干渉は破滅への第一歩……無意識干渉にご用心!

干渉……筆者愛用の国語辞典によると、「立ち入ってその物事に関係すること」「口出しや手出しをすること」「音や光の波がたがいに重なり合う現象」とのこと。

3つ目は物理視点での意味合いでしょうから、この記事では割愛しますね。この記事で着目したいのは1つ目と2つ目。恋愛における干渉について考えていきましょう。

干渉=お母ちゃんキャラのイメージ

結論から先に書きますね。恋愛における干渉は吉と出るか、凶と出るか……?

答えは後者のほう。恋愛においての干渉は百害あって一利なしです。なぜでしょう? それは、干渉するという行為が、あなたを「お母ちゃん」に見せてしまうからです。

干渉されると、人は「いちいちうるさいなぁ」と思います。いちいちうるさい存在といえば……そう、お母ちゃんです。

小学生時代の、「靴は揃えたの?」「手洗いうがいは?」「宿題やったの?」など様々な干渉がフラッシュバックされ、「お前は俺のお母ちゃんか!」という気分になってしまうというわけ。

お母ちゃんキャラの女性を、恋愛対象として見ろだなんて無理な話です。以上を踏まえ、干渉は絶対にやめましょう。

干渉は破滅への第一歩……無意識干渉にご用心!

女性あるある「健康面への干渉」

「干渉は絶対にやめよう」と思っていても、つい気付かぬうちに干渉していることもあります。女性が男性に対してやりがちなのが、健康面に関する干渉です。具体例を挙げましょう。

SNSでちょくちょく見かけるのですが、飲み会の様子をアップしている男性に対して、「飲み過ぎ注意だよ」とコメントしている女性。う、うざい……。

女性側は、「身体を気遣う優しい女性」をアピールしているつもりなのでしょうが、全くの逆効果です。男性側としては、せっかくの楽しい飲み会に、水を差された気分でしょう。

毎日続くヘルシー料理にゲンナリ

同棲後は、ヘルシー過ぎる手料理・手弁当にもご注意を。同棲前、たまに振る舞う手料理がオーガニックなぶんにはさほど問題はないです。「女性の手料理ってカンジだなぁ」程度の感覚でしょう。しかしヘルシー志向が、毎日続くとなると話は別。

知人女性の実話なのですが、同棲初期の頃、ヘルシー献立にこだわり過ぎたところ、ある日突然カレが、「ぬおぉー、添加物食いてー!」と叫んだそうです。男性の友人からも、同棲中のカノジョが持たせてくれる弁当が、美味しいのだけれども量が少な過ぎるという悲鳴があがっております。

干渉は破滅への第一歩……無意識干渉にご用心!

愛煙家男性にとってタバコへの干渉はキツい!

もっとツッコんだ部分に触れるなら、タバコに関する干渉も然り。賛否両論あるのは承知のうえで持論を述べますが、愛煙家にとって禁煙を提案するのは野暮というもの。

筆者自身、タバコは吸いませんが(筆者が吸うのはチ○コだけです)、愛煙家男性に対して、禁煙を薦めたことは1度もございません。むしろ、「私自身がタバコを吸わないから、タバコを吸う人がカッコ良く見えちゃう」と、ヨイショしています。ご参考までに。

干渉は破滅への第一歩……無意識干渉にご用心!

女性あるある「カレが1番お金をかけているものへの干渉」

健康面に関する干渉に次いで多いのが、お金の遣い方に関する干渉です。男性がお金をかけているものに関する干渉は、破局を招きます。あなたにとってどれだけ馬鹿らしかろうとも、男性にとっては宝物なのです。

そういえばついさっきテレビで、夫がコレクションしている100枚以上のレコードを処分してほしいという妻が登場していました。妻にとっては、デジタルで幾らでも音楽が楽しめるこのご時世、レコードを所有する意味がわからないのでしょう。でも、夫にとってレコードは宝物なのです。

レコード以外も然り! ゴルフだろうとバイクだろうとクルマだろうとプラモデルだろうと、カレがお金をかけているものを尊重しましょう。こんなふうに考えると腑に落ちますよ。「美容液に1万もかけるだなんて!」と干渉されたら嫌ですよね。お互い様ってことで。

菊池美佳子の他の記事を読む


この記事どうだった?

5いいね!

1うーん…