【トイアンナ】30歳を超えてわかった「若い女」として履かされていた下駄

こんにちは、トイアンナです。私事ですが、先日30歳となりました。「29歳も30歳も大して変わらんだろう」と思っていたのですが、意外や意外。30歳を区切りに、結構変わりました。

その中でも顕著だったのが「若い女」という下駄が外れたことです。

若い女として、特も苦労もしてきました

私にとって20代は「若い」に当てはまるのですが、当時は美味しい思いもさせていただきました。男女問わず先輩方におごっていただきましたし、仕事でミスをしても「あの子は若手だから」と許されていたと思います。

一方で、苦労も多くありました。深夜の帰り道、ナンパされるのは恐怖体験でした。夜に一人飲んでいるだけで「男を誘っている」と誤解され、まさかの店内で襲われかける惨事もありました。私が美人だったからではありません。周囲から話をきくと「それくらいある」と怖い話がポロポロ。

ハードワークな女性ほど男社会で生きているせいか「おっぱいを揉ませるくらいは普通」と、周囲も私も認知がゆがんでいくのを感じていました。

それが、30歳になったことで「若い女」に多い苦労は卒業できたのです。女扱いを受けなくていいことで、受ける苦労も減ったなあ……と、しみじみしています。
30歳を超えてわかった「若い女」として履かされていた下駄

30歳として若手へおごる喜びと、後輩を守る責務

一方で、これから30歳へ向かって成長していく後輩へ同じ思いをさせてはならぬ、という責任感も抱いています。私の世代が「おっぱいを揉ませるくらいで出世できるなら」と許容せざるを得なかったことは、決して引き継いではいけない慣習でしょう。

現在アラフォー、アラフィフの先輩がたはもっと厳しい男社会で、ガラスの天井を破り続けてくださったに違いありません。同じように30歳になったということは「守る側」に変わったとも感じています。
30歳を超えてわかった「若い女」として履かされていた下駄

ご飯をおごっていただけたことも「守られる」行為でした。これからは後輩へ「いいよいいよ」と言ってあげられる大人になりたい。そのためには、どうしても稼がねばなりません。言うて30歳、まだまだ生活が苦しい方も多いはず。そこで「どうやってお金を増やすか」を自分のためにも、後輩のためにも考えていきたいなと思います。

幸運なことに、まだ体は動く30歳。「若い女」の下駄なき素足で、堂々とまっすぐ歩く。立派なことを申し上げておりますが、ひとまずは「20代のようなムチャな飲み方をしない」くらいのささやかな目標で、新しい扉を開いていけたら嬉しいです。

トイアンナの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

1うーん…