嫉妬で自己嫌悪に陥った時の対処法3つ! 心をラクにするには?

誰かに嫉妬しすぎて自己嫌悪に陥ったことがある人は多いのではないでしょうか。「嫉妬」という感情は人間の自然な感情なのですが、嫉妬の感情が強過ぎると自己嫌悪に陥りやすくなります。嫉妬で自己嫌悪になってしまったときのどうしたらいいのか、その対処法をご紹介します。

嫉妬を感じるのはこんなとき

嫉妬の感情は、あることについて誰かと比べて劣等感を感じたときに起こります。人間は誰しも「自分は特別な存在である」と思いたいものなので、ほかの人より劣っている、負けていると感じると、自分に価値がないように思ってしまいます。

自分に価値がないと感じると、嫉妬心は強くなり、相手を攻撃したり、無謀な行動に走ってしまうことがあります。その結果、「何をやっているんだろう」という自己嫌悪の気持ちが湧き上がってくるのです。

嫉妬で自己嫌悪に陥った時の対処法3つ! 心をラクにするには?

嫉妬で自己嫌悪になってしまった時の対処法3つ

自分を認めて受け入れる

自己嫌悪に陥っている人は、「自分には価値がない」「自分はダメな人間だ」と思い込んでいます。そのため、自分を受け入れることができません。

自己嫌悪から抜け出すには、嫉妬している自分も、劣等感を感じている自分もまずは受け入れてあげる必要があります。そして、自分がなぜ嫉妬しているのかということを分析します。自信がないから嫉妬してしまうのか、何かを失う不安感から嫉妬してしまうのか……さまざまな理由があると思います。

自己嫌悪の原因がわかれば、どう対処すればいいのかおのずとわかってくるでしょう。まずは、どのような自分でも、受け入れて認めることが自己嫌悪を解消する第1歩です。

嫉妬で自己嫌悪に陥った時の対処法3つ! 心をラクにするには?

他人と比較しない

嫉妬の感情は、他人と比較することで強くなります。常に自分と他人を比較する人は、自己嫌悪になりやすいのですね。恋愛に関する嫉妬で自己嫌悪に陥ると、「自分は愛される価値のない人間だ」と思いつ詰めるようになってしまいます。

「自分は自分、他人は他人」と割り切るのが1番なのですが、どうしても他人と比較してしまうという人は、それをプラスに変換させてみましょう。つまり、他人と比較して自分より優れているところを見つけたら、自分に何が足りないのかを考え、自分を向上させる方向へ持っていくのです。

嫉妬で自己嫌悪に陥った時の対処法3つ! 心をラクにするには?

感情をコントロールする

嫉妬から自己嫌悪に陥ってしまうのは、強い嫉妬を感じてそれが怒りに変わり、他人を攻撃するような言動をしてしまった時ですよね。嫉妬を感じたとしても、感情をきちんとコントロールできる人は、他人に迷惑をかけることなく自分の中で処理することができます。

怒りなどのマイナスの感情を抱いてしまったときは、自分の感情を客観的に観察してみましょう。「あぁ、今私怒ってるな」と、1歩引いて自分の感情を分析しているもう1人の自分は、怒っていないということに気がつくでしょう。

マイナスの感情に流されてしまうと、周囲の人を不快にさせるだけでなく、自分自身も疲れきってしまいます。

恋愛の嫉妬で自己嫌悪にならないために

相手を信じること

恋愛において自己嫌悪に陥りやすいのは、相手から愛されていることを信じられなくなったときでしょう。彼からの連絡が減った、冷たい態度を取られたなどの理由で、「もう私のこと好きじゃないのかも」と悩む女性は多いのですが、実は彼の仕事が忙しいだけだったり、たまたまほかのことに集中していただけという理由がほとんどです。

相手のことを信用して「自分は愛されている」と信じていれば、些細なことで相手を疑うこともありません。また、自分を常に磨いて、自信をつけることも、自己嫌悪への効果的な対処法です。

嫉妬で自己嫌悪に陥った時の対処法3つ! 心をラクにするには?

恋愛以外に夢中になれる趣味を見つける

「朝から晩まで常に彼のことを考えている」という人も要注意。そのような人は、相手も同じように、いつも自分のことを考えていてほしいと望みます。しかし、男性は常に恋愛のことを考えているほど暇ではないというのが本音。そうなると、「私はこんなに彼のことを考えているのに」と自己嫌悪に陥ることになります。

彼のことばかり考えてしまうという人は、夢中になれる趣味や習い事などを始めるといいでしょう。新しい趣味や経験をすることは、人間性も磨かれますし、女性としての魅力を上げることにもつながります。

嫉妬で自己嫌悪に陥った時の対処法3つ! 心をラクにするには?

まとめ

自己嫌悪に陥ったときの気分は、本当に嫌なものです。特に、嫉妬の気持ちから自己嫌悪に陥ると、自分の存在意義さえ疑いかねません。

自己嫌悪から立ち直るには、自分を認めるということがもっとも大切です。どんな人でも、価値のない人間などいません。嫉妬する自分も丸ごと受け入れてあげれば、人は乗り越えて成長していけるものなのです。

EMILYの他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

0うーん…