いい女と貞操観念についての考察

貞操観念とは、主に女性が貞淑(ていしゅく)で恋人のみ、夫のみをひたすら愛し、他の異性に対しては警戒心すら持って一線を画する考え方、姿勢である。

その貞操観念を持った女性像、セックス、愛を考察してみたい。

貞操観念のあるいい女はセックスでよく濡れる

これはよく言われることである。いい女はたった一人、愛すると決めた人にだけ自分をさらけ出し、尽くすセックスをする。そのため男性に可愛がられ、思う存分愛撫を与えられることから、自然とよく濡れ、気持ちの良いセックスが出来ることになる。

また、よく濡れる女は男性に喜ばれるので、さらに愛おしいと愛情を持って愛撫され、貞操観念を正しく持った女性とその相手の男性のセックスは、お互いに溶け合うようなセックスとなる。

いい女と貞操観念についての考察

いい女は浮気をせずに信頼を選ぶ

まさに貞操観念とはこのこと。他の男性には目もくれず、ひたすら自分の恋人、夫のみを見つめ、愛することに徹する。真摯に愛を捧げることで男性から普遍の愛を与えられ、二人の結びつき、お互いを信頼し合う絆は日を追うごとに強まっていく。

逆に信頼を得られない女性は軽薄の烙印を押され、男性もまたその女性を大事にする価値を見いだせず、二人の心はバラバラに、そしてお互いに不信感を持ち合うようになる。

いい女と貞操観念についての考察

言葉が真実味を持つように

言葉とは不思議なもので、「今まで遊んだことはない」と言っても、その言葉に真実味を持たせるのは他でもない、その人の今までの生き方である。

仮にその女性がふしだらな生き方をしてきたならば、いくら「貞操観念はあります」と言っても白々しいだけなのだ。

もしあなたが今日から貞淑で清楚な女性、貞操観念のあるしっかりした女性になりたいのであれば、まずは言葉遣いから正すことをお勧めする。

例えば「~とかが……」や、「~的な……」など、乱れた日本語をしっかり意識し、それを正して綺麗な日本語を話せる女性になると良い。なかなか難しい言葉遣いではあるが、そもそも乱れた日本語を話す若い女性は、全くもって美しいとは言えない。

あなたが一見、遊んでいそうな雰囲気をまとってしまっている女性だとしても、第一印象で綺麗な日本語、正しい日本語を話す女性だと印象づけられれば、恋が生まれる可能性は一気に高まる。

上品であること。

これに勝る女らしさはない。そして、貞操観念をしっかり持ち、恋人、夫にしか見せない別の顔を持つ女性こそ無敵なのである。

男性に生涯大切にされ、また、例えば他の男性と言葉を交わそうものなら、恋人または夫は、勝手に嫉妬してあなたを「盗られまい」と必死になってくれさえする。

今日から言葉に意識して生活をするようにしてもらいたい。

いい女と貞操観念についての考察

おわりに

貞操観念とは忠誠心に近いものである。愛する恋人、夫の愛情を裏切らず、ひたすら信じ、愛し、与えることである。与えることは愛の軸、骨格であり、ということは男性を真剣に愛するには貞操観念なしにはあり得ないということになる。

浮気までいかない、隠れてこっそり他の男性とLINEを楽しんだり、密会を楽しんだりなどは言語道断。複数の男性にモテることを良しとしない、潔い女子道を選んでもらいたい。

椎名うららの他の記事を読む

この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…