七草粥の作り方とそのいわれ

「七草粥(ななくさがゆ)」は、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし、この「由来」となるとはっきりしたことは覚えていないという人も多いはず。また「作り方」も何となくしか分からないという人も多いと思われます。

ここでは、七草粥の由来とその作り方について見ていきます。

七草粥のいわれと考え方

「七草粥」という考え方が日本に根付き始めたのは、江戸時代のことだと言われています。江戸幕府が定めた節日に「五節句」というものがありました。

これは、1月7日(人日/ジンジツ)・3月3日(上巳/ジョウシ)・5月5日(端午/タンゴ)・7月7日(七夕/タナバタ)・9月9日(重陽/チョウヨウ)を節目とするものでした。その起源は中国にありますが、日本でも奈良時代からこの考え方が持たれるようになりました。それを江戸幕府が正式に「節日」としたわけです。

現在でも3月3日のひな祭りや、5月5日の子どもの日、そして7月7日の七夕などは、私たちの生活に根付いていますね。七草粥の作り方とそのいわれ
さて、この五節句のうち「七草粥」と関わるのは、1月7日の方です。五節句が中国から伝わってきたものだということはすでに述べた通りですが、ここでは1月7日に食べる食べ物が決められていました。

7つの草(若菜)を使った食事だけをとる、としていたのです。これは「病がなく、長く生きていられること」を祈願するためのものであったとされています。

さらにこの日は役人昇進の日でもあったため、「出世」を意味する食べ物にもなったとされています。奈良時代は、「若菜を摘む」という行動でこの考えを引き継いでいました。

百人一首に選ばれている「君がため 春の野に出でて若菜摘む 我が衣手に雪は降りつつ」という歌をご存知でしょうか。

これはまさに、この「若菜摘み」を指している言葉です。愛しい人のことを考えて、春の七草を摘んでいる姿を描いた歌であり、優しい恋の歌として知られています。

この「七草粥」は病息災や役人昇進、あるいは邪気払いを目的としていたものですが、やがて「お正月にごちそうを食べ過ぎた胃腸を休めよう」という考え方も持つようになりました。七草粥の作り方とそのいわれ

七草粥に入れるものと作り方

七草粥に入るのは「春の七草」と呼ばれるものです。せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろの7つです。

また、余談ですが実は「秋の七草」と呼ばれるものもあります。

上で挙げた歌のように、かつてはこの七草も実際に自分の手で摘んでいたことでしょう。しかし現在では、スーパーで買い求めるかたちが主流になっています。

スーパーではすでに7つの草をセットにしたものが売られているので、これを購入してきて作るのが現実的です。