あの人とキスしたい!……こんなアピールで誘うのはいかが?

気になる男性と「キスしたい」と思う瞬間って、ありますよね。

でも、付き合ってもいない男性の唇を、いきなり奪う訳にもいきません。女なら唇を奪われたいものです。

好きな人から「キスしたい」と思われるためには、どうすればいいんでしょうか?

男性がキスしたいと思う心理

男性が「キスしたい」衝動に駆られるのは、2パターン。

好きな女性だからキスしたい or 魅惑的な唇だからキスしてみたい。

 

ただし、後者はキスするだけ、あるいはキスしてエッチするだけで終わってしまうかもしれないので、やっぱり「好き」と思わせることが大事です。

 

男性は基本的に、無防備な唇にそそられるものです。

たとえば、女優の吉瀬美智子さんのようにキュッと口角が上がった唇は、好感度は高いのですが、男性が「キスしたい」と思うには隙がないといえます。

それよりは、半開きの石原さとみさんの唇のほうが、思わず触れたい願望を募らせるはず。

 

柔らかく、つややかであることは必須条件。その上で半開きになっているなど、無防備な状態だと、男性は思わずキスしたくなるのです。

あの人とキスしたい!……こんなアピールで誘うのはいかが?

キスしたくなる! 魅惑的な唇の作り方

女性も同じでしょうが、柔らかそうな唇には触れたくなるものです。

乾燥してガサガサの唇は、絶対にNG!

 

潤いを保つリップクリームで下地を作り、血色が良く見える淡い赤色の口紅を塗って自然な唇を作ります。

 

また、キスを誘うためのリップメイクで気を付けたいのは、「グロスNG」「赤リップNG」。

べっとりしたグロスに不快感を覚える男性は多く、ツヤツヤに見えても触れたいとは思わせません。そして、ブルゾンちえみさんのような真っ赤な口紅も、男性には強烈でオシャレと受け取る人はいても、キスしたいとは思われないでしょう。

あの人とキスしたい!……こんなアピールで誘うのはいかが?

キスを誘い、好きにさせる!

男性は女性よりも恋愛感情が本能に直結しているので、「セックスしたい」と思う女性しか好きになりません。

つまり、「私ってこういう人なんです」と長々と語り、多くの言葉を使って口説くよりも、肌が触れることで男性の恋心は刺激されるんです。

 

偶然と装って顔を急接近させたり、話しながら唇を舐めてみたりと、唇を意図的に意識させるのも良いでしょうし、日常的なやり取りでさりげなくボディタッチして、男性に「触れてもいいんだ」と思わせるのも良いでしょう。

女性側から距離を縮めることで、男性に「キスできるかもしれない」という可能性も抱かせるのです。

また、物理的な距離が近い女性に対して、男性は「俺のこと、好きなのかな?」と期待しやすくなります。

(……あるいは、「馴れ馴れしい」と煙たがられるか。その見極めは慎重にするべきで、ウザいと思われているようなら、距離を詰める前段階として男性により好感を持たれるような努力・工夫が必要です)

 

自分が好きと思っていなくても、男性は女性から好かれることには結構ウェルカムな人が多いので、「まんざらでもなさそう」であればキスも可能かも。そこからいかに本気にさせるかが大事です。

あの人とキスしたい!……こんなアピールで誘うのはいかが?

キスはきっかけ

大切なのは、恋の始まりがキスというだけで、キスはゴールではないということ。

そして、キスしたからといって、男性の心をすべて奪えているわけでもないのです。

 

キスをきっかけに本命彼女になるか、セフレに終わるかも自分次第ですから、「キスの先」を見越して恋プランを立てるとよいですよ!

沙木貴咲の他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

1うーん…