春のパステルカラーメイク、2018年のポイントは?

毎年、春になると各ブランドからパステルカラーのアイテムが発売されますよね。柔らかい花の色のようなコスメは、ついつい手にとってしまいたくなるものです。

この記事では、2018年春のトレンドメイクを押さえつつ、パステルカラーを上手に取り入れるポイントについてお伝えします。

2018年春のポイントは「ツヤ感」

2018年春のメイクで重要になるのが、ツヤ感や輝き。2017年の秋冬は比較的マットなアイテムが流行しましたが、春からは再びツヤ感のあるメイクが主流になるといわれています。春らしいパステルカラーのアイテムを選ぶ際も、マットなものよりはラメやグリッターの入ったものを選ぶと、ぐっと今年らしい顔になれますよ。

2018年春のメイクに異変発生! リップメイクにパステルカラーはNG!?

春になるとパステルカラーのアイテムで顔全体を固めたくなってしまいますよね。例年であれば、アイメイク・チーク・リップのどこにパステルアイテムを取り入れても、バランスさえとれていれば春メイクが完成するところですが、今年はいつもと傾向が違うようです。春のパステルカラーメイク、2018年のポイントは?2018年春は、秋冬に引き続きはっきりとした色味のリップカラーの人気が継続する模様。パステルピンクなどの淡い色ではなく、はっきりとした青みピンクやレッド、秋冬の定番カラーであるバーガンディーなどを使うのがおすすめです。リップにはっきりした色を使うことで、パステルカラーを使っても顔の印象がぼやけにくくなります。

アイメイクのおすすめはパステルピンク! 上手な取り入れ方は?

2018年春は、色の濃淡に関わらずピンクが大人気。アイメイクにパステルカラーを取り入れたい場合も、ピンクのアイシャドウを使うのがおすすめです。

けれど、アイメイクにパステルピンクを取り入れるのは抵抗のある方も多いかもしれません。「かわいくなりすぎるのでは?」「年相応のメイクにできるのか心配」「腫れぼったくなりそう……」など、ピンクのアイシャドウへの苦手意識は歳を重ねるごとに強まるばかり……。

しかし、ポイントさえ押さえれば、パステルピンクは目元や肌を若々しく見せてくれます。大人女子こそ、パステルピンクの使い方をマスターしましょう。

濃くしすぎない

アイメイクにパステルピンクを使う際は、濃くしすぎないように注意しましょう。パステルカラーだし、発色が心配……とベッタリ塗ってしまうと、確かにまぶたが腫れぼったく見えてしまいます。

パステルピンクのアイシャドウを使う場合は、パレットの中で一番薄い色をアイホールにのせ、目のキワに濃い目の色をのせて指などでぼかし、グラデーションを作るようにしましょう。ピンクを主張させすぎないことが大切です。春のパステルカラーメイク、2018年のポイントは?

締め色はブラウンで

アイシャドウでパステルカラーを使う際に重要になるもうひとつのポイントが、締め色です。淡い色をメインに使うので、アイラインをしっかりと引いてメリハリをつけましょう。

ただし、しっかり引き締めるためにブラックを使ってしまうと、目元の印象がきつくなりすぎてしまうことも。ブラウンやオリーブなど、ブラック以外の濃い色を使うのがおすすめです。

チークにパステルカラーを使うならクリームチークがおすすめ

チークにもパステルピンクやパステルオレンジを使いたい春。特に今年はツヤ感のある肌がトレンドですので、クリームタイプのチークを使うのがおすすめです。

チークの定番といえばパウダータイプですが、クリームチークを使うことで粉っぽいマットな質感ではなく、元々肌が持っている皮脂で肌がツヤツヤしているような感じを演出することができます。指に少量とって頬に伸ばすだけで、ブラシなどの道具も不要ですので手軽に使えます。春のパステルカラーメイク、2018年のポイントは?特に2018年春は、いつもより少し広めの範囲に薄くチークを伸ばすのがおすすめ。アイメイクと同様、パステルカラーだからと色をのせすぎず、ほんのり色づく程度にクリームチークを広げましょう。

六海ういの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…