北枕のいわれって? 縁起が悪いと言われるのはどうして?

「北枕は縁起が悪い」という言葉を耳にしたことのある人もいるのではないでしょうか。

ただ、そのいわれなどについてはよく知らない、という人も多いはず。ここでは、「北枕」のいわれとその解釈について見ていきます。

北枕が縁起が悪い、と言われる理由とは

そもそも、なぜ北枕は縁起が悪いと言われているのでしょうか。これにはちゃんとした理由があります。

仏教の祖であるお釈迦さまが亡くなった場所は、沙羅双樹(さらそうじゅ)の木の下だと言われていますが、その際、北の方に頭を向けてお休みになったと言われています。

そのようにして涅槃(ねはん)に入られたお釈迦さまの話を引き継いで、「北枕」という言葉が生まれたと言われています。

お釈迦さまが「亡くなられた」ということから、「北側に枕を置いて寝ること(北枕)=死につながるのだ」という考え方が出たとも言われています。

また、逆に、日本の宗教観では「人は亡くなったら仏さまになる」というものがあります。

ここから、「生きている私たちが、仏さまのようにすばらしい存在と同じ行動をしてはいけない」という尊敬の念から、「生きているうちにこのようなことはできない」と考えが起きたのではないか、とも言われています。

いずれにしろ、「死」「仏さま」と結びつけられて取り上げられた言葉なのです。

北枕のいわれって? 縁起が悪いと言われるのはどうして?

ただ、非常に興味深いことに、この「北枕」を縁起が悪い、と解釈するのは日本だけなのだそうです。お釈迦さまが生涯を過ごされたインドであっても、北枕は縁起の悪いものだとは思われていません。

むしろインドでは、積極的に北枕にして寝ていると言われています。これは、「お釈迦さまと同じように眠れるのは素晴らしいことだ」という解釈であったり、「北の方には理想的な国がある」と考える向きがあったりすることによるのだそうです。

仏教の生まれ故郷であるインドでは北枕が良いものとされ、それが伝わってきた日本では北枕が縁起が悪いものだとされている、というのは、非常に面白いことですね。

北枕のいわれって? 縁起が悪いと言われるのはどうして?

基本的には気にする必要はないけれど……

このような考えや慣習を受けてか、葬儀の場では、亡くなった方を北枕で安置することが多いと言えます。主に仏教で、かつ、お家での安置などのときにこの方法がとられます。

ただ、家の向きや間取りというのは各家で異なります。このため、北枕にするのが困難な場合もあります。こういったケースの場合は、西枕にするのが一般的です。

厳密に言えば、お釈迦さまは、「北側を枕にして、西側にお顔を向けて涅槃に入られた(頭北面西右脇臥/ズホクメンサイウキョウガ)」とされています。

しかしながら、実際にご遺体をこのように安置することは現実的ではありません。そのため、「できれば北枕、無理ならば西枕」という考え方が出たのだと考えられています。

ちなみにこの考え方に基づいて北枕にするのは、当然、仏教だけです。神道やキリスト教、あるいは無宗教などの場合は、このようなことは考えなくてよいとされています。

生きている人が実際に眠るときの「北枕」についてですが、上でも述べたように、北枕というのは「縁起」によるものです。そのため、当然ながら、これを考慮する必要はありません。

むしろ、「磁場の関係で、北枕の方が血行がよくなるのではないか?」「風水では、北枕にした方が金運があがる」という考え方があります。

北枕のいわれって? 縁起が悪いと言われるのはどうして?

これについても、明確な「根拠」を求めることは難しいものです。しかしながら、「北枕は縁起が悪い」という意見とまったく違う意見ですから、興味深いものです。

もちろん、実際には間取りや家具の置き方によって枕の置き方が決められるケースが圧倒的多数でしょう。ただ、「なんとなく気になる」という気持ちがあるのであれば、それに沿うのがよいでしょう。

 

【参考URL】

http://www.king-makura.com/blog/2016/11/10/518/

http://www.minnanoosousiki.com/staff_blog/2014/11_08.html

https://www.aeonlife.jp/glossary/word/kitamakura.html

鍋谷萌子の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…