どう違う? 時間の使い方が上手い人と下手な人

忙しい生活を送っているのにプライベートが充実している人、時間はたっぷりあるのに「あれもこれもできていない」が口ぐせの人、両者の違いは時間の使い方にあります。

時間の使い方が上手い人と下手な人の違いとはなんなのでしょうか? それぞれの特徴を挙げますので、比較してみましょう。

時間の使い方が上手い人の特徴

同じ24時間でも多くのことができる人とそうでない人、いますよね。時間の使い方が上手い人は、忙しい生活を送っていても多くのことができるので充実した生活を送っています。時間の使い方が上手い人の特徴をみていきましょう。

予定を立てて、必ずそれをこなす

時間の使い方が上手な人は、スケジュール帳に予定をびっしりと書き込んでいます。そして、それにつき従います。人によってはやるべきことを分刻みに決めているので、ムダな時間がありませんし、1時間の間に多くのことができます。

とはいえ、急な予定が入って、当初の予定を調整しないといけないということも度々生じるものですよね。時間の使い方が上手い人は、予定の調整もスムーズ。ちょっとした空き時間に本来やるべきだった予定を埋め込んで、きっちりとこなします。

どう違う? 時間の使い方が上手い人と下手な人

やるべきことはすぐにやる!

時間の使い方が上手い人は、やるべきことを後回しにすることなく、すぐに実行します。なので、「あれもやらないといけないし、これもやらないといけない」と、やるべきことがいっぱいになってしまうことがありません。常に気持ちにゆとりがあります。

ちょっとした隙間時間も活用する

時間の使い方が上手い人は隙間時間を上手に利用します。

例えば、朝起きてから仕事に出掛けるまでに15分空いたという場合、その時間を使って夕食の仕込みをしたり、洗面所などの小さな部分の掃除をしたり……。また通勤中の時間を使って英会話などの勉強をする人もいます。

人を待っている時のちょっとした時間も、勉強時間やたまったメールの返信のための時間にしてしまえば、待つことのストレスを減らせますし、時間を有効活用することができます。このように、時間の使い方が上手い人は普通ならロスしてしまいがちな隙間時間も上手に活用します。

どう違う? 時間の使い方が上手い人と下手な人

時間の使い方が下手な人の特徴

時間の使い方が上手な人に対して、時間の使い方が下手な人もいます。時間の使い方が下手な人には次のような特徴があります。

やるべきことを後回しにしてしまう

やらないといけないのは分かっているけど、「そのうちやろう」と後回しにしてしまう。これが時間の使い方が下手な人の大きな特徴です。

やるべきことを後回しにしてしまうので、常にやらないといけないことがいっぱいにたまってしまいます。そのため、いつも気持ちにゆとりがありません。

どう違う? 時間の使い方が上手い人と下手な人

自分の気持ちを優先する

時間の使い方が下手な人は、自分の気持ちを優先しがちです。やるべき仕事があっても、「気が向かないから」という理由で後回しにしてしまいます。

家事や勉強などについても同様で、自分の気持ちが向けばやるけど、そうでなければやらないということが多々あります。

スケジュール管理が苦手

時間の使い方が下手な人は、計画を立てて、それをこなすのが苦手です。計画を立てても、それに「つき従おう」という強い気持ちがないので計画どおりにいきません。

どう違う? 時間の使い方が上手い人と下手な人

時間の使い方次第で充実度が違う

時間の使い方が上手い人と下手な人の特徴をご紹介しました。あなたはどちら寄りでしたか? 時間の使い方が上手くなると、同じ24時間でもできることが多くあることに気づきます。

また自分磨きやスキルアップのための時間も多く取れるようになるため、生活の充実度が大幅にアップします。ぜひ自分の時間の使い方を見直して、充実した毎日を送ってくださいね!

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…