女性が抱えるパートナーとの『性の悩み』

「パートナーとのセックスに大変満足している」、そう語る女性は意外と少ないです。

多かれ少なかれ、何かしらの「性の悩み」を持ってたりします。「エッチでイッたことがない」「挿入しても全然気持ちよくない」「彼がスグにイッてしまう」……

今回は、そんな女性が抱える「性の悩み」を紹介します。あなたも共感できる部分があるかもしれませんよ。

エッチな気分になれない

彼氏と会う度に、毎回セックスを求められる。「別にするのは嫌じゃないけど、正直エッチする気分じゃない。だけど、断ったら彼が可哀想」

こういう性の悩みを抱えている女性は案外多いみたいで、彼氏とあなたの“エッチへの温度差”に不満を感じていたりします。

別に、エッチな気分じゃなくてもできますけど……。そうなると作業感が強めの行為になるのでちっとも楽しめません。

会う度にセックスを求められることが分かっているので、「今日もか……」と内心ブルーな気持ちになってしまいます。

彼のほうも、こちらの気分を盛り上げるようにしてくれたら、そんな悩みなんて抱えないんですけどね。
女性が抱えるパートナーとの『性の悩み』

挿入されても気持ちよくない

女性の中には、挿入されても“まったく気持ちよくない”と感じる女性がいます。

もともとの性欲がなかったり、不感症気味の女性に多いですが、もう一つの理由として「彼への気持ちが離れている」ことがあったりします。

別の人を密かに好きになっていたり、彼への気持ちが冷めていたりすると、セックスでどんなに激しくされても気持ちよくありません。

女性がセックスで気持ちいいと感じるためには「気持ち」が大事。気持ちがなければそのセックスはただの作業。フィニッシュして「おつかれ」と言って、おしまいです。

でも、そんなことは彼に言えないし、別れるのもちょっと……。これも一種の性の悩みではないでしょうかね。
女性が抱えるパートナーとの『性の悩み』

彼のテクニック不足

セックス経験が不足している男のテクニックは単調になりがち。自分が気持ちよくなれる動きしかしないので、女性が気持ちいいかなんておかまいなし。

正常位のみで腰を振り続け、さっさと果ててしまう。

これだとセックスがマンネリ化してしまうし、女性のほうも性欲が満たされません。それが原因でほかの男に目移りしたり、走ってしまうことだってありますからね。

セックスが気持ちいいかどうかは、自分の気持ちも大事ですが、それと同じく男のテクニックも必要だったりします。
女性が抱えるパートナーとの『性の悩み』

彼への奉仕が苦痛

セックスでは前戯も必要で、挿入前には彼のペニスを舐めたりしてあげますよね? でも、この行為が苦痛に感じてしまう女性は結構多いんです。

やっぱりペニスって、おしっこが出るところですからね。それを口に入れたり舐めたりするのってなかなか慣れない女性が多いんです。

男の人って結構舐められるのが好きなことが多いので、セックスの前戯として求めてきます。

しかし、この行為が嫌いな女性にとっては、舐めることでさっきまであった性欲が失せてしまいます。

「別に舐めなくてもいいじゃん」そんな本音が言えず、仕方なく彼の要求を受け入れてしまう。

こうした性の悩みを抱えている女性は案外多いみたいですよ。

松嶋とるての他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…