振られた後の態度がその後の明暗を分ける! 正しい振舞い方とは?

好きな男性に告白して振られてしまうと、ショックで呆然としてしまいますよね。

しかし、1度振られたからといって、彼の恋人になれる可能性がゼロというわけではありません。その後の振舞い方によって、好感を持ってもらえたり、逆に嫌われてしまったりするので、あきらめずに努力してみましょう。

告白を受け止めてくれたことに感謝する

告白というのは、する側だけでなくされる側にとっても心理的負担の大きいものです。

両想いなら良いのですが、相手からの一方的な片想いの場合は、それを拒絶しなければならないので、優しい人ほど、振った後で罪悪感に苦しむことになります。ですから、まずは自分の想いをまっすぐに受け止め、誠実な対応をしてくれたことに感謝しましょう。

曖昧にごまかしてしまう人も多い中、きちんと意思表示をしてくれただけでも、やっぱり「好きになってよかった人」なのです。自分の男を見る目が正しかったということですね。

振られた後の態度がその後の明暗を分ける! 正しい振舞い方とは?

態度を変えない

告白して振られてしまうと、恥ずかしさや、ちょっと逆恨みしたくなる気持ちで感情が乱され、相手に嫌な態度をとってしまうことがあります。

気持ちは分かりますが、あなたの想いを受け止めるかどうかは彼自身が決めること。受け入れてくれなかったからといって、こちらが嫌な態度をとるのは非常に失礼です。

本当は顔を見るのも辛いでしょうが、彼に対しては今まで通りに振舞えるようにしましょう。

それに、男性は自分に好意を持っている女の子を意識してしまうものです。告白がゴールではなく、自分を知ってもらうためのきっかけ作りだと考えれば、振られたからといってそれで終わりじゃないと分かりますよね。

相手を振り向かせるためには、まず自分に興味を持ってもらわなければ話になりません。外見も中身も磨きに磨いて、次は彼のほうから告白させてしまいましょう!

振られたことを言いふらさない

女の子の中には、振られたことを悔しがって、いろんな人にそれを言いふらしてしまう子もいます。よほどひどい振られ方をしたならともかく、誠実に対応してくれた彼を貶めるようなことをするのは、いかがなものでしょうか。

うわさ話には必ず勝手な憶測で尾ひれが付くものなので、そんなつもりじゃなくても、彼を悪者にしてしまう可能性は十分にありますよ。

ごく親しい間柄の友人に愚痴を聞いてもらうぐらいなら良いですが、口の軽い信用できない人に話したり、不特定多数の人に打ち明けたりするのは絶対にやめましょう。

振られた後の態度がその後の明暗を分ける! 正しい振舞い方とは?

彼に避けられてしまった時はどうする?

告白をきっかけにもっと頑張りたいと思っても、残念ながら、自分が振った相手を露骨に避けてしまう男性もいます。

特に嫌いじゃなくても、なんとなく顔を合わせるのが気まずかったり、しつこくされたらどうしようという不安があったりするのですが、こちらとしては本当にいたたまれなくなりますよね。

もちろん、しつこく追い掛け回したり、高飛車な態度での告白だったりすれば、彼が気分を害して避けてしまうのも無理はありませんが、そうじゃないなら所詮それだけの男だったということです。

なんらかのきっかけで付き合うことになっても、事あるごとに嫌な思いをさせられるだけなので、本性が分かって良かったと前向きにとらえ、もっといい男を探しましょう。

振られた後の態度がその後の明暗を分ける! 正しい振舞い方とは?

おわりに

告白がうまくいかないととてもショックですが、これほど自分の存在を彼に強く印象付けられる手段はありません。

振られてしまったのは、ただ単に自分の良さを彼が知らなかっただけ。これから挽回できるチャンスはいくらでもあるので、あきらめずに努力してみましょう。辛いからといって、彼が嫌がる態度をとるのは絶対にNGです!

まぁこの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…