コスパ良しな婚活「ゴルフ合コン」でモテ女子になる3つの法則

 婚活レッスンの定番としてトップクラスの人気を誇る「ゴルフ合コン」。ところが、実際は「ゴルコンには興味があるけれど、コースを回るほどの腕はないしと、今まで積極的になれなかった女子の声もチラホラ聞こえてきます。

 そこで今回は、一度もクラブに触ったことがない、まったくの初心者でも興味と勇気さえあればOKという「婚活ゴルフ練習会」に潜入しました。実際にどんなことがおこなわれるのか、婚活ゴルフでモテる「3つの法則」とともにご紹介しましょう。

■10名もの男子とアドレス交換ができる婚活ゴルフ

 最初にくじ引きで男女のペアを決め、カップルでゴルフの練習をするという婚活ゴルフは、いきなりゴルコンデビューは難しいというゴルフ経験の浅い人にもおすすめ。誰でも気軽に参加できて、お祭感覚でワイワイ楽しめるイベントです。練習会で気が合えば、「じゃ、次は一緒に回りましょ」という流れもつくりやすいようで、当日の参加者の数は事前抽選のうえ選ばれた22~49歳の独身の男女、合わせて160名という大盛況っぷりです。

 通常のコースを回るゴルコンと異なるのは、出会う男子の人数が圧倒的に多いこと。たとえば、この日のイベントは、1つのブースに男女のカップルが2組ずつ入り、4人でひとつのチームとなって練習をします。つまり、この時点で2名の男子と出会えるわけですが、練習は20分で1セットが5回おこなわれるので、練習会が終了するまでに、なんと都合10名ものシングルの男子と知り合いになれる計算です。

■聞きづらい家族構成や年収も確認できる

 さらに画期的なのは、知り合った10名とプロフィールカードの交換ができる点。プロフィールカードには、年齢はもちろん、家族構成や年収、車の車種にいたるまで細かい記入欄が設けられていて、「知りたいけれど、ストレートには聞けないなー」というデリケートな部分がさりげなく判明するシステムは、本気の結婚へとつながります。

 その証拠に、この日は前回の婚活ゴルフ練習会がきっかけで「カップル誕生→結婚→現在妊娠中」という、トントン拍子の幸せを見事につかんだご夫婦がゲストとして登場する場面も! 「同じ趣味が前提で知り合うので、まとまるときは早いんです」と参加者も語るように、やはりゴルフは婚活度の高いスポーツといえそうです。

■婚活ゴルフ練習会の男女の会話を再現

 ところで、それぞれのブースでは、練習中にどのような会話がなされているのでしょう? あっちこっちで聞き耳を立てた結果、定番の会話のはじまりパターンはこんな感じ。

男性:どのくらい、やってるんですか?
女性:まだはじめたばかりで。とりあえず100をきるのが目標です
男性:最初はボクもそうでしたよ
女性:ホントですか? じゃ、うまくなるコツを教えてください!

 で、おそらくココからがカップルになるか、単なる練習会で終わるか、運命の別れ道のようです。

 練習会として充実度が高いのは、女子の「教えてください」の言葉を真に受けて、真剣にレッスンをはじめてくれちゃうタイプがお相手の場合。もちろん、フォームのクセなどを客観的にアドバイスしてくれます。丁寧で優しい指導をする男子は、一見、頼もしく見えるものの、練習することに熱が入りすぎて肝心の恋愛方面のスコアは伸びない傾向に。マジメで優しい性格であるほど、うっかり婚活を忘れてゴルフの練習に特化してしまうことが多いようです。

 逆にいえば、相手が好みでなかった場合には、「コースに出るとうまく当たらないのは、どうしてでしょう?」などと、次々と具体的な質問を投げかけて、技術向上に専念するのもアリかもしれません。

■カップル成立になり易い会話の進め方

 カップル成立度が高いのは、男女ともに「ほめ上手」なことと、「ゴルフ以外のトークで和む時間をつくれるか」ということが重要なポイントのようです。極端な話、ゴルフを本気で教わりたいならスクールに行けばコト足ります。でも、ゴルフの腕を磨きつつステキな彼もできたらいいな、と思っている場合には、練習中もパーソナルな会話を心がけるのが効果的でしょう。

 「どこに住んでいますか?」からはじまって、「そこって、おいしいパン屋がありますよね」というように、ゴルフとまったく関係ない会話をしているカップルは、なぜかとってもいい雰囲気! ふたりの雰囲気がいいと、多少の凡打でも「全然オッケーでしょ」とほめてもらえるので、さらに和やかなムードになる、という楽しい連鎖反応が起こるというわけなんですね。

■婚活ゴルフでモテ女子になるための「3つの法則」

 さて、最後に今回のレッスンで明らかになった、婚活ゴルフでモテ女子になるための3つの法則をまとめてみることにします。

□その1.「ゴルフトークをしすぎないこと」

 トーク全体を10とすると、ゴルフのこととプライベートなことの割合は3:7を目標に。ゴルフの話題は足りないくらいでちょうどいいんです!

□その2.「とはいえ、ゴルフが好きという姿勢は見せること」

 明らかにオトコ目当てで参加すると、男子はおおむね怖がります。前提として「ゴルフを上手になりたい」と思う気持ちを見せてこそ、男子は女子を応援したくなるものです

□その3.「ヘタでも、ふてくされないこと」

 婚活ゴルフに技術は関係なし! ヘタでも楽しそうにしていることが好感度を上げるポイント。「どうせヘタだし……」と、ふてくされてしまっては、相手もフォローできません!

※今回取材したイベント

ロッテ葛西ゴルフ「婚活ゴルフ練習会」
参加費:男性7000円、女性5000円(打席料、練習ボール代込み)
参加資格:22~49歳の彼氏、彼女のいない独身男女
参加人数:男女各100名

【婚活・お見合いガイド:山口 佐知子】


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…