整形不要! シェーディングを入れれば、誰でも小顔になれる

「小顔になりたい!」そんな悩みを解決してくれるのがシェーディング。

でも「シェーディングって、どうやって入れるのか分からない」「失敗したらどうしよう」という不安を抱えている人も少なくないのでは? そんな方のために、今回はシェーディングの入れ方を分かりやすくレクチャーします!

小顔になれるシェーディングの入れ方

シェーディングとは顔を立体的に見せるために、わざわざ影をつけるメイク方法のことをいいます。フェイスラインなどに影をつけることで、顔に立体感が出るだけでなく、小顔に見えるという効果があります。

必要なのはシェーディング用のパウダー

シェーディングを入れるためにはシェーディング用のパウダーが必要です。自分の肌の色よりも2トーンほど暗めのものを用意します。

シェーディングパウダーはプチプラでもあるので、探すのは難しくないと思いますが、暗めのファンデーションでも代用できますよ。シェーディングに使用するパウダーはキラキラしないマット感のあるものがおすすめです。

整形不要! シェーディングを入れれば、誰でも小顔になれる

シェーディングはベースメイクの仕上げに入れる

シェーディングを入れるタイミングは、ベースメイクの仕上げです。つまり、下地とファンデーションを塗った後に最後に入れるのが基本です。

影をつけたい部分にシェーディングを入れていく

シェーディングは影をつけたい部分に入れていきます。

小顔に見せたい場合は、「フェイスライン全体に入れるといい」とよく言われますが、顔の形によってシェーディングを入れる部分は変わってきます。

 

<丸顔>

顔の横幅を狭く見せるようにシェーディングを入れるのが小顔に見せるポイントです。

おでこやアゴの部分にはシェーディングを入れる必要はありませんが、こめかみからエラの下にかけてシェーディングを入れることで、顔の横幅の面積を狭く見せることができます。

丸く見える両頬をスッキリとさせるためには、こめかみの下から口角に向けて斜めにシェーディングを入れると丸顔がカバーされます。

 

<面長>

顔の横幅が気になる丸顔と違って面長の場合は、縦の長さを短く見せるようなシェーディングの入れ方をしていきます。

顔の長さを短く見せるために、おでこの髪の生え際部分とアゴの下側にシェーディングを入れます。また、こめかみから鼻に向けて少しカーブするようにしてシェーディングを入れると、頬をふっくらと見せることができます。

整形不要! シェーディングを入れれば、誰でも小顔になれる

シェーディングはハイライトとセットで入れる

シェーディングによる小顔効果を最大限に出すためには、ハイライトも入れるようにしましょう。顔の立体感がより強調されて、小顔効果が高まります。

ハイライトを入れる部位は、おでこの中心や鼻筋、Cライン、アゴ中心など、高く見せたい部分です。ハイライトを入れることでグッと顔が引き締まって見えるので、ぜひシェーディングとセットで入れるようにしてくださいね。

シェーディングの入れ方~失敗例~

せっかくシェーディングを入れたものの、残念メイクになってしまうことがあります。失敗例をご紹介していきますので、シェーディングを入れる際に注意しましょう。

鏡を見たら、チーターみたいになっていた

鼻筋を強調するために、鼻筋にシェーディングを入れたら、きちんとぼかし切れていなくてチーターみたいに! そんな経験をしたことがあるとすれば、あなただけではありません。

シェーディングはやり過ぎ感が出てしまうと逆にマイナスになってしまうので気をつけましょう。

整形不要! シェーディングを入れれば、誰でも小顔になれる

「顔が汚れてるよ」と言われてしまった

頬の下にシェーディングを入れたものの、「顔が汚れてるよ」と言われてしまったという経験を持つ人も少なくないでしょう。その場合は、シェーディングの色が暗すぎるか、シェーディングパウダーをつけすぎている可能性があります。

シェーディングパウダーは顔につける前に手の甲で少しはたいてから使うようにすると、つけすぎを防ぐことができますよ。

シェーディングとハイライトを入れるだけで、いつものメイクも仕上がりがグンと変わります。シェーディングを上手に入れれば、整形しなくても誰でも小顔になれるんです!

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…