見つめる心理に隠された思いとは? 男性が女性を見つめる心理7つと対処法

男性が女性を見つめる際にはいろいろな理由や心理があります。

その理由や心理の中には、好意が理由という場合もあります。

その男性が女性を見つめる際にはいろいろな理由や心理を把握できれば、その視線を活用して、恋愛を良い方向へ向けられる可能性もあります。

見つめる心理には隠された思いがある?

見つめる心理に隠された思いとは? 男性が女性を見つめる心理7つと対処法
何となく男性から見つめられているという経験をしたことがある女性は多くいます。

そのようなときに、なぜ男性から見つめられているのか理由がわからなくて不思議に思ってしまうこともあるでしょう。

しかし、男性が女性を見つめてくることには隠された心理が働いている場合があります。

その心理を把握しておくことで、見つめられている理由も把握することができます。

男性が女性を見つめる心理7つ

男性の中にはチラ見することが苦手という人がいて、気になるものに対して、ついつい見つめてしまうという人もいます。

また、気になって見つめてしまうときには、その気になってしまう理由がいろいろとあり、またそこにはいろいろな心理が働きます。

その理由や心理を把握することで、男性が女性を見つめたときの理由も把握することができるようになります。

心理1:好意がある

男性に限らず、女性でも気になる人がいれば、無意識にその好きな人を視線で追ってしまうことがあります。

しかし、男性の中には、チラ見することが苦手でついつい好きな人を見つめてしまうことがあります。

このようなタイプは好きな女性をよく見つめてしまうため、相手の女性とよく目が合ってしまいます。

そのため、不意に目が合ってしまうと、男性は即座に視線をそらしたりするでしょう。

心理2:話しかけたい・相談ごとがある

男性が女性を見つめる理由には用事があって話しかけられるタイミングを伺っている場合もあります。

用事があるならすぐに話しかければ良いと思う女性もいますが、忙しそうにしていたり、別の人と話していたりなどしていると、気を使って話しかけられないという男性もいます。

なかなか話しかけるタイミングが見つからないと、そのタイミングを見つけるために、ついつい見つめてしまうことになります。

心理3:友人や知人に似ている

知らない男性から見つめられた経験のある女性もいます。

その際には相手が知らない男性なので、少し警戒をしてしまうことでしょう。

ですが、知らない男性から見つめられているということは、その男性側が女性に対して、友人や知人に似ているなどの気になる点を持っている可能性があります。

友人や知人に似ていれば本人かどうかを確認するために、ついつい見つめてしまうこともあるでしょう。

心理4:こちらに気付いてほしい

男性が女性を見つめるときには、話しかけるタイミングを伺っている場合があります。

しかし、女性が男性に見つめられていることに気がつかず、女性の表情が見えなかったりすると、男性は話しかけて良いか判断に迷ってしまうこともあります。

そのような場合には、まず女性に自分が近くにいることに気がついて欲しいと思って、視線を送る場合もあります。

心理5:ど忘れ

人と会った際に、下の名前は覚えているが上の名前を思い出せない、以前に何かの約束をしていたなどのように、覚えておかないといけないことをど忘れしてしまうということもあります。

そのような場合に、本人が目の前にいると、そのど忘れしたことを思い出すために相手のことを見つめてヒントを探しているという場合もあります。

心理6:考えごとをしている

見つめる心理に隠された思いとは? 男性が女性を見つめる心理7つと対処法
考え事をすると、視線を遠くに向けたり、無意識に一点を見つめてしまっていたりなどしてしまうという人もいます。

このとき、たまたまその視線の先にいることで、自分が見つめられていると勘違いをしてしまう人もいます。

このような場合は、見つめられているかどうか確認するために、自然な流れで軽く移動してみると良いでしょう。

自分が見つめられていないのであれば視線で追いかけられることはないでしょう。

心理7:身なりに問題あり

男性から見つめられた際には、見つめているその女性は知人や友人などに似ているなどの何か気になる点があるという場合があります。

また、女性の方が派手なファッションをしていたり、どこかが汚れていたりなど、他人の注目を集めるような要素を持ってしまっている場合には、誰かから見つめられていても不思議なことではないでしょう。

自分を見つめる男性への対応4つ

男性が女性を見つめる際には、いろいろな理由や心理があります。

その理由や心理によって、見つめられている女性の対応が変わるでしょう。

特に、男性の好意の有無は、その後の恋愛の流れに関わる場合もあるので、もし男性側にも女性側にも好意があるならば、見つめられている女性側も慎重に対応することで、お互いの関係が上手くいくこともあるでしょう。

好意を抱いている場合

男性が女性側に好意を持っている場合、好きな女性を視線で追ってしまっていることもあります。

もし、このとき女性側も見つめてくる男性に対して好意を持っているのであれば、男性から見つめられていることに気がついたときに、その対応によって男性に対して好印象を与えることができたり、さりげなくアプローチを返すこともできるので、上手くお互いの視線を利用しましょう。

対応1:見つめ返す

男性が好きな女性を見つめていると、不意に視線が合ってしまうこともあります。

このとき、視線が合ってしまったからとすぐに視線をそらさずに、男性のことを見つめ返してみましょう。

女性側からも見つめ返すことで、同じようにその男性に対して好意があるという印象を与えられる可能性があります。

ただし、不意に視線が合うことで、男性側が視線を即座にそらしてしまうという場合もあります。

対応2:目が合った時に微笑み返す

男性が好意があることを理由に女性を見つめてきた場合、女性側も見つめ返すことで、相手の男性に対して好意があることを伝えられる可能性があります。

しかし、視線だけでは男性が女性にも好意があると確信が持てない場合もあります。

そのため、もっと確実に女性側の好意を伝えたいのであれば、目が合ったときに微笑み返してみましょう。

視線だけの場合よりも好意が伝わりやすく、好意が伝わらなくても印象が良くなります。

好意を抱いていない場合

見つめる心理に隠された思いとは? 男性が女性を見つめる心理7つと対処法
男性が好意を持って女性を見つめていても、その女性側には好意がないという場合もあります。

もし、男性側に好意があって、女性側に好意がないという場合には、見つめ返したり、微笑み返したりなどしてしまうと男性が勘違いをしてしまうこともあります。

そのため、女性側に好意がない場合には、見つめられたときの対処の仕方によって、さりげなく相手に対して好意がないことを伝えるようにしても良いでしょう。

対応3:目をそらす

男性が好意を持って見つめてきている際、不意に目が合ってしまった場合には、何か用事があったり、話すタイミングを探っているのではないかなどと考えて、見つめ返さないようにしましょう。

女性が男性を見つめ返すと男性が女性も好意を持っていると勘違いをしてしまう可能性があります。

そのため、不意に目が合ってしまった場合には、相手に興味がないことを示すためにも、すぐに視線を外すようにしましょう。

対応4:その場から離れる

視線が合ってしまったときに、すぐに目をそらすようにするだけでは女性側の意図は伝わりにくいです。

しかし、告白をされたわけではないので、男性に対して好意はないと直接言葉で伝えるのは不適切でしょう。

そのため、好意がないということを言葉を使わずに、わかりやすく伝えるためには、見つめられていると気がついたときには、すぐにその場から離れるようにしましょう。

迷惑と感じているような雰囲気を出せば男性も察知してくれるでしょう。

好意がある女性を見つめる男性の見つめ方3つ

男性が女性を見つめるときには、好意を持っている可能性があります。

しかし、好意以外にも単に話しかけるタイミングを探っていたり、女性の見た目で気になる点があったり、考え事をしているだけなどというパターンもあります。

好意を持たれていると勘違いをして、誤った対処をしてしまうと女性も恥ずかしい思いをしてしまうので、まずは見つめられている男性に好意の有無があるか判断をしないといけないでしょう。

1:離れた位置からでも目で追う

好きな人を視線で追う場合には、相手がどれだけ遠くにいても目で追ってしまいます。

そのため、遠くにいて、視線をこちらに向ける理由がないにも関わらず、明らかに視線がこちらに向いているという場合には好意がある可能性があります。

また、遠くにいる場合のように、わざわざ視線をこちらに向ける必要がないのに、目で追ってくる頻度が高いほど、好意がある可能性も高くなるでしょう。

2:見つめ方が優しい

話しかけるタイミングを探っていたり、ど忘れしたことを思い出すためのヒントを見つけようとしていたり、誰かに似ているなどの理由で男性が女性を見つめると、その表情は真顔であったり、焦っていたり、不自然であったりするでしょう。

しかし、その表情が優しい場合にはこれらが理由で女性のことを見つめているわけではないのでしょう。

そのため、好意があるという可能性はあります。

3:目が合うとそらす

好きな人が近くにいると無意識に目で追ってしまうこともあるでしょう。

そのため、女性と不意に目が合ってしまうこともあります。

また、男性は自分が女性に対して好意を持っていることを知られたくないと思っていたり、好きな人と視線が合うことが恥ずかしいと感じたりなどすることで、その合ってしまった視線を即座にそらしてしまうことがあります。

男性が女性を見つめる心理に気をつけよう

男性が女性を見つめる際にはいろいろな理由や心理があります。

その理由や心理の中には、好意が理由という場合もあります。

もし、男性側に好意があり、見つめられている女性側にも好意があるというのであれば、男性が女性を見つめる理由と心理を把握して、お互いの視線を上手く活用し、恋愛の流れを良い方向に向けていきましょう。

cocoの他の記事を読む


この記事どうだった?

5いいね!

1うーん…