「この二人ヤッちゃった?」距離感でバレるヒミツの恋愛

こんにちは、センチネルです。

今日は「距離感でバレるヒミツの恋愛」についてのお話。

例えばですね、仲が良かった二人が今まで以上にベタベタしてたらなんか疑ってしまいません? 「なーるほど。こいつらそんな仲なのか」ってな感じ。距離感がやたら近い。

周りに隠れて付き合ってもなんとなくバレる謎

なんでしょうね。あれ。もともと仲が良かった二人が今まで以上に仲が良くなっている感じ。恐ろしく距離感が近い。

そう、恐らくヤッてしまったに違いない。

何を根拠にして「こいつらセックスしてお付き合いすることになったな」と思うのか謎ですが、それでもなんとなく雰囲気でわかりません?

あまり使いたくない表現ですが「幸せオーラ」ってやつですかね。なんとなくその二人の周りにだけぽわぽわとした何かが漂っているあの感じ。

もしくは周りにバレないようにとワザと距離感を作ることで醸し出されるよそよそしい感じ。

それらを総合して見ると「あ、こいつら付き合うことになったな。さては……ヤッちゃったなぁ」とか思ってしまうわけですね。

でも、思うに人間というのは人と人との関係にかなり敏感なもの。

例えばですけど同じ職場に勤めるカップルが喧嘩中で、本人達は大人の対応をしているつもりでもどことなく嫌な空気って感じませんか? 僕は怖いから知らんぷりを決め込むタイプです。

「今あの二人の関係はマズいから、できるだけ引き合わせないようにしなきゃ」とか思って余計な気を遣うハメになったりしますね。

思うに「セックスをしてしまった男女」から溢れ出す雰囲気も同じようなものだと思いますね。「この二人ヤッちゃった?」距離感でバレるヒミツの恋愛

やたら視線が絡み合っている

時々いませんか? そんなカップル。

「男性が女性に視線を飛ばして、女性が笑いながら視線を逸らし、女性が真顔で男性を見て今度は男性側が笑う」みたいな。家でやれ!

恐らく本人達は「バレるかどうかのドキドキ感」とか「たぶんバレないだろう」とか思ってやっているのでしょうが、傍からみると分からないわけがない。

「そもそもそんな遊びをするのが恋人以外にいるのか?」というお話。

もしくは逆に視線を合わせないようにするあまり、周りから気取られてしまうこともあったりしますね。「この二人ヤッちゃった?」距離感でバレるヒミツの恋愛

距離感が近い、てかボディタッチが多い

その他に気になるのはボディタッチの多さですね。いえ、すいません。どちらかと言えば「ボディタッチの回数が多いというよりも、ボディタッチの仕方がなんか生々しい」のような気がします。

例えばですけど、ボディタッチが多い女性の方って時々いますよね。軽くトンっと肩を叩いたりする女性。(そういう軽率な行動が多くの男性を勘違いさせるのだと知って欲しい)

そういった場合のボディタッチの仕方と、ヤってしまった後のボディタッチの仕方では、絶対に触り方も触る場所も違ってくると言いたいのです。

例えば触る時間が長いとか、例えば肩だけでなく腕とか脇も触るとか、例えば触る手つきが妙に艶めかしいとか、そんな感じ。

「お前ら絶対になんかあっただろ? ヤった? ヤったのか? ヤっちゃったんだな?」と問い詰めたくなる。「この二人ヤッちゃった?」距離感でバレるヒミツの恋愛

さいごに

今日は「距離感でバレるヒミツの恋愛」のお話でしたが読み返してみると嫉妬に狂って書いているだけのような気がしますね。すいません。

でもそういうものでしょう? 恋人がいないときにイチャイチャしているカップルを見ると尚更。それではまた次回。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

7いいね!

6うーん…