銭湯に行こう! 持ち物で必要なものは?

「広いお風呂でのんびりと、足を伸ばして楽しみたい」という女性は多いのではないでしょうか。特にユニットバスの部屋に住んでいるとそう思いますよね。

温泉ももちろん良いのですが、もう少し気軽に楽しみたい、という人におすすめなのが「銭湯」です。ただ、初めて銭湯に行く場合は、どんな持ち物を持って行けばいいのかわからない、という人もいるでしょう。

ここでは、銭湯に持っていく持ち物を紹介します。

なければ困るもの

「銭湯に持っていく持ち物」を考えるときは、「絶対に必要なもの」と「持って行った方が無難であるもの」と「あったら便利なもの」に分けられます。

まずは、「絶対に必要なもの」について見ていきましょう。

絶対に必要なものは、まず「タオル」です。タオルはできれば2枚持っていきたいものです。1枚は浴場の中に持ち込むもので、もう1枚はお風呂上がりに体を拭くものです。

「湯船の中」にはタオルを持ち込むことはできませんが、洗い場にタオルを置いておけば場所取りもできます。また、体を洗ったり、髪の毛をまとめたり、浴場から出るときにさっと体を拭いたりといったことができるため、非常に便利です。

浴場から出たら、もう1枚の乾いたタオルで体を拭き上げましょう。なお、バスタオルはなくても構いません。

もう1つ絶対に必要なものは、「ビニール袋」です。ビニール袋でなくても構いませんが、とにかく、「濡れたタオルをそのまま入れることのできるもの」が必要です。

銭湯に行こう! 持ち物で必要なものは?

持って行った方がいいもの

銭湯の設備は、場所によって異なります。シャンプーやリンス、洗顔剤から石けんまですべてそろっているところもあれば、ほとんど用意されていないところもあります。

このため、トラベルキットのシャンプーやリンス、洗顔剤や石けんなどを持っていった方が無難でしょう。シャンプーやリンスは、ときどき配られているサンプル品のパウチがあればそれを持って行ってもよいでしょう。

石けんは固体のものでも構いませんが、液体でボトルに入っているものの方が管理がしやすいかもしれません。

銭湯にこれらがない場合、入り口の自販機で券を買って購入することになる場合もあります。

銭湯に行こう! 持ち物で必要なものは?

あったら便利なもの

最後に、「あったら便利なもの」について見ていきましょう。

まず、クレンジング剤や基礎化粧品。

「石けんやフェイス用の洗顔フォームまでは置いてあるけれど、クレンジング剤までは置いていない」というところもあるので、これは持って行った方が便利です。また、基礎化粧品も持参しましょう。特に乾燥する季節は、お風呂上がりのケアには気を付けたいものです。

ヘアケア用品もあると便利です。

髪の毛の長い人はヘアゴムがほぼ必須ですが、あわせて、髪の毛をまとめるためのコームも持っていきましょう。これがあれば、お風呂上がりにきちんとヘアスタイルを整えることができます。

替えの洋服もあると便利です。

これは必須ではありませんが、せっかく体を洗い上げたのに、今まで着ていた洋服を着るのは少し抵抗があるのではないでしょうか。締め付け感がないタイプの洋服を選ぶと、さらに過ごしやすいことでしょう。また、下着もお忘れなく。

銭湯に行こう! 持ち物で必要なものは?

これらを1つのカバン(ビニール製だとなお望ましい)にまとめておくと便利です。銭湯や温泉が好きな人の場合、「これをまとめたカバンを常に車の中に置いてある」という人もいます。気が向いたときに、ふらりと銭湯や温泉に寄れるのでこの方法もおすすめです。

銭湯に行くときに持っていくべき持ち物を知り、楽しい銭湯ライフをお楽しみください。広いお風呂で、のんびりと、足を伸ばして、ゆったりと過ごす時間は日々の疲れを癒すことに役立ってくれることでしょう。

鍋谷萌子の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…