下着とエロの世界。下着であなたは本当の快感と陶酔を知る

「彼に呆れられそう」「変態だと思われたら……」そんな迷いは要らないと言った方が正しいように思います。何故なら男性は誰でもフェチを持っていて、下着は万人に好まれているから。誤解を承知で言うなら、彼の方こそあなたにお願いできずにいるのかもしれません。

最も取り入れやすいプレイ

エロ下着をまずどこで購入するかですが、基本的にネットです。価格も安いですし、商品もそこそこちゃんとしています。彼に対して恥ずかしい気持ちが強いなら、まずは清楚な白系で、ベビードールを上に羽織るような合わせ方をするといいかもしれないですね。

彼への切り口は、「こういうの意外と好きかなって思って……」や、恥ずかしそうに「これ、着てみたかったんだけどどうかな?」のように、ちょっと照れながらがベストです。彼は内心ドキドキで、その後のセックスは今までにないような盛り上がりを見せるでしょう。

下着とエロの世界。下着であなたは本当の快感と陶酔を知る

エロな下着を身につけることであなたは「女優」になる

今まで裸体でのセックスしか知らなかったのだとしたら、それは本当にもったいないこと。セックスって色んな楽しみ方があります。特に女の子は、エロ下着を着けると燃えまくるタイプが多いようです。何故なら、基本的に女の子はMなので、「恥ずかしい」が「感じる」になりやすいのです。

そして、たくさん感じて吐息があがり、声が出てしまうと……もっと恥ずかしい。だけど、エロ下着を着けている女の子は、いつもと違うことを本能的に悟っているので、同じく興奮している彼をもっと興奮させたいと感じるのです。

するとどうなるでしょうか。Mだった女の子の中にはSも同時に潜んでいるもの。陰と陽があるのと同じです。エロ下着を着けた女の子は、いつもよりずっと濡れ、彼をオスに変えるだけの「表情」や「声」を大胆に披露する「女優」になり始めるのです。

下着とエロの世界。下着であなたは本当の快感と陶酔を知る

今まで知らなかった陶酔の世界へ

ただ「イク」だけのセックスから卒業してみましょう。「え? それ以上があるの?」と思いますか? そう、あるんです。それは、「陶酔の中でするセックス」です。

セックスの始まりから終わりの途中部分の記憶が飛んでしまったり、自分では想像できないほど乱れて何度もイキまくり、脳がとろけて彼さえ見えなくなるようなエロスです。

クリトリスでイクのは、1回が限界だという女の子が殆どだと思います。でも、中でイクことを経験し、自分がどこを突かれるとイクか分かるようになると、イク回数が格段に上がります。

中でイクのは限界がなく、あるとすれば失神。そこまで陶酔したエロの世界が実はこの世には存在するんですね。セックスとはあなたと彼だけの世界、二人がお互いの気持ちよいことを追求して良い世界です。

セックスやエロスに後ろめたい気持ちを持つ必要はありません。まずは清楚な下着から陶酔のエロスへ入っていくと良いでしょう。

下着とエロの世界。下着であなたは本当の快感と陶酔を知る

終わりに

セックスを悦しむことは良いことです。誰にでも「これに興奮を覚える」というフェチがあるもの。

好きな人だからこそ、自分のエロ過ぎるフェチを知られたくないと思うものですが、お互いにそれから解放されたとき、二人のセックスは脳を突き抜けるような快感の連続になることでしょう。

椎名うららの他の記事を読む


この記事どうだった?

8いいね!

0うーん…