はまぐりのお吸い物、そのいわれとは?

食感がよく、薫り高く、おいしい「はまぐり(蛤)」。このはまぐりを使ったメニューに、「はまぐりのお吸い物」があります。

これはある縁起物でもあるのですが、そのいわれについてみていきましょう。

はまぐりのお吸い物を食べる桃の節句

はまぐりのお吸い物はもちろんいつ食べてもよいものなのですが、特に、桃の節句・ひな祭りによく食べられます。3月3日、女の子のためのこの日に、はまぐりのお吸い物が食べられるのにはきちんとした意味があるのです。

はまぐりの貝は2枚でなっており、上の貝と下の貝をあわせるとぴったりとくっつきます。このようになるのは、最初に組み合わせられた2つだけです。

似ているかたちのほかの蛤を選んだとしても、このようにぴったりと合わさることはありません。

この形状を利用した遊びに、「貝合わせ」があります。

現在の神経衰弱のようなもので、はまぐりの殻同士をあわせて、合ったものをカウントする、というものです。(ちなみに、「貝合わせ」がこのようなかたちになったのは、平安時代くらいになってからです。その前は、単純に、美しい貝や形の面白い貝を見せ合うだけの遊びでした)

時間が経つに従い、貝に和歌などを書いて楽しむようになっていきましたが、いずれにせよ、この「貝合わせ」は、はまぐりの持っている「上側の貝に合うのは下側の貝しかない」という特性を利用した遊びだと言えます。

はまぐりのお吸い物、そのいわれとは?

みやびやかな遊びを生み出した「はまぐり」ですが、これは「夫婦和合」「夫婦が仲良く暮らしていくこと」「はまぐりのように、ぴったりと合わさり、お互いを大切にするこという意味も持たされることになりました。

「その人と生涯共に生きていきなさい(生きていける相手を探しなさい)」という親心が込められたものとして、ひな祭りに用いられるようになったのです。

また、はまぐりが女性の慎み深さを表すともされており、この観点からもひなまつりにはまぐりのお吸い物を取り入れるのがよい、とされました。

お吸い物にすることではまぐりはよりおいしく食べることができるようになるでしょう。

はまぐりのお吸い物とあわせたいもの

このように、親心の願いが込められた「はまぐりのお吸い物」ですが、これでひな祭りが終わるわけではありません。

はまぐりのお吸い物によく合う食べ物として、「ちらしずし」があります。これもひな祭りの定番となっている料理です。

ちらしずしは見た目にも非常に華やかです。ただ、そこには、やはり縁起物がちりばめられています。

たとえば、「レンコン」。おせち料理でも用いられるこれは、「未来を見通せるように」という意味が込められています。また、「背筋がまがり、ヒゲが長くなるまで長生きしてください」という意味が込められているエビもまた、縁起物です。
はまぐりのお吸い物、そのいわれとは?

桃の節句に欠かすことのできないものとして、「ひしもち」があります。これは、ピンク―白―緑の三層から成り立っています。緑は「地面」を、白は「雪」を、ピンクは「花」を表しています。

これによって春の訪れと、雪の上(雪が解ける、という解釈もある)から花が咲いているという状況を表しているとされています。

また、「ピンクイロには魔除けの効果があり、白は清純さを粟原酢ものであり、緑は健康を意味する」としている解釈もあります。

このように、はまぐりのお吸い物と一緒に食べられるひな祭りの縁起物にも、それぞれにいわれがあります。

今よりもずっとずっと子どもの命が失われやすかった昔は、このように、ひな祭りというかたちで、幼い娘が健康に生き、幸せな結婚をすることを強く祈っていたのかもしれません。

今年のひな祭りは、はまぐりのお吸い物やお吸い物、菱餅にひなあられ、白酒などを用意して、古来ゆかしい御祝いをしてはどうでしょうか。

 

【参考元】
やずや 食と健康研究所 http://yazuken.com/eating/hina/no002.html

鍋谷萌子の他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…