フリーターの彼と結婚する前に考えておきたいこと4つ!

――大好きな彼はフリーター。そろそろ結婚を考えたいけれど、このまま結婚しても本当に大丈夫なの?

そんなときに大切なのは、不安の正体と解消法をしっかり整理することです。

今回は、フリーターの彼との結婚にあたって、こんなはずじゃなかったと後悔する前に考えておくべき4つのポイントをご紹介します。

彼の年収を正確に把握する

彼がフリーターということで、1番不安に感じるのは経済面なのではないでしょうか?

結婚してひとつの家庭を築き、やがて子供が産まれ……ということを考えると、安定した収入が必要不可欠なのは言うまでもありません。とはいえ、やみくもに不安を募らせていても時間の無駄というものです。

まずは、彼の収入の現状を正しく理解することからはじめましょう。収入は、ボーナスの有無でも大きく変わってきますから、月々の収入ではなく、年収を基準に考えるようにしてください。

さらに、社会保険の加入状況を明らかにしておくことも大切です。(非正規社員とはいえ、社員と変わらない勤務状況があるならば、ほとんどの場合、厚生年金や健康保険、雇用保険に加入できます※適用事業所で勤務の場合)

たとえフリーターであったとしても、基本的な社会保険に加え、一般的な会社員と変わらない年収があるのなら、経済面についてそれほど不安に思う必要はないでしょう。あなた自身にも一定の収入があるのならなおさらです。

フリーターの彼と結婚する前に考えておきたいこと4つ!

彼の今後の展望と本音を知る

フリーターの彼との結婚後の生活について散々思い悩んでいたら、実は彼はすでに就職を考えていた……なんてことも無きにしも非ずです。彼の心のうちを、前もって聞き出しておく必要があるでしょう。

――フリーターの彼に、これからどうするのなんて責めてるみたいで聞きにくい……。

彼を思いやるからこそ踏み込みにくい部分ではありますが、結婚を考えるのであれば、お互いの今後の展望と本音についての話し合いを避けて通ることはできません。

彼がこのままフリーターとして生計を立てていくつもりなのか、どんな環境やサポートが必要なのか……できるだけ早い段階で明確にしておきましょう。

フリーターの彼と結婚する前に考えておきたいこと4つ!

周囲への根回しをする

最近は、正社員にとらわれず、自由で個性的な働き方が広く認知されてきています。

とはいうものの、やはり“正社員として勤めていてこそ一人前”という考え方をもつ人が多く存在することもまた事実。特に、年代が上になるほどそうした考え方が浸透しているため、フリーターの彼との結婚には親や親族の同意を得られないという可能性も否定できません。

そうした事態を防ぐために大切なのが、時間をかけた根回しです。ここで、具体的に結婚話が出る前に、両親との会話の中でさり気なく伝えておくべき点をあげてみましょう。

・彼がフリーターであること
・仕事には真剣に取り組んでいること
・収入は安定していて将来の見通しも立っていること
・人柄が良く、しっかりした人物であること

あなたを心から大切に思う両親が、どんな相手にならばあなたを託そうと思えるか……。それを考えた根回しを心がけましょう。

もしものときに、支えられる覚悟があるか自問する

人生には、いつなにが起こっても不思議ではありません。

非正規の労働者の立場は、残念ながら正社員にくらべ、はるかに不安定なものです。結婚当初は安定した生活ができてはいても、ある日突然仕事を失う可能性は決してゼロではありません。

そのタイミングが、あなたの妊娠中や産休中などに重なった場合、経済的になんらかのサポートを受けられる環境があるか。なにより、そんな切羽詰まった状況になったとき、力を合わせて苦境を乗り越えていこうと思えるかどうか……。

フリーターの彼と結婚を考えるとき、なにより大切なのは、あなたの“覚悟”と言えるでしょう。

フリーターの彼と結婚する前に考えておきたいこと4つ!

おわりに

いかがですか? 安定は、結婚を考えるにあたっての重要な要素ではありますが、それがすべてではありません。

ぜひ今回の記事を参考に、彼との幸せな未来を現実のものにしていってくださいね。

安藤うめの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…