決め手は間接キス! 男性を一撃で落とすならさっさとこれをやれ!

いい年齢の大人なのに、恋愛方面はからっきし無垢なままの男女。最近多く見かけませんか?

チャンスがないのか、チャンスがあっても自分で動くことができない人が多いのか分かりませんけど、人生は何事も自分が動かないと始まらないことばかりですよね。

恋愛なんてせいぜい10代後半から、普通はアラフォーぐらいまでの間でしか楽しめないものです。時間にしてみると非常に少ない、貴重なものが、恋愛適齢期というわけですね。

できることならこの手のコラムを読み漁っている読者さんには、恋愛を存分に謳歌してもらいたいと思っているわけですが、今回はそのための必殺技でも一つ、伝授いたしましょう。

引っ込み思案でも無理してやれ! 男性は間接キスで落ちる

世間には多くの恋愛適齢期の男女がいるのに、そのうちの少なくない割合の数の人々が、特定のパートナーを持たないどころか、そもそもデートもろくにしていなかったり、異性に対しての免疫が年齢不相応なほどに培われていない場合があります。

こういう状況は、他人からすればどうでもいい話かもしれませんが、当事者たちとしては気が気ではないでしょう。口では「恋人は別にいらない」と強がっていても、本心からそう思っている人はそうそういないはずです。

でも、どういう手段で異性と仲良くすればいいのかがイマイチ分からないという人もいるわけなので、今回はもう、手っ取り早い方法を書いて記します。

それはズバリ、間接キス作戦です。もう切羽詰った人にはこれしかない!

なぜ間接キスなのか? この理由は非常に単純明快なもので、恋愛経験が豊富な男性でも、そうではない男性であっても、大抵の男性は女性との初めての間接キスには、大いにドキドキするからなのです。

だからこの習性を利用すれば、男性のハートや視線を自分に向けることなんて造作もなく簡単にこなせるというわけです。かなり直接的なアピール方法になり、効果も期待できるこの手段。

ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、「恥ずかしい恥ずかしい」といってるうちに恋愛適齢期が終わったら意味がありません。無理してでもやるべきです。決め手は間接キス! 男性を一撃で落とすならさっさとこれをやれ!

「間接キスはどうしかければいい?」重要なのは、押し切るパワー

間接キスそのものは一旦恋人同士になった男女であれば、特に意識することもなく、しょっちゅうやっているものです。

しかし、とにかく男性というものは、初めて目の前の女性との間接キスをするときというのは、特別にドキドキするものなんですよね。

何事も最初が肝心。なんなら自分から間接キスを仕掛けることで、相手のハートをわしづかみにすることが可能になるでしょう。決め手は間接キス! 男性を一撃で落とすならさっさとこれをやれ!で、具体的にその方法についてですが、やっぱりある程度自然にこなすのが理想的。たとえば飲み会で頼んだ飲み物を一口味わってから、「あ、これ美味しい」といい相手の注意を引きましょう。

その上で「一口飲んでみて」と言い切ってグラスを渡すのがかなり重要なポイントです。

「一口飲んでみる?」だと尋ねる形の発言なので「いや、いいよ」と言われてしまえば元も子もありません。しかし「一口飲んでみて」と言い切ってしまえば幾分相手も受け入れやすくなり、間接キスに持ち込む可能性が高まるわけです。

この方法ならよほど相手が臆病であるとか、女性に対して免疫がない極度の恥ずかしがり屋さんでもない限り、ほぼほぼイケます。お酒の席ならその成功率なんて、大概シラフのときより高いものですし。

だから必要なのは、このやり方を試す勇気! これだけです。むしろこれすらできないような方は、今後の恋愛適齢期においても素晴らしい出会いや展開なんて訪れないでしょう。決め手は間接キス! 男性を一撃で落とすならさっさとこれをやれ!

おわりに

人間、攻めるときはしっかりと攻めないといけない時期ってあるものです。

「彼氏が欲しい」「でもその作り方が分からない」「分かっても実行するのが恥ずかしい」

こういう思考回路はさっさと捨て去るべきもので、事実恋愛を楽しんでいる大勢の男女はこういう考え方はとっくのとうに捨てています。

いつまでも冒険する決心を固めないでいると、年齢的にも確実に恋愛するチャンスは遠のく一方です。しかも、たかが間接キスを相手にさせるというだけの、ただそれだけの試みなわけなので、これをいい大人が恥ずかしいと思う状況が、本来なら既に恥ずかしいことだと感じなくてはならないはずなのです。

恋愛なんてひたすら待っててチャンスが転がり込んでくるのは美人だけ! そして世間には美人はあまりに少ないのです。能動的に動かないまま、恋愛適齢期を終えてしまって婚活なんかに励んでも、あまり意味はありません。

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…