男性に嫌われちゃう!? 「空気が読めない女性」にならないために

空気が読めない人は一緒にいると場のムードが盛り下がって、テンションもだだ下がり。なるべく関わりたくないと思ってしまうものですが……自分でも気づかないうちに空気が読めない言動を示していることもあります。

友人や同僚はもちろん、気になる男性に嫌われないためにも、「空気が読めない女性」にならない策を練っておきましょう!

「空気が読めない女性」は自分のことしか考えてない

空気が読めないとはつまり、周りが見えていないからこそ起きる現象です。協調性がなく、他人の話に興味がなくて、人の気持ちを汲むこともできていない。そんな人が「空気読めない人」と思われてしまいます。

では、どんなタイプが該当するのかというと……

・自己中心的な人

・余裕がない人

・何かに心を奪われている人

こんな人たちが周りから冷たい目を向けられているはず。

1.自己中心的な人

自分のことばかり考えて周りに気が配れない女性は、どんな話題も自分の話として持っていき、注目を浴びたいと考えています。見栄を張ったり、上から目線の言い方をしたり、あからさまにマウンティングしたりと、鼻につく言動を示すでしょう。

とにかく自尊心を満たしたいので「一番になること」が最優先で、そんな言動を見せられる他人の気持ちが理解できません。

……この人、空気読めてない。とドン引きされていることに気づけず、自分が常に話題の中心になっていると信じているのです。

またこのタイプはそもそもが空気読めない性格をしていますので、改善はなかなか難しいですし、第三者に「何がどんな風に空気読めていないか?」を教えてもらう必要があります。腹を割って話せる親友が一人もいないという女性は、周囲から「空気が読めない」と敬遠されている可能性があるので、要注意です!

男性に嫌われちゃう!? 「空気が読めない女性」にならないために

2.余裕がない人

仕事が忙しくて他人に気を遣っている余裕がない時、人は場の空気が読めなくなります。みんながにこやかに談笑しているのに、疲労から仏頂面をして愚痴を言ったり、他人を批判したりするのです。

ただ、このタイプは多忙さに開放されて疲れが取れれば、心にも余裕が戻って周囲を気遣ってあげることができるはず。一時的に空気が読めなくなっているので、イライラしている時や、気分が落ち込んでいる時は露骨な本音の暴露はしないほうが良いでしょう。

いつもの自分を取り戻すまでは楽しげな飲み会やイベントごとなど、人が集まる場にはあまり行かないほうが良いかもしれません。

男性に嫌われちゃう!? 「空気が読めない女性」にならないために

3.何かに心を奪われている人

分かりやすいところで言うと、片思いをしている時はその人のことで頭がいっぱいで場の空気が読めなくなります。好きな人も同席する飲み会などでは、自分を良く思ってもらいたくて過剰にでしゃばったり、あるいは必要ないほど自虐的になったりするかもしれません。

また大きな悲しみや失望、不安に心が支配されている時も、周りの人のテンションに合わせて話すことが困難になります。ギョッとするような辛辣な言葉や、脈絡のない悲観的なセリフを呟いて、場を白けさせてしまうはず。

こういう場合、飲食をするシチュエーションではお酒を飲まないことです。ただでさえ理性が効かなくなっているので、アルコールが入ることで感情が暴走する可能性があります。気心の知れた友人に事情を話して、精神を安定させるような存在にそばにいてもらうと良いかもしれません。男性に嫌われちゃう!? 「空気が読めない女性」にならないために

まとめ

2番や3番のようなタイプはそもそもの性格ではなく、一時的な状況が作り出す空気の読めなさなので、精神が揺さぶられる時ほど多くの人との接触は控えた方が良さそうです。

どうしても付き合いから飲み会やイベントに出席しなければならない時も、アルコールは飲まずに理性を保っていられるようにしましょう。

そうすれば不要に場の空気を乱すこともなく、「あの人、空気読めない」と呆れられることもないはずです。

沙木貴咲の他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…