「30歳、処女」高齢処女が抱える人には言えない悩みごと……。

人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で話題になった高齢処女。明確な定義はありませんが、一般的には30歳が一つのボーダーラインとされることが多いみたい。

30歳になるまで処女を貫いてきた理由としては「女子校育ちで彼氏ができなかった」「なんとなく怖くてセックスのタイミングを逃してしまった」など、人それぞれ。

『30代・処女』の人にはなかなか言えない悩みごとを集めてみました。

男性に引かれそうで、打ち明けるのが怖い

「こんな年まで経験がない、処女だなんてカミングアウトしたら、男性に引かれてしまうのでは?」

初体験の年齢は人それぞれですが、「20代までには一通り済ませているだろう」というのが一般的なイメージとしてあります。だからこそ、30歳を境に高齢処女と呼ばれるわけですから。

20代までにエッチしたからといって偉いわけでも、すごいわけでもありません。30歳を過ぎてから、大好きな人と結ばれる人だっていくらでもいるわけですし、所詮は勝手なイメージにすぎないのですが……。

やっぱり30歳・処女の女性にとって「男性から変な目で見られるのでは?」というのは、大きな不安のタネになっているよう。

ちなみに男性側の意見としては、「ビックリするかもしれないけど、引いたりはしない」「他の男と比べられることがないので、むしろ嬉しい」という好意的な声も多く聞かれますよ。

経験の有無で態度を変えるような男性であれば、どのみち長くおつき合いしてくことはできないでしょう。だから、あまり気にしすぎないことが大事です。「30歳、経験なし」高齢処女が抱える人には言えない悩みごと……。

友人同士の話に入っていけない

下ネタで盛り上がるのは男性だけではありません。女の子同士だって、お酒が入れば(入らなくても?)エッチの話に花が咲くこともあります。

女の子の場合は、男性が好む「いわゆる下ネタ」というよりは、性に関する悩みだったり愚痴だったり……という内容が多い気はしますが。

何にせよ、経験がないとそういった話に入っていくことができません。せっかく女子会で盛り上がっていても、自分だけぽつんと蚊帳の外……みたいな寂しさを感じることがあるようです。「30歳、経験なし」高齢処女が抱える人には言えない悩みごと……。

経験豊富な女性から見下されているような、引け目を感じる

30歳で処女の人もいれば、20代前半にして経験豊富な人もいます。当然、経験豊富だから偉い、すごいという話ではありません。が、どうしても経験のない側が引け目を感じてしまう場合が多いんですね。

中には「えっ、先輩、まだ処女なんですか!?」なんて、相手を傷つける言葉を投げつけてくる女の子もいます。

本人に悪気がなくても、言われた側としては傷つきますし、見下されていると感じることもありますよね……。

そういったことが怖くて、ますます処女であることを隠してしまう。言えなくなって、苦しくなってしまうんです。「30歳、経験なし」高齢処女が抱える人には言えない悩みごと……。

おわりに

・男性に引かれてしまいそう

・女子会の話に混ざれない

・経験豊富な他の女子から見下されるようで怖い

30歳・処女の女性の抱える悩みには、こうしたものが挙げられます。

まわりがとっくに済ませていることなのに、自分はまだ。そう考えると、悲しくなったり焦ったりする気持ちはわかります。

でも、経験人数が多いからすごいとか、早いから偉いなんて話ではありません。自分で自分に呪いをかけずに、あまり気にしすぎないことも大切です。

同性でも異性でも、経験の有無で態度を変えるような人とは、「合わないんだ」と割り切りましょう。

合わない人の言葉に惑わされて「早く済ませなければ!」と焦るより、いつか出会う大切な人のために、自分を大事にしてくださいね。

七尾なおの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…