指輪なしのプロポーズってアリ!? 実際に指輪なしでプロポーズした筆者がお答えします!

プロポーズの際、婚約指輪を差し出すのが当たり前と思っていませんか? むしろ演出次第でもっと劇的に、ロマンチックな演出ができます。

実際に筆者は指輪なしでプロポーズしました。ポイントは「指輪なし=宝石なしではない」ということです。

婚活指輪の相場は? そもそもみんなプロポーズ時に指輪を贈る?

婚約指輪の相場は「給料の3か月分」と言われていますが、それだと100万円くらいになってしまいます。しかし実際の相場は違います。
 
年齢が高くなるにつれて婚約指輪の価格も上がっていきますが、ゼクシィ結婚トレンド調査 2017によると婚約記念品が「あった」人は77%、その中で婚約記念品が「指輪(エンゲージリング)」のケースが88%、つまり「婚約(プロポーズ)時に指輪なしだった人」は100%-88%=12%ということが分かりました。
 
そして、婚約指輪の金額は婚約指輪にかかった金額を尋ねたところ、「30~40万円未満」が32%で最も高く、次いで「20~30万円未満」が16%、「10~20万円未満」と「40~50万円未満」がともに13%で続き、平均は37.9万円となった。 
 
というわけで、約35万円が平均になります。給料の1か月ちょっと、買えない額ではなさそうです。しかし、筆者はプロポーズ時には婚約指輪なしだったのです。
 
指輪なしのプロポーズってアリ!? 実際に指輪なしでプロポーズした筆者がお答えします!

筆者が指輪なしでプロポーズした経緯

相手への誠実さとしてあえて指輪を用意しない

一生の記念になるはずの婚約指輪ですが、筆者のダサいセンスでは彼女(現妻)の気に入るデザインは難しいと思いました。また、指輪のサイズを聞くのもマズイと思い(妻はあまり装飾品を着けないタイプ)、あえて指輪として用意しませんでした。
 
そう筆者は指輪ではなくダイヤの宝石を用意しました。
 
指輪なしのプロポーズってアリ!? 実際に指輪なしでプロポーズした筆者がお答えします!

ダイヤは鑑定書を必ず付ける

そしてダイヤには「鑑定書」を付けます。鑑定書がないと宝石を売る場合、金額が大幅に安くなるのですが、婚約指輪を売却される事態は終わりを意味するので、そういうことではなく彼女への誠意、誠実さとして、大手の鑑定書を付けます。
 
鑑定書はその辺の宝石店でも書いてもらえますが、ここは業界最大手に依頼します。鑑定には1か月以上かかるため、ダイヤの入手は事前によくスケジューリングしておくのが大切です。
 
最悪ダメになったとしても、宝石だけですから次の人用に使えます。指輪まで作ったらサイズが合わずに困ってしまいます。

指輪部分をオーダーメイド

プロポーズ時には「このダイヤで好きなデザイン、好きな地金で作ってください。一生のものなので」と付け加えました。あと、「僕のセンスがないので……」とも冗談っぽく。

この段階になると「ダイヤだけだからダメ」とか「指輪としてもらいたかった」とかはありません。婚約記念品を贈ること自体が大切な行動になります。

指輪なしのプロポーズってアリ!? 実際に指輪なしでプロポーズした筆者がお答えします!

女性が気に入るデザインを!

ダイヤを持った妻と私で、貴金属のリメイク店へ行き、好きなデザインを選んでもらいました。妻はとても喜んでくれまました。あの時の笑顔は一生忘れることがないでしょう。
 
センスがある男性ならばもちろん自分で選んでいただいて構いません。しかし、「マイナス点を避ける」という婚活の基本からするとリスクが減りますし、女性も男性からしっかりとプロポーズの証をもらいながら、自分が好きな指輪を手に入れることができますので、男女双方win-winだと思いますがいかがでしょうか?
 
指輪なしのプロポーズってアリ!? 実際に指輪なしでプロポーズした筆者がお答えします!

何も準備がないプロポーズはやはりダメ!

ゼクシィの調査では12%の人が「婚約指輪」を準備していないということでしたが、婚約記念品がなかった人に対してその理由を尋ねたところ、「お金がもったいないから」が32%で最も高く、 次いで「婚約指輪に意味を感じないから」「結納しなかったので必要なかった」「普段身につけるものではないから」がともに20%という結果でした。
 
平均30万円程度の品ですので、やはりリスク回避の意味でもしっかり渡した方が、女性も結婚について真剣に向き合ってくれるはずです。
 
たとえそれほど余裕がなくても、『(それほど高くない)宝石を渡す→リングの部分を女性が選ぶ』で十分思い出に残る儀式になるはずです。やり方次第で、結婚指輪なしのプロポーズも十分いける、ただし何らかの工夫は必要ということになります。

まとめ

指輪なしのプロポーズはアリですが、何も渡さなくていいというものではなく、サプライズ感があるような演出が必要です。

何も贈らないよりも贈った方が様々なマイナス面、リスクを減らすことができるのも事実です。無難に30万円前後の婚約指輪を贈るプロポーズも全然問題ないといえます。

 

≪参考元≫
ゼクシィ結婚トレンド調査 2017
http://bridal-souken.net/data/trend2017/XY_MT17_report_06shutoken.pdf

松田(松本)謙太郎の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…