もう1度「彼女」に戻りたい。復縁の可能性について

「1度別れたけれど、やっぱり彼が好き。復縁したい」

「もう1度『彼女』に戻りたい」

「別れてから、自分がいかにあの人のことを好きかということに気づいた」

こんな風に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。「1度別れた彼氏ともう1度付き合いたい」と考える人のために、復縁の可能性を探っていきます。

7割以上の男性が「復縁はあり」と答えている

婚活サービスである「マッチアラーム」を提供している、マッチアラーム株式会社が2016年にとったアンケートがあります。

これは同サービスの会員846名(男女混同、年齢層は20~30代)を対象として行ったもので、「1度別れた恋人との復縁はありか、それともなしか?」ということを聞いたものです。

このなかで、「1度別れた人との復縁はありだと思う」と答えた男性は74パーセントでした。実に、4人に3人までが、元の恋人と復縁してもいいと考えているという結果になったのです。

このアンケートでは、20~24歳・25~29歳・30~34歳・35~39歳に分けてアンケートをとっていますが、どの世代でも、この比率はほとんど変わりません。30代前半がやや多いものの、ほとんど誤差の範囲内です。

「ありだ」と答えた人の意見としては、

「別れて初めてお互いの良いところに気づくこともあるから」

というのが非常に多いという結果になっています。また、別れた後にお互いに成長していたり、あるいは付き合い方を変えることができたりするのであれば復縁の可能性はある、としています。

反対に、「なし」と答えた人は、

「同じことを繰り返すだけだと思う」

「すでに終わった話だから」

という意見が多数を占めていました。ちなみに、女性の場合は「復縁はあり」と答えた層は、男性よりもぐっと少なく、6割程度でした。女性の方がシビアな目で「別れた恋人」を見ているのかもしれませんね。

 

もう1度「彼女」に戻りたい。復縁の可能性について

復縁するための方法について

では、再び彼女に戻るためにはどのようにしていけばいいのでしょうか。

これには明確な方法というのはありません。究極的なことを言えば、ケースバイケースです。特に恋愛の場合は相手があることですから、相手がその気にならなければ、復縁することができないのです。

ただ、上で述べた、「復縁はアリだ」という人の意見に、その方法は隠されています。まず、昔の愚行を繰り返さないようにするために、自分自身が成長することが何よりも大切です。

この「成長」というのは、心身の両面を指します。美容に気を配り、美しくなるための努力をし、仕事や勉強を一生懸命にがんばることが第一です。そして、「別れた」という事実に真摯に向き合い、自分の至らなかったところや欠点を冷静に見直します。

失恋した当初は身も世もなく嘆き、とても冷静ではいられないでしょう。しかし時間をかけて少しずつ受け入れていくことで、自分自身を見直すことができるようになります。

もう1度「彼女」に戻りたい。復縁の可能性について

「どれくらいの期間を置いてから連絡するべきか」については、明確な「統計」を求めることは難しいという現状があります。ただ、半年くらいを目安として、相手に連絡してみるのも1つの方法です。

このときは、いきなり「彼女にしてください」「復縁をしましょう」と持ち掛けるのではなく、「借りていたものが出てきたから返したい」などのように切り出すとよいでしょう。相手と自分に、「連絡するきっかけ」を与えるのです。

ただ、このようなことができるのは、相手からの連絡がブロックされていない場合です。

これには「別れた理由」も大きく関係してきます。たとえば、単なる性格の不一致で別れた場合は復縁の可能性も多く残されていますが、不誠実な対応(たとえばあなたの浮気など)の場合は復縁の可能性はぐっと少なくなります。

もう1度「彼女」に戻りたい。復縁の可能性について

心を残して別れた相手や、別れてから気付かされた相手の魅力は、ずっと心のなかに残り続けるもの。相手にすでに恋人がいることももちろん考えられますが、復縁にかけてアタックしてみるのもよいでしょう。

 

〈参考元/引用元〉
元恋人との復縁はあり? 独身男性の7割以上が「あり」と回答|マッチアラーム
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000112.000005816.html

鍋谷萌子の他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…