【手相】彼は就職・転職しても大丈夫? 頭脳線で彼の才能・適職をチェック!

「彼、今度転職するんだけど新しい職場でやっていけるんだろうか……? 彼に向いている職業って何だろう?」

手相はその人が生まれもった特徴や性格が顕著に現れやすい場所でもあります。

今回は、手相の中でも「才能」「適職」を見る事が出来る頭脳線(生命線と感情線の間にある真ん中の線)についてお伝えしたいと思います。

月丘に向かっている頭脳線は、クリエイティブ・文系の方が多い

手のひらの膨らんでいる箇所を「丘」と呼びます。丘の中でも左手の右下(右手なら左下)の丘の部分を月丘と呼びます。

ここは対人関係や感性を表す箇所で、肉付きが良いと「芸術的センス・人付き合い上手」、肉付きが薄いと「人付き合いが苦手・現実的」を表します。また、ここが薄い方は「考え方・人付き合い」に対して、柔軟な考えを持つようにすると良いでしょう。

頭脳線が月丘に向かって伸びている場合、クリエイティブ・文系の性質を持っており、特に何本かに分かれているとマルチな才能(一度に複数の事をこなせる)才能を持っています。

特に頭脳線がはっきりしており、月丘に向かってカーブしている場合は、文だけでなく想像力も豊かな傾向があります。

また、頭脳線が緩やかにカーブしているタイプの方は、難しい人とも上手に付き合える才能も。上司から厳しく言われても「この人は厳しい人だから」と割り切って接する能力にも長けているので、職場でも上手くやっていけるタイプでしょう。
【手相】彼は就職・転職しても大丈夫? 頭脳線で彼の才能・適職をチェック!

頭脳線が長く、手のひらの中央を真っすぐに横切っている場合は理系・エンジニア向きの傾向が

頭脳線が長く、真っすぐ横に伸びている場合は理数系・現実的な面を持っています。数字に強い性質があり、エンジニアなどにも向いています。

ただ、ややクールになりすぎて言葉がストレートになってしまい、相手を傷つけてしまいがちな傾向があります。正論を言えば全て正しいのではなく、相手の立場に立ってものを言うように気をつける事が大切です。

仕事が長続きしないタイプは頭脳線・運命線が切れ切れ?

頭脳線が何本かに切れているタイプの方は、何をやっても集中できずに飽きてしまう傾向があります。

また、手のひらの真ん中に縦に向かって真っすぐ伸びている線を「運命線(ない人も多いです)」と言いますが、これが切れ切れの場合は「仕事を何回も転職する」傾向があります。一つの事を継続するのが苦手で、楽な方向を求めて何度も転職してしまいがちです。

また、生命線と頭脳線の始点が離れている人は「思い立ったら即行動」といった性質を持っていますが、刺激が好きでルーティンが苦手です。転々と仕事をするうちに何かを掴み取るか、または刺激の多い職場を探すと良いのかもしれません。
【手相】彼は就職・転職しても大丈夫? 頭脳線で彼の才能・適職をチェック!

仕事人間すぎて家に帰ってこない? 二重頭脳線

頭脳線が二重になっている場合、仕事がとにかく大好きで休みの日も仕事をしていたい位にバイタリティがあるかもしれません。

ここで生命線が更に二重だと「人の倍、働く気力・体力」を表すので残業・休日出勤も喜んで働いてしまうかもしれません。逆に配偶者が家を大切にしてほしい女性の場合は、少し寂しい思いをするのかもしれません。
【手相】彼は就職・転職しても大丈夫? 頭脳線で彼の才能・適職をチェック!

まとめ

頭脳線はその人の思考力・適正や才能を表す線です。真っすぐに伸びていると理系、カーブ状に月丘に向かって伸びているとクリエイティブ・文系の傾向が強くなります。

また、頭脳線の先が複数に分かれているとマルチな才能があり、副業・一度に複数の作業をこなす器用さを持ち合わせています。

ただ、中指の下の縦線が無い・複数ありすぎる・縦線にバツがある場合は同時に器用貧乏になる性質も持ち合わせているので気をつけてください。

みくまゆたんの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…