「人間的魅力」を高める本当の自分磨きとは?

女性の多くは「自分磨き」が好きです。ヘアメイク、ファッションに関することはもちろん、魅力アップのためなら習い事をしたり、勉強をしたりすることも楽しく感じるはず。

でも身綺麗に整えたり知識や技術をつけたりすることが、本当の自分磨きになるんでしょうか?

誰からも好かれるようになる

筆者はかつての上司から「一緒に仕事したいと求められるほどの魅力ある人間になれ」と教わりました。それはビジネススキルの高さや知識の豊富さだけを言うのではなく、一人の人間として好感が持てるかどうかという意味。

上司はむしろ、後者を重視してビジネスパートナーを決めていたのです。なぜなら真剣勝負で何が起こるか分からない案件ほど、信頼できる“面白いヤツ”と手を組みたいから。

信用できることは当然ながら、協調はしつつも妥協はせず独自の個性や価値観が際立っている人が、人間的に面白くて魅力が高いというのです。

またそれは誰からも好かれる魅力に繋がります。一緒に仕事をしたいと求められるだけでなく、たくさんの人の好感度が高くなることが真の自分磨きだといえるでしょう。
「人間的魅力」を高める本当の自分磨きとは?

みんなに好かれる人の特徴

では、人間的魅力が高い“みんなから好かれる人”の特徴はというと……

 

・思いやりがある

・素直で正直者

・自分と他人の境界線がしっかりしていて、依存も排除もしない

・感情のコントロールが上手

 

なかでも「素直で正直」という点は大事だと思います。

ある程度の年齢になると、知らないことも知ったかぶりしたり、自分より年齢や職位が低い人を下に見たりするものですが、みんなに好かれる人間的魅力の高い人は素直に「知らない」を言えて、上手に質問することができます。

知らないことを恥じることこそ、みっともないことなのです。
「人間的魅力」を高める本当の自分磨きとは?

思いやりはあるけど「他人は他人」

好感度の高い人は基本的に優しいですが、「自分は自分。他人は他人」とキチンとした線引きがなされていて常に適度な距離が保たれています。どんなに仲が良くてもベッタリと依存することはなく、個人的な好き嫌いを言動に表すこともしません。それは揺るぎない自分というものがしっかりと出来上がっていて、余裕があるからです。

マウンティングにも興味がなく、人間関係を「上」か「下」かでは判断しません。とてもシンプルに他者を尊重し、対等に向き合おうとするでしょう。

どうやって人間的魅力を高めるか?

では、どうすればこれまで述べた人間的魅力が身に付くのでしょうか?

……それは、多くの人と接する中で備わります。

様々な価値観や思考、性格の人とふれ合い、時に不愉快な気持ちになりながらも、「こういう人もいるんだな」と上手にスルーしていくことが人間的魅力の向上につながります。

人間としての魅力を高めるには、やはり人との関係性で学ぶのが一番。

自己啓発本やセミナーは多数ありますが、お金を払ってそれらに学びを求めるのではなく、普段の生活の中で苦手なタイプや年長者に対しても積極的な態度を取るようにしましょう。

生の現場に勝るものはありません。
「人間的魅力」を高める本当の自分磨きとは?

最後に

女性としての美しさやかわいらしさを追求することはモテに繋がりますが、たぶんそれだけでは足りないのです。

一人の人間としても魅力的だということが、恋愛や結婚をスムーズに進める重要なきっかけになります。

そのあたりを意識しながら、日常における人間関係を見つめ直すと意外な発見がいくつもあるはずですよ。

沙木貴咲の他の記事を読む


この記事どうだった?

8いいね!

4うーん…