「いじられキャラ」モテ女子と非モテ女子の違い

いじられキャラの女子ってモテますよね。あれです、あれ! 小学校の男子が好きな女子にかまってもらいたくて、わざと意地悪するっていうのがありましたが、あれの大人バージョンですよ、まさに。

ただ、いじられキャラにも何通りかあって、いじられるだけいじられてモテない女子もいます。さて、いじられキャラのモテ女子と非モテ女子の違いをご紹介いたしましょう。

好きな女子にわざといじわるを言うパターン

「本当はその子のこと好きなのにわざといじわるを言っちゃうパターン」と、「別に好きじゃないけどいじってるパターン」の見分けかたは、周囲の反応を見ると良いかも。

ちなみに、女子が言う「絶対◯◯ちゃんのこと好きだからいじってるんだよ〜」っていうパターンは正直五分五分。なぜなら女子はわりとそう言う点においては適当だったりするからです(笑)

そうでもないと思っていても、「お世辞を言っておいた方が嫌われないし〜」とか、「そう言っとけば丸く収まる」とか、あるある(笑)

なので、女子の言う「絶対◯◯ちゃんのこと好きだからいじってるんだよ〜」は鵜呑みにしないようにしましょう。逆に、建前とか気にしなくて良い間柄の男友達が言う場合は信憑性ありそう。「いじられキャラ」モテ女子と非モテ女子の違い

天然系の子はいじられやすい

いじられやすい女子の特徴の第一位は、天然系。ボケボケしているから突っ込みたくなる。それで「優位に立っている俺が好き」っていう男子は多いと思います。

「女子よりも上にいたい」っていう。となると、女子は少し天然な方が「かわいいなぁ」と思われやすいですね。天然系の女子が男子にいじられているシーンはよく見ます。

また「隙がある」ということは、モテる女子の大切な条件の一つですが、天然系、ボケボケしている女子はこの条件にもばっちり当てはまります。ので、天然系でいじられ系の女子はモテ女子が多いですね。「いじられキャラ」モテ女子と非モテ女子の違い

妹的なキャラの女子もいじられやすい

天然系女子がいじられるのと同じくらいの確率で、妹キャラ的な女子もいじられやすい傾向があります。例えば初対面の人が多い飲み会の席で、緊張をほぐすべく自分の妹キャラ的な女子をいじるっていう。

でもこの関係、女子の方がわりと本気でその男子のこと好きな確率が高いといううわさも……。

最初はなんとも思ってなくても、いじられる確率が高い=特別扱いをしてもらっている、という風に感じてしまい、そこから意識し始めて、しまいには「好き」に発展するという。

モテと非モテの別れ道。いじられてからが違う

どんな理由であれ、いじられるということは、人として少なくとも好意を持ってもらっていることと理解していいと思います。それがたとえ恋愛であろうが、友情であろうが、一種の愛情表現だと思います。

そして一つ言えることは、いじられたあとの対応がモテと非モテを決める! モテ女子はいじったことを相手に考えさせるような態度をとります。

「あれ? 言ったらまずかったかな?」「傷ついたかな?」と少しだけ気にさせます。しかし、非モテ女子は、どんなに厳しめにいじられたとしても、どんなに傷ついたとしても、その場の空気を悪くしないためにとにかく盛り上げちゃいます。

顔では笑って心では泣く、っていう切ないパターン。どうなんでしょう。「さすがにいじりすぎでしょ、それは」ということがあったら、少しくらいは顔に出した方が良いかもしれませんね。気にさせるのもたまにはgood!「いじられキャラ」モテ女子と非モテ女子の違い

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?

いじられキャラのモテ女子と非モテ女子の違い。少なくともいじられるって言うことは、人として好意を持ってもらえていること。

そこから恋愛に発展していくためには、いじられ倒すのではなく、相手に「そのいじりどうなの?」って考えさせることもたまには必要。参考までに!

ヒナタの他の記事を読む


この記事どうだった?

5いいね!

0うーん…