なぜ汚肌(オハダ)が解消されない? 汚肌の原因と改善方法を徹底調査

メイクばっちり決めていますか? でもその下の素肌のコンディションはどうでしょう?

どんなにメイクでカバーしたとしてもメイクを取ったら汚肌では、自分自身がいつも凹んでしまいますよね。

でも「お肌が汚く嫌になってしまう」と諦めるにはまだ早すぎます。

汚肌になっている原因をまず突き止めることから始めて、汚肌を改善していきましょう。

なぜ故に汚肌? 考えられる主な原因4つ

お肌の天敵! 睡眠不足

睡眠不足の次の日にニキビや吹き出物が出て困った経験はありませんか? そうなんです。お肌と睡眠には密接な関係があります。

睡眠不足はブスをつくる……なんて聞いたことがあるのではないでしょうか? これ本当なんです。

眠りについてから3時間の間に出されるのが成長ホルモンです。

子どもの頃に聞いたことがある成長ホルモンですが、大人になってからも出されています。

私たちが生きていく上でなくてはならない成長ホルモン。その分泌量が睡眠不足が原因で減ってしまうと病気がちになったり、代謝などに影響が出たりします。お肌も例外ではありません。

成長ホルモンの分泌が充分でなくなるとお肌のターンオーバーサイクルが乱れ、古くなった角質や汚れの排出が上手くされなくなり、肌トラブルが起きやすくなります。