肌が美しい人って言われたい。シンプルスキンケアのススメ

女性なら誰しも、肌が美しい人に憧れます。

よく「何もしていないの」と言いながら、肌がきれいな人っていませんか? 私はこんなにお金も時間もかけているのにきれいになれない、ズルい! って思いますよね。

しかしその美しい人は、本当に手をかけないスキンケアをしていたとしたら、どうしますか?

今回は、肌力を高める「シンプルスキンケア」をご紹介したいと思います。

高価なスキンケア用品をたくさん使うのは逆効果?

健康な肌にはもともと自然治癒力が備わっています。肌が美しい人には、絶対にこれがあります。肌荒れやニキビ、吹き出物ができても、ちゃんと正常なターンオーバーができていれば自然に治ってしまうのです。

ちょっと肌荒れしたくらいで慌てて海外有名ブランドの高価なクリームを塗りたくっていては、肌を甘やかすことにつながってしまいます。さらに注意点として、いくら有名だろうと高価であろうと、海外のスキンケア用品は私たち日本人の肌質に合わないことも多くあります。

肌本来のターンオーバーを行う力を奪ってしまっては、美しい肌にはなれません。

しっかりクレンジング&ゴシゴシ洗顔は良くない?

皆さん毎日メイクをするかと思いますが、クレンジングも毎日行っていますか?

ファンデーションやポイントメイクが肌に残っていると、睡眠中に肌の呼吸を妨げてしまい良くないことはご存知でしょう。

しかし、いくらメイクを完全に落としたいからと言って、クレンジングシートでゴシゴシこすって落としたり、強い力で洗ったりしてはいけません。

肌というものはとってもデリケートです。強い刺激はシミやしわなど肌の老化につながることが分かっています。

美しい人になりたいのならば、クレンジングするときは優しく、洗顔フォームはじゅうぶんに泡立ててそっと洗い流すように心掛けてくださいね。肌が美しい人って言われたい。シンプルスキンケアのススメ

洗顔後化粧水をつける際のコツ

そうっと優しく洗顔を終えたあと。欠かせないのが化粧水ですが、肌が美しい人はこれには絶対に妥協をしません。

化粧水のつけ方は、以下の通りです。

1)コットンにたっぷり化粧水を取り、軽く肌をなでていきます。

2)手のひらに化粧水を出し、ハンドプレスを行いながら化粧水を肌に入れ込みます。

3)特に乾燥が気になる部分には、化粧水をたっぷりとしみこませたコットンで、コットンパックをします。

これで、細胞レベルにまで化粧水を浸透させることができます。

このあとに乳液かクリームを塗って、肌から化粧水が蒸発するのを防いでください。肌に合った化粧水や乳液を使用しなければいけないことは、言うまでもありません。肌が美しい人って言われたい。シンプルスキンケアのススメ

保湿と紫外線対策には気を抜かない!

肌が美しい人とは、肌のキメが整っている状態を保っている人のことです。

キメが整っていればしっかり水分を保持することができ、モチモチと弾力があり肌荒れがなく、毛穴の目立たないきれいな状態になれるのです。

バランスが崩れたキメの整っていない肌は、水分を保持できないためカサカサとして見えたり、実際に肌荒れが起こったり、肌トラブルばかりになってしまいます。

キメが整わなくなる原因は、乾燥と紫外線にあります。

夏だけに限らず年間を通してUVカット効果のあるスキンケア用品を使うのは、美しい人になるためには欠かせません。肌が美しい人って言われたい。シンプルスキンケアのススメ

またこの季節は暖房が効いている室内にいることが多いので、高保湿機能のある美容液などで保湿をしましょう。

夏には汗をかくから保湿は適当でいいわと思う人もいるでしょうが、冷房は肌の水分をかなり奪ってしまいますので、これも間違いです。

「肌の美しい人」と言われるためにも、これらのことにぜひ注意をしてみてくださいね。

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…