同棲しているカップルが愛が冷めてもなかなか別れを切り出せない理由

長期にわたるセックスレス、仕事ですれ違いがちな日々、会ったら会ったで会話も少ない、確実にお互いの気持ちが冷めているでしょう? な、同棲カップルをたまに見かけます。

女子だけが集まれば花が咲く恋話になっても、なんだか歯切れの悪い受け答え。そういう状況、周囲は「早く別れたらいいのに」って思っていたりするもの。でもなかなか別れられないのが同棲の辛いところ。

というわけで、同棲しているカップルが愛が冷めてもなかなか別れを切り出せない理由についてまとめてみました!

ひとりぼっちになるのが怖い

同棲している期間が数ヶ月、1年、3年、5年以上……。

そう、一緒にいる時間が長ければ長いほど、別れた後のことを考えてしまいます。会話がそんなにないと言っても、誰かがいる空間と誰もいない一人きりの空間はその温度が違います。

誰かが家にいるだけで心がホッとしたりしますよね。それが当たり前になっていると忘れてしまうこともあるけれど、長く二人暮らしをしている人が、いきなり一人暮らしをするのは相当な勇気がいります。

だから少しくらい上手くいっていなくてもそこを見て見ぬ振りをしてしまいがち。そうやって月日が経ち、気がついたら何年も経ってしまった、なんてことも同棲カップルからよく聞く話です。

家が見つかるか不安

同棲解除、となったらまっさきに心配なのがこちらですよね。今住んでいる場所よりも条件が良い、もしくは同じくらいの条件で住める家が見つかるか不安……。う〜ん、分かるなぁ。そうですよね、そこは不安。

引っ越ししたら環境も変わりますからね、恋人を失った事実を受け止めなければいけないということに加えて、新しい環境にも慣れなくちゃいけないってなると二倍に大変。

しかしまぁ、ここは逆手にとって「第二の人生をスタートさせる!」ってくらい前向きに考えた方が良いのかも。同棲しているカップルが愛が冷めてもなかなか別れを切り出せない理由

金銭面的な不安

住む家が見つかるかどうかということも不安要因の一つですが、なにより金銭面的な不安も同棲カップルがなかなか別れられない理由の一つ。

同棲しているとだいたいのカップルがほぼ折半でやりくりしていると思います。一人だと高い家賃や光熱費も二人で割ると安くなったり。

ちょっとした雑貨や冷蔵庫の中の食料品なども折半となればだいぶ負担は減ります。それが一人になったら……? そう考えるとなかなか別れを切り出すことができない気持ちは分かります。同棲しているカップルが愛が冷めてもなかなか別れを切り出せない理由

生活水準を落としたくない

一人の生活においての金銭面的な不安が、カツカツの節約生活を生み出すことは想像できます。そうなった時に、今よりも生活水準を下げなければいけないとしたら? 今よりも質素な生活になってしまったとしたら? 一人になった上に生活も寂しくなれば、心が病んでしまうんじゃないかと不安になってしまう同棲カップルは少なくないでしょう。

「部屋の広さが狭くなるのが寂しくて嫌だ」と考える人もいるようです。そうですよね、ここは悩みどころ。ちなみに、長年同棲していたカップルが別れた後、同性とルームシェアしたり、ルームシェア物件に住む人も。

同棲って色々と面倒なところもあるけれど、精神面や金銭面ではだいぶ助かっている面もあるんですね。

情が移って切り出せない

長く付き合えば、異性としての意識が薄れてしまったとしても情は深くなります。ましてや長年同じ屋根の下で住んでいたならばなおさら。

それが理由で、とっくに恋愛感情は冷めてしまった後もなかなか別れを切り出せないカップルは多いみたいです。もう家族みたいになってしまうんですよね。

もし年齢がある程度良い年齢なのであれば、それはそれで家族になれば良いのでは? 結婚ってそう言うものだと思うし、と思うのですが。

そういうカップルにかぎって、別れも結婚も、どちらも踏み出せないんですよね。それにしても、恋愛感情がなくなった後でも家族みたいな思いがある、って素敵なことだと筆者は思います。同棲しているカップルが愛が冷めてもなかなか別れを切り出せない理由

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?

同棲しているカップルが愛が冷めてもなかなか別れを切り出せない理由。もし別れる気があるならば、スパッとけりをつけないと永遠にダラダラと続いてしまいそうですよね。

もし、情が湧いて別れるべきか悩んでいる場合は、いっそのこと関係をもう一段階ステップアップさせてみるのも方法かな、と思います。参考までに。

 

ヒナタの他の記事を読む

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…