【ラブホスタッフの上野さん】クリスマスを好きな彼と過ごしたい。今からどんなことをすればいいの?

【ご質問内容】

友達同士で遊んでいたときにとても気が使えて優しくしてくれた彼を好きになりました。

彼は今フリーで、3回一緒に飲みに行きました。

クリスマスを彼と過ごしたいと思っているのですが、彼の気持ちが読めません。

玉砕して友達同士気まずい思いをしたくありません。

彼とクリスマスを過ごすには私はどうアクションすべきでしょうか。教えてください。
(27歳/女性/ネイリスト)

「質問」or「愚痴」?

【回答】

ご質問誠に有難う御座います。

このご質問は体裁上「質問」という形になっておりますが、意味合いとしては「愚痴」であると考えなくてはなりません。もしも私が今回のご質問者様を口説くのであれば「そうだね、大変だね」と繰り返すでしょうが、今回はお悩み相談ですので口説くわけにもいきません。

それでは一体なぜ私は今回のご質問文を見て「愚痴だ」と判断したのか、ということについてお話をさせて頂ければと思います。

男性の情報がほぼ0

今回のご質問文は最後の「ネイリスト」まで含めると175文字御座いますが、その中で「男性の情報」として扱える部分は「彼は今フリーで」の7文字しか御座いません。

その割合はなんと3.9%。逆に言えば残りの96.1%はご自身の感情や気持ちについての内容です。

ようするにご質問者様は「自分の感情を聞いてほしい」だけなのです。それが悪いわけでは御座いませんが、このご質問文で「男性へのアクションを考えろ」と言われても正直困ってしまいます。
クリスマスを好きな彼と過ごしたい。今からどんなことをすればいいの?(ラブホスタッフの上野さん)

初回デート

もしもご質問者様が「デートに誘われたら行くけど、今の時点で付き合いたいとは思っていない」くらいの男性から、いきなり「クリスマスにデートしよう」と言われたら、ご質問者様はその誘いに乗るでしょうか?

クリスマスにデートをする、というのは色々な意味を含みます。少なくともクリスマスに男女が二人きりで会うということは特別な意味があり「友人同士」ということはありえません。

もしもこれまでの人生で「別に異性として意識していない人とクリスマスに二人きりで過ごしたことがあるよ」という方がいらっしゃるのであれば、それは勘違いで御座います。貴方様は「異性として意識していなかった」としても、相手の方が「異性として意識していたから」クリスマスに二人きりになったのでしょう。

初回のデートで「クリスマス」は重いのです。

初回のデートがクリスマスというのは「この誘いに乗るということは、付き合うということ」というニュアンスが必ず出てしまう。ですので「デートは別に構わないけど、付き合うかどうかは今の時点で考えていない」くらいの関係性ですと、クリスマスデートの誘い、というのはあまりにも重いのです。

たかだかデートの誘いが「付き合うかどうかの告白」になってしまうのです。

ですのでもしもご質問者様がクリスマスをその男性と過ごしたいのであれば、少なくともクリスマスの2週間前くらいまでに1度はデートをしておいた方が良いでしょう。

初回のデートがクリスマスというのは、成功率を著しく下げる悪手に他なりません。
クリスマスを好きな彼と過ごしたい。今からどんなことをすればいいの?(ラブホスタッフの上野さん)

リスク

さて、最後にご質問文の中で一番私が気になった箇所について回答をさせて頂きます。

私が一番気になった部分。それは「玉砕して友達同士気まずい思いをしたくありません。」で御座います。

確かにご質問者様のお気持ちは分かります。誰だって好きな人や友人と気まずくなりたくないのは当然でしょう。

ですが、もしもご質問者様が「絶対に気まずくならない方法」を知りたいのであれば、これは「無い」と断言させて頂きます。
クリスマスを好きな彼と過ごしたい。今からどんなことをすればいいの?(ラブホスタッフの上野さん)

世の中にはいくらでも「絶対」とか「100%」という言葉が御座いますが、この世界に「絶対」など存在しないのです。何かしらアクションをする以上、必ずそこにはリスクが御座います。

もちろんそのリスクを0に近づけることは重要ですが、決して0になることは御座いません。

何も行動をしない方というのはだいたいこのリスクについての考え方が間違っているのです。成功率が100%でなければ、リスクが0でなければ行動をしない。

それは絶対にあり得ません。リスクは必ず存在します。そのリスクを理解した上で挑戦をしなければ、決して何も得ることは出来ないでしょう。

さらに言えば「何もしない」という行為を選択することもまた、そこには必ずリスクが存在します。

失礼な話では御座いますがご質問者様の年齢は27歳。綺麗事しか言わない世論を無視すれば、ここからの3年で成功率はガクンと下がり続けることでしょう。極端な話、その男性が明日亡くなる可能性だって0では御座いません。

ラブホスタッフ 上野の他の記事を読む


この記事どうだった?

23いいね!

0うーん…