合コンにも最適! 連絡先を教えたくない相手に上手く断る方法6つ【後編】

前回(http://woman.excite.co.jp/article/love/rid_E1407886664146/)に引き続き、今回も合コンで「アドレス教えて」と言われたときに上手くかわす方法を紹介していきましょう。


■1.アドレス変更を理由にする
アドレスを変更したことを伝えるのは、誰でも大変な作業になるはず。1人1人に「メアド変更したから登録してねー」とメールを送るのはかなりの手間がかかります。

それを活かして、「最近迷惑メールが多いから、アドレス変更しようと思ってるんだよね。メアド変えてからまた教えるよ」と伝えれば、それ以上しつこく聞いてくることはありません。相手の連絡先だけ受け取って、後は音沙汰なしという方法です。

■2.メールが苦手とアピールする
男性にもメールが苦手な人がいるように、女性でもメールが面倒だと感じている人は意外と少なくないものです。「私、メールとかLINEとかほとんど使わないんだよね。」とサラリと述べておけば、相手もしぶしぶ納得してくれるはずです。

ただ、「メールが苦手なんなら、電話ならいいよね?」とぐいぐい追い込んでくるケースもあるので、そのときには何らかの対応が必要になるかもしれません。

きっぱりと断る勇気がないなら、前編で紹介したように「今度会えたらね」などのフレーズを用意しておいた方が良いでしょう。

■3.PCのフリーメールアドレスを教える
どうしても食い下がってくるような肉食系な男性だった場合、その根気に負けてしまい、連絡先を教えることになってしまったということもあるかもしれません。

携帯のアドレスは教えたくないと思うなら、パソコン用に使っているアドレスを教えるのも1つの手だと思います。

無料で利用できるフリーメールアドレスを提供しているところもたくさんあるので、捨てアドとして1つ持っておくと便利でしょう。大切な人や友達、職場の仲間は携帯に、合コンで知り合ったような軽い付き合いの相手ならフリーアドレスに、というように使い分けておくのです。

アドレスを交換して、相手からメールがあっても「すいません! 今気づきました」などという対応を繰り返していれば、いずれは諦めてくれるはず。その場を気まずい雰囲気にさせることがないので、楽しい合コンになると思います。

いかがでしたか? 合コンでお互いの連絡先を交換することは多々あると思いますが、「味のない男性にまでアドレスを教えたくない」という人は、ぜひ6つの方法を参考にしてみてくださいね!
(RUREI)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…