美は正しい姿勢から! 猫背を治してまっすぐ姿勢をキープする方法

「キレイだな」と思う人に共通しているのは正しい姿勢です。いくら美人でも、猫背だとちょっと残念な雰囲気になってしまいますから、姿勢というのは美に大きく関係することが分かります。

ここでは正しい姿勢とはどういう姿勢なのか、また姿勢を正すためにできることについてお伝えしたいと思います。

正しい姿勢のメリットとは?

正しい姿勢にはどんなメリットがあるのでしょうか?

見た目が美しくなる

正しい姿勢をキープする一番のメリットは見た目が美しくなることです。正しい姿勢で立っていたり、歩いていたりすると凛として見え、女性としての魅力が増していきます。

体幹が鍛えられる

正しい姿勢をキープしていると自然と体幹や筋肉が鍛えられます。体の内側の筋肉を鍛えて体幹が安定すると、基礎代謝量も増えるため痩せやすい体になっていきます。

血行が良くなる

正しい姿勢でいると見た目が美しくなるだけでなく、体の神経やリンパ、血管、内臓が変な圧迫を受けることがなくなります。そのため血行が良くなって、肩こりや腰痛、冷え性も改善するんです。

正しい姿勢とは?

「頭のてっぺんが天井から吊られているようなイメージで立つと正しい姿勢になる」とよくいわれますが、「少し分かりにくい」と感じる人もいるかもしれませんね。そんな人のために、具体的にはどんな状態が正しい姿勢といえるのか説明していきたいと思います。

正しい姿勢は左右の高さが水平

正しい姿勢とは真正面から見たときに腰、肩、耳の左右の高さが水平になっている状態です。横から見たときには首から腰に掛けてゆるやかなS字曲線を描き、耳から足の土踏まずを結ぶラインがまっすぐになっています。

普段から正しい姿勢になっているかどうかは、まっすぐ立ったときに手が太ももの真横にきているかどうかで判断することができます。正しい姿勢であれば手は太ももの真横にきますが、猫背だと手が太ももの前にきてしまいます。

正しい姿勢を作るためのセルフチェック

全身が映る鏡を用意して壁に背中をつけることで体のどこが歪んでいるかを自分で判断することができます。セルフチェックの方法は、かかとを壁につけて立ち、ふくらはぎ、お尻、肩甲骨、後頭部を壁につけていきます。両手は太ももの真横においてください。

鏡を見て耳・肩の中心・中指・足の土踏まずが、まっすぐのラインで結ばれていれば正しい姿勢になっています。もし、どこかがラインからずれているとしても朝晩の1日2回正しい姿勢に矯正していくことで1、2週間ほどすると正しい姿勢を維持することができるようになります。

日常の何気ない習慣が姿勢を悪くするので注意

スマホを長時間見ることが習慣になっていると、頸椎の緩やかなカーブが失われるスマホ首になってしまいます。スマホ首(ストレートネック)になると首が前傾姿勢になるため姿勢が悪くなってしまいます。

また、イスに浅く座って背もたれに寄りかかったり、毎回同じ脚を上にして足を組んでいたりすると、骨盤が後傾したり、左右に歪んでしまったりするので、こうした習慣も姿勢が悪くなる原因になります。

https://www.istockphoto.com/jp/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E8%8B%A5%E3%81%84%E5%A5%B3%E6%80%A7%E8%87%AA%E5%AE%85%E3%81%A7-gm618728918-107737857

弱った筋肉を鍛えて正しい姿勢をサポート

正しい姿勢をキープすることには見た目が美しくなる、痩せやすくなる、血行が良くなるといったたくさんのメリットがあります。油断すると姿勢が悪くなっているという人の場合は、背中と胸周りの筋肉が衰えている可能性が高いので、その部分の筋肉を鍛えることで正しい姿勢をキープしやすくなります。正しい姿勢をキープするのに効果的な筋トレをご紹介しますので、毎日の日課にしてみてください。

背中の筋トレ方法

step 1 床にうつ伏せになる

step 2 手のひらは下に向けて両腕を頭の上にまっすぐのばしておく

step 3 肩を軸に両腕をゆっくりと腰の位置まで動かしていく

 ※両腕は床に対して水平に移動させていきます。

step 4 腰の位置まで動かしたら元の位置にゆっくりと戻していく

step 5 5~10回3セットを目安に行なう

胸周りの筋トレ方法

step 1 膝をついた状態で床に座る

step 2 手を肩幅よりも少し広めに開いて床につける

step 3 ゆっくりと息を吐きながらひじを曲げていく

 ※お尻を突き出したり、背筋が曲がらないように注意

step 4 ひじを曲げきったら元の位置にゆっくり戻していく

step 5 10~15回3セットを目安に行なう

 

Written by Marie

Marieの他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…