成就しない恋に見切りをつける方法~不倫・セフレ・腐れ縁・二番目

そもそも、恋愛とは幸せになるためにするものなのですが、自ら不幸になる恋を選んでしまう人がいます。

不倫・セフレ・元彼との腐れ縁・二番目の彼女……彼氏はいても、寂しさや居心地の悪さが伴う恋愛は、やっぱり早めに見切りをつけるべきでしょう。

本当の意味で成就しない恋に見切りをつける時、どうすればいいのかを考えてみます。

なぜ「見切り」をつけなければならないのか?

不安定な恋に、なぜ見切りをつけなければいけないのか?

理由は、不倫であっても、セフレであっても、その恋が「本気」や「結婚」に昇格する可能性がとても低いからです。そして、本当に自分を愛してくれない人と一緒にいても不幸になるだけだから……。

今の中途半端な関係から力ずくで本命になるか、あるいは新しく本命彼氏を作るか、どちらかの道に進まないと幸せはいつまでも手に入りません。

そして、前者を望むより後者を選択した方が、より早く本当に幸せになれるのです。

「いずれ」ではなく、「今すぐ」成就しない恋に見切りをつけるべきでしょう!成就しない恋に見切りをつける方法~不倫・セフレ・腐れ縁・二番目

客観的に自分を見つめて

成就が見込めない恋をしているなら、まず自分を客観的に見つめてほしいと思います。視野を広げて冷静になり、自分自身を俯瞰して見るのです。

そうすれば、「私はなんてムダなことをしていたんだろう!」と気づくはず。……というか、気づくまで自分を外側から見ることをやめないでください。

筆者も過去に不倫の経験がありますが、愛・情・欲・嫉妬などの感情をすべてを手放せたなら、本当に目からウロコが落ちるように、キョトンとするんです。

正気を取り戻すといえばいいのか、「私は今まで、一体何をしていたんだろうか?」と自分を疑いたくなるほどスッキリして、成就しない恋には見向きもしなくなります。

Case1「不倫」:貯金と不倫相手、どっちが大事?

自分を客観視して正気に戻るために良いきっかけになるのは、「不倫は苦労して貯めた貯金を奪われるもの」だと知ること。

ご存じでしょうか? 不倫の結末として一番多いのは、実は「妻バレして慰謝料請求される」なのです。

障害があるつらい恋の当事者は自分と相手だけ……と思い込みやすいですが、相手の妻も当事者の一人であり、不倫は法的な制裁を受ける可能性がある行為です。成就しない恋に見切りをつける方法~不倫・セフレ・腐れ縁・二番目不倫の真っただ中にあるうちは、感情が高ぶって冷静になりづらく、現実を直視できません。でも、慰謝料として数百万円を取られ、彼も妻の管理下に置かれて連絡すら取れなくなると、ハッとせざるを得なくなるのです。

貯金を奪われた上に失恋する。踏んだり蹴ったりですが、そんな不倫の結末がとても多いという事実に気づいてください。あなたの彼は、妻が出てきた時点であなたのことを守ってはくれません。

その不倫、貯金を奪われるほどの価値がありますか?

Case2「セフレ・二番目の恋」:婚期を逃してもいいの?

セフレや二番目の恋は、お金は取られないとしても、時間が奪われてしまいます。真剣に付き合うつもりのない彼と一緒にいたために、婚期を逃すケースがとても多いんです。

また、自尊心が満たされない恋をしているとモチベーションが低くなり、後ろ向きな思考も多くなるでしょう。何事も、「どうせ……だって……」と諦めやすくなってしまいます。

恋愛が仕事や人間関係に影響しやすい女性ほど、セフレや二番目のオンナに甘んじるべきではありません。

気がついたらアラフォーで結婚の目途が立たず、周りはみんな幸せな奥さんやお母さんになっていて、自分だけ孤独……ということになる可能性もありますよ。

早めの判断と行動が、今後の人生の幸せ度を決定すると思ってください。成就しない恋に見切りをつける方法~不倫・セフレ・腐れ縁・二番目

さいごに

不安定な恋をする女性は、なんだかんだ言って「一人がイヤ」なのかもしれません。真剣に愛されることがないとわかっていても、彼氏すらいない状態になるのは怖い、という……。

あるいは、不倫やセフレを「本命彼氏ができるまでのツナギ」なんて言う割り切った女性もいますが、何にしても身辺整理をしないうちは、そもそも目ぼしい男性が現れないでしょう。

不倫でも、セフレでも、深い関係の男性がいるということ自体が問題なんですね。

ぎゅうぎゅうに詰まったクローゼットには新しい洋服が入れられないように、「空き」がなければ新しい彼氏もやってきません。オトコの影がちらつく女性にホイホイ近づいていく男性なんて、そうそういないものです。

見切りをつけるならできるだけ早いほうが良いですし、それが早ければ早いほど、本当の幸せを引き寄せやすくなるでしょう。

沙木貴咲の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…