥が原因のたるみやくぼみを予防することができるでしょう。

目のくぼみやたるみ対策おすすめ5:ヒアルロン酸を注入

セルフケアをしても目のくぼみやたるみがいっこうに改善しない時には、思い切ってプチ整形をするというのもひとつの方法です。

たとえば、ヒアルロン酸を目元に注入すれば、くぼんで老けて見える目元も一気に若々しくなるでしょう。

ただし、医者によって技術はまちまちなので、口コミなどをしっかりとリサーチして信頼できる医師を見つけてくださいね。

目のくぼみやたるみ対策おすすめ6:眼精疲労に注意

目のくぼみやたるみ対策と目のくぼみを目立たなくするメイク6選を徹底解説
眼精疲労に注意するというのも、目のくぼみやたるみを予防・改善するための方法として挙げられるでしょう。

疲れ目を放置すると、目の周りの血流が滞ったりむくみが生じやすくなるため、目元のエイジングが加速してしまいます。

パソコンを長時間使用する時には休憩時間を挟んだり、目元をホットタイプのアイマスクで温めるなどしてケアを行いましょう。

目のくぼみやたるみを改善する食品4選

以上では、目のくぼみやたるみが気になるという女性のために、おすすめの対策方法をご紹介してきました。

目元を優しくマッサージしたり温めるくらいならば簡単にできますが、ヒアルロン酸を注入するといったプチ整形となると抵抗感を覚える女性も少なくないはずです。

プチ整形をせずとも、食生活を改善することで目元のアンチエイジングを行うこともできます。

ここからは、目のくぼみやたるみを改善する食品をチェックしていきましょう。

目のくぼみやたるみを改善する食品1:ビタミンB・Eを含む果物

目元のアンチエイジングに効果的な食品としてまず挙げられるのが、ビタミンBやビタミンEを含むフルーツです。

ビタミンBは肌を健康に維持してくれますし、ビタミンEは血流を改善したりビタミンCの吸収を高めてくれるので、積極的に摂りたいものでしょう。

たとえばビタミンB2ならばライチやネーブルオレンジに豊富に含まれていますし、ビタミンEを摂取したい時にはいちじくやブルーベリーがおすすめです。

目のくぼみやたるみを改善する食品2:黒酢

黒酢も、目のくぼみやたるみを改善してくれるおすすめの食品として挙げられるでしょう。

確かに、黒酢には健康的なイメージがありますよね。

イメージだけではなく、実際にさまざまな美容・健康効果があると言われているのです。

黒酢は疲労回復に効果的なだけでなく、グリシンをはじめとする成分が若々しく美しい肌を維持するのに役立ってくれます。

目のくぼみやたるみを改善する食品3:ニンニク

目のくぼみやたるみが気になってきた時には、ニンニクをたくさん使った料理を意識して食べてみてはいかがでしょうか?

健康にいいことで知られるニンニクですが、「スコルジニン」という栄養素がお肌の生まれ変わりをサポートしてくれるため、目元はもちろん顔全体のアンチエイジングに間接的に効果があると言われています。

目のくぼみやたるみを改善する食品4:青魚

青魚も、目のエイジングケアをはじめたい女性にぜひおすすめしたい食材のひとつです。

青魚に豊富に含まれている不飽和脂肪酸は、お肌の乾燥やエイジングを予防し、美しい肌を保つのをサポートしてくれます。

熱を通して調理をすると不飽和脂肪酸が少し減少してしまうので、より効率的に不飽和脂肪酸を摂取したいならばお刺身をチョイスしてみてくださいね。

目のくぼみを目立たなくするメイク6選

目元のエイジングケアに効果的な食材を積極的に摂取することで、内側から働きかけて目元のくぼみやたるみを予防・改善することは可能です。

ですが、数日や数週間で劇的に変化が起こるわけではありません。

そのため、「早く効果が欲しい」ともどかしく感じる女性も多いはずです。

そんな時には、手っ取り早く目元のくぼみを目立たなくできるメイク方法をマスターしましょう。

目のくぼみを目立たなくするメイク1:アイラインで引き締める

目のくぼみやたるみ対策と目のくぼみを目立たなくするメイク6選を徹底解説
アイシャドウの引き締め色を使って、アイラインのように細く二重幅にぼかして入れていきます。

まず目の真ん中から目尻に向かってアイシャドウを濃い目に入れていきましょう。

次に目尻から目の真ん中にかけて薄目に入れます。

まつ毛の隙間を埋めることと、目尻下3分の1にも忘れずに入れていきます。

目の真ん中から目頭に向かって濃い目に入れてしまうと、目のくぼみが強調されてしまうので注意しましょう。

目のくぼみを目立たなくするメイク2:アイカラーベース

アイカラーベースを使うというのも、目のくぼみをメイクで上手にカバーする方法として挙げられるでしょう。

目がくぼむと凹凸や陰影ができるため、目元が暗く見えてしまいがちですよね。

だからこそ、やや明るめのアイカラーベースを使って凹凸や陰影をカバーしていくことが大切なのです。

化粧水やアイクリームで保湿した後、アイカラーベースを指にとって優しくなじませていきましょう。

目のくぼみを目立たなくするメイク3:眉をやや太めに、鋭角に描く

眉毛が細くて薄ければ、他人の視線は目元に集中してしまいます。

裏を返せば、眉毛を濃く太めにすれば、目元のくぼみに視線が向かなくなるということです。

90年代は細い眉毛が流行っていましたが、最近のトレンドはふんわりとした太眉ですので、眉をやや太めに描いても違和感はないでしょう。

また、ややカーブをつけて鋭角に描くことで、目元のたるみを上手にカバーできますよ。

目のくぼみを目立たなくするメイク4:眉頭の高さを合わせる

目のくぼみが気になってきたならば、眉頭の高さを合わせてアイブロウメイクをしてみてください。

というのも、眉頭の高さが合っていないと顔全体のバランスが取れなくなりますし、何より目元のくぼみが強調されて見えるからです。

鏡を見ながら、丁寧に左右の眉頭の位置を合わせてみましょう。

片方の高さが足りない時には、ペンシルで一本一本眉毛を丁寧に書き足してくださいね。

目のくぼみを目立たなくするメイク5:マスカラやまつ毛エクステ

30代後半~40代を過ぎた辺りからまつ毛が抜けやすくなってきます。

その対策として、まつ毛ケア美容液入りの下地をつけてからマスカラをつけていきます。

ビューラーで3段階に分けて、根元、中間、毛先の順でまつ毛をカールします。

まつ毛用下地をつけてから、マスカラをジグザグ下から上に向かってつけていきましょう。

下まつ毛にもマスカラをつけたら全ての目のくぼみ解消アイメイクの完成です。

毎日マスカラを使うのが面倒な時には、まつ毛エクステをするのもおすすめですよ。

目のくぼみを目立たなくするメイク6:パールピンクのアイシャドー

目のくぼみで1番気になるのが目にできる影ではないでしょうか。

影を解消するために明るめのアイシャドウを入れます。

でもその前に、まぶたのくすみを解消するアイシャドウ下地を利用しましょう。

アイホール全体に下地を塗ったら、ハイライトをまぶたに入れて目のくぼみを解消していきます。

使う色は、ツヤ感のあるパールピンクなどの色味がいいでしょう。

まぶたの真ん中にブラシで色をのせたら、ワイパーのように筆を動かしてつけていきます。

目のくぼみやたるみ対策をして年齢や印象を大きく変えよう

加齢とともにコンプレックスを感じる部分はどうしても出てきてしまいますよね。

今20代の人も10年後には30代です。

誰しも平等に年をとっていきますが、若々しい印象でいるかどうかは自分の努力と気持ち次第で何とでもなります。

目のくぼみは年齢を感じさせてしまうものの、メイクでいくらでもカバーできるので、今回ご紹介した、目のくぼみをキレイにみせるメイクに挑戦してみてはどうでしょうか?

涼夏の他の記事を読む


この記事どうだった?

5いいね!

1うーん…