好意の返報性を使って、気になる人から恋人に昇格しちゃおう♡

誰かに好意を抱かれている事を知ったら、その人の事がなんだか気になったり、ちょっと好意がある人だったら、好きになっちゃたりしませんか?

私はありますよ。単純だからかな?

みなさん、こんにちは。

cocoです。

でも、この誰かに好意を抱かれてるから、その人の事、気になっちゃたりするのは普通の事なのですよ。

好意の返報性を知って、あなたも、好きな人の恋人に昇格しちゃいませんか?

好意の返報性。一緒に勉強しましょう。

好意の返報性って何?

そもそも好意の返報性ってなんだろうと思いますよね。

好意の返報性とは恋愛心理学用語の1つになります。

 

・何か人から貰ったら返さなければ

特に日本人は律儀な文化を持っているので、こういう風に思っている人が大半なのではないでしょうか?

好意の返報性というのは、この人から何か与えて貰ったらそれに応え、お返しをするというモノを恋愛に応用したモノになります。

 

・人から好意を貰うと、好きな気持ちを返したくなる

つまり、誰かに愛されれば、その愛情を相手に返してあげたくなるという心理を、好意の返報性というのです。

よっぽど、自分が受け付けなかったり、変な人でなければ、誰かに好意を抱かれて嫌な気持ちになる事なんてありませんよね?

むしろ、嬉しいですよね。

この原理を大きく恋愛に利用しているのです。

好意の返報性を使って、気になる人から恋人に昇格しちゃおう♡

好意の返報性注意点

では、彼に好き好きアピールをしたら、彼が好きになってくれるのかというと、それとはまた話しが別になります。

好意の返報性を伝えると、ただ、好きアピールをすれば良いのかと思う人が出てしまいますが、一歩間違えば好意の返報性は、何もメリットをもたらさず、逆効果になってしまいます。

好意の返報性を使う際の注意点を確認しましょう。

告白とは違う

好意の返報性ならば、何度も告白していれば、好きになって貰えると、すっごいポジティブ思考で考えてしまう人がいますが、それは大きな間違いです。

 

・告白は、確信が出てから

告白する際は、男性も自分の事を好きなんだという、確信を持ってからにしましょう。

何度も何度も、告白をすれば、男性からしたらしつこいという感情で、嫌になってしまう一方です。

好意の返報性は何度も告白する、好きという感情を押し付けるとは違いますよ。

好意の返報性を使って、気になる人から恋人に昇格しちゃおう♡

良い印象を与えられている状態で行う

あなた自身も生理的に受け付けられない人から、好意を持たれても嬉しいとは思わないのではないでしょうか?

それどころか、気持ち悪いや、嫌だなという感情が芽生え、最終的にはストーカー呼ばわりしちゃいませんか?

それは女性だけでは無く、男性だって一緒ですよ。

 

・ストライクゾーンに入る

好意の返報性を使う前に、あなた自身が、ストライクゾーンに入っているかの確認を行わなければなりません。

生理的に受け付けられない様な状態や、ストライクゾーンに入っていない場合は、どんなに、好意の返報性だと、アピールしても、状況は悪化するだけです。

あなたが男性にとってどんな風に受け取られているのか、きちんと確認を行ってくださいね。

好意の返報性を使って、気になる人から恋人に昇格しちゃおう♡

好意の返報性の使い方

注意点を聞くと、どんな時に好意の返報性って、好きだというアピールをすれば良いのか分からなくなりますよね。

そんなに難しい事は無いのですが、きちんと状況を見定める必要があるのです。

状況を見る

あなた自身もだと思いますが、とても仕事が忙しい時や、体調が悪い時、何か気持ちが落ち込んでいる時に、その事以外を考えるのは難しいですよね。

気持ちに余裕が無いのですから。

 

・気持ちに余裕がある時を見計らう

それは男性だって一緒です。

男性の仕事の状況。

男性の精神状況や体調を伺って、ベストな状況を見付けましょう。

そのベストな状況の時に、さりげなく好きだな~というアピールをするのです。

笑顔を多く見せるだけでも、相手に存在感をアピールするだけでも、自分に気があるのかな? と男性は思います。

状況を判断出来る人は、恋愛を支配出来るのです。

好意の返報性を使って、気になる人から恋人に昇格しちゃおう♡

褒める

ストライクゾーンに入ってさえいなければ、好意の返報性を行っても逆効果だという事はご理解いただけましたよね。

では、ストライクゾーンに入る為に何を行えばいいのでしょうか?

 

・褒める

人は褒められると、受け入れられた、認められたと感じ、気持ちが良くなります。

いくら、嫌な人でも、褒めて受け入れてくれる事で、少しずつあなたに対しての嫌悪感が和らいでいきます。

それに、褒められる事によって、この人は自分を認めてくれる。

自分の事を見ててくれている、自分に好意があるのかな?

と知らず知らずに好意の返報性を行っている事にもなるのです。

嘘くさく無く、スマートに、男性の頑張っている部分、褒めてあげてくださいね。

他愛もない対話も大切

恋愛経験値が低い人は特に勘違いしてしまいがちなのですが、告白をして付き合って、対話をしてと、付き合ってから親密になる事が良いと思っている人も多い様ですが、実際は、多くを知らないと好きにもなれないのです。

高校生や中学生の時はそれで良かったかもしれませんが、大人になると違いますよね。

別に『恋人』というブランドが欲しい訳では無く、好きな人と一緒に過ごしたいんですよね?

 

・日々の対話の積み重ねが大切

・他愛もない言葉の中に好きは存在する

コミュニケーションを積み重ねる事によって、距離は縮まります。

それに、コミュニケーションを積み重ねる事によって、好きという感情が伝わりやすくなるのです。

つまり、自然と好意の返報性を行う事が出来ている事になるのです。

日々のコミュニケーションを大切に、愛を育んで行きましょう。

好意の返報性を使って、気になる人から恋人に昇格しちゃおう♡

まとめ

好意の返報性って、「好き好き」と想いを押し付けるだけでは無く、ゆっくりじっくり行わなければなりませんね。

実はとっても難しく、奥が深いですし、あなたの事を生理的に受け付けないと思っている様な男性には0からスタートさせなければならないので大変です。

でも、すでにあなたの事を気になっている男性だったら、好意の返報性を使えば、気になる女性から恋人に昇格出来るはずです。

上手に使って、恋人に昇格しちゃいましょうね♡

 

cocoの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…