【男性向け】結婚したい男になるためには? 具体的になにができる?

いくら婚活しても前に進めない、それは結婚したい男だと全く思われていないからなのかもしれません。

かつて本当にモテなかったダメ男である筆者が自身の体験と、そんな私と結婚してくれた妻からのアドバイスをもとに、結婚したい男がどういう人間なのか考えてみたいと思います。

初対面でネガティブな話題はNG!

かつての私もそうでしたが、初対面でネガティブなことを言う人は結婚したい男ではありません。

自虐的に「年収○○○万円しかなくて……」「スポーツはからっきしダメで」「彼女がいたことがなくて」、結婚するうえで相手に知らせておきたいことでもあり、また、家庭の事情などは知らせないといけないわけですが、初対面、あるいは最初期にはそうしたネガティブトークはNGです。

自分に自信がない人だと思われてしまい、結婚したい男とは思われなくなってしまいます。自慢しろということではなく、マイナス面ばかり言うと「この人、私のことを守ってくれるのか? メリットはあるのか?」と相手に思わせてしまうからです。

マイナストークをしないのと自慢をしないことの兼ね合いは難しいのですが、自分を卑下することは婚活にとってプラスにはなりません。

【男性向け】結婚したい男になるためには? 具体的になにができる?

金銭感覚アピールは上手にしましょう

年収が高い男と結婚したいというのは女の本心だと思いますが、アピールの仕方を間違えると結婚したい男にはなれません。

私の妻が過去に婚活で知り合った男の中に、品川区の20万円のマンションに住んでいた人がいたそうです。それだけ経済力があるというアピールだったのでしょうが、妻はその男からマイナスの印象しか得られませんでした。

「一人暮らしでこんな浪費しているのに、いざ結婚したらどれだけ散財してしまうのか?」
「家賃は月収の三分の一が相場と言われているけど、この人の収入そんなになかったし」
「必要ではないものにお金を無駄遣いする人で、結婚したい男とは到底思えない」 

これが妻の正直な気持ちだったそうです。結婚したい男とは違うみたいです。

年収が高いことは明らかにプラスですが、アピールの仕方が下手だとかえって失点につながってしまいます。

ちなみに妻の場合、男が完全奢りで高いお店というのも嫌だったそうです。人それぞれの価値観ですので、婚活に正解はないということですね。そして私を結婚したい男と思ってくれたのですから縁とは不思議なものです。

【男性向け】結婚したい男になるためには? 具体的になにができる?

100%確実な方法はなく経験を積むのみ

結婚したい男になるためには、とにかく婚活初期でのマイナスイメージを与えないことに尽きます。他のコラムでも述べていますが、婚活で重要なのは得点をすることではなく失点を避けることです。

先の妻の例でも分かるように100%確実な方法はありません。得点しようと思って高いお店に連れていったらマイナスに思われることもあります。

以前婚活パーティーで話した人、化粧品サロン勤務の人がいました。ここには男もやってくるのですが

「やはり身だしなみがきちんとしていて香水くらい付けてくる男の方がいいですよね?」

と聞くと

「気持ち悪い! そんな男がいた時点でNG。私が結婚したい男は無精ひげを生やしたワイルドな人。化粧品を使っていると分かったらその時点でお断り!」

という返事。人によって結婚したい男の基準は様々なんだな~と思いました。

【男性向け】結婚したい男になるためには? 具体的になにができる?

まとめ

というわけで、結婚したい男になるためには、慎重を期しながら失点を避けることになります。

どういう行動がマイナスになるかならないかは、やはり場数を踏んでいくしかなく、その中で自分の波長と合う人が見つかるのだと思います。

松田(松本)謙太郎の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…