生理前あるある? 体調や気持ちにこんな変化があれば要注意

生理前は頭痛や吐き気に悩まされたり、イライラしてしまったりと、変化に戸惑う人が少なくありません。

生理前のつらい症状から、特に悩まされている人の多いあるあるをまとめてみました。最後には、つらい生理前あるあるの対処法も解説します!

1:頭痛、吐き気、腹痛のコンボ

生理前の変化の中でも、特に困るのが体調の変化ですよね。頭痛、吐き気、腹痛と、どれか一つだけなら耐えられる人でも、すべてが一度に襲いかかる生理前のコンディションでは、日常生活もままならなくなるのではないでしょうか。

人によっては体調不良から、寝込んだまま起き上がれなくなってしまうこともあります。

さらに、生理が来ることで緩和されるのではなく、生理による貧血で体調が悪化するケースもあります。長引くと、一ヶ月のうち半分ほどは体調不良に悩まされている……という悲しい状態にもつながりかねません。

2:やろうと思っていたことが思うようにできない

体調だけでなく、精神面が不安定になるということも生理前あるあるの一つです。

例えば「明日はこれをやろう!」と決めていても、生理前のゆらぎによって当日に「やっぱりやめよう」とやる気がそがれてしまうことはめずらしくありません。

生理の影響で気持ちが下向きになってしまうことで、周りの人から「気分屋」「自分勝手」と思われてしまうのは悲しいものですよね。

周期が不安定な人の場合、突然やる気が失せてしまったり、気分が変わってしまったりすることに、自分自身が戸惑うことも多くなります。生理前あるある? 体調や気持ちにこんな変化があれば要注意

3:食欲のオバケ状態になる

普段、食が細い人も突然「食べたい」という欲求が強くなったり、四六時中何かを食べている状態になったりして、不思議に感じているうちに生理が来た……という経験がありませんか?

生理前は、食欲が爆発してしまう人がとても多いのです。人によって、甘いものが恋しくなったり、脂っこいジャンクフードが食べたくなったりすることも。

普段なら「太るから」と避けている食べ物が異常に恋しくなったなら、それは生理の影響かもしれません。

その結果「生理前は体重が大きく変わる」というあるあるにもつながります。生理前は、ダイエットフードやローカロリーメニューなど、つい食べすぎてしまっても安心できる食べ物を用意しておきましょう。

4:小さなことにもイライラを止められない

生理前は、イライラしやすくなります。普段なら笑って聞き流せる、周りの人のちょっとした言葉が気になったり、ケンカ腰に対応したりすることもあるかもしれません。

さらに、生理前の心情の変化は自覚的なことが多いのも厄介なポイントです。

「私はなんでこんなことでイライラしているんだろう?」と感じながら、イライラを止められないでいると、今度はイライラの矛先が自分自身へ向いてしまい悪循環に陥りやすくなります。

イライラが止められないときは、温かい飲み物をとりながら一息ついてみて。落ち着いたら、改めて周りの人へ「さっきはごめん」と伝えましょう。生理前あるある? 体調や気持ちにこんな変化があれば要注意

5:起き上がれないほど眠い

生理前は、プロゲステロンと呼ばれるホルモンの分泌が増えます。プロゲステロンは心身へ大きな影響を与え、その一つとして眠気やだるさを覚えやすくなることが挙げられます。

毎日、十分な睡眠時間をとっている人でも、生理前になると日中に激しい眠気に襲われてしまうことがあるでしょう。普段から睡眠時間が足りない人なら、朝、布団から起き上がることがままならなくなることもあります。

仕事中、眠気によって作業効率が悪くなってしまう場合は、眠気を覚まそうとするのではなく、素直に仮眠をとることで解決へ導きましょう。

生理前の苦痛を減らすためには?

今回ご紹介した症状や状態に「あるある!」と共感した人は、こうした症状を「仕方がないもの」と割り切っていませんか?

慣れてしまった体調不良や気分の変化も「月経前症候群」という症状ととらえてきちんと対策することで、解決へ導くことができます。PMS(Pre Menstrual Syndrome)とも呼ばれる諸症状は、産婦人科へ足を運び医師に相談することがおすすめです。

特に「日常生活に支障をきたすほどつらい」「起き上がれないほどの体調不良や眠気で生活がままならない」というときは、その旨を医師に伝えて緩和を目指しましょう。生理前あるある? 体調や気持ちにこんな変化があれば要注意

生理前も、いつもの私でいたい!

心身に色んな変化をもたらす生理に「嫌なもの」「つらいもの」というイメージを抱く人は少なくないですよね。

生理は生涯を通じて長く付き合っていくものだからこそ、今回のあるあるに共感したあなたは、ぜひこの機会に自分の身体や生活習慣と改めて向き合ってみてください。

ちありの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…